これぞ定番!佐倉城下町散策コース〜ご当地グルメで身も心も佐倉に染まろう〜

佐倉城は、戦国時代に千葉氏の一族である鹿島幹胤(かしまもとたね)が築いた中世城郭を原型に、徳川家臣・土井利勝によって慶長16年(1611)頃より改修され、現在みる近世城郭となりました。江戸幕府常任最高職の老中経験者が、全国の藩で最多となる9人も配置された歴史があり、江戸の東を守るために重要視された城なのです!

椎木門に築かれた角馬出が、佐倉城のシンボル的存在! そのあまりの大きさに驚きます。石垣はありませんが、空堀、土塁、天守台などの城の遺構を見学することができます。

こちらの記事は会員限定です。

城びと会員登録(無料)をすると
続きをお読みいただけます。

関連書籍・商品など