もりやまじょう

森山城

千葉県香取市

別名 : 東野城、飯田城、橘城、柑子城、仲城、仲之城
旧国名 : 下総

投稿する
北西からの登城口(仲々城への登城口)
口コミ・画像を投稿する

みんなの写真投稿

投稿する

みんなの口コミ

投稿する

宗春

千葉の城を攻めて御城印を頂こうシリーズその20 森山城 (2021/05/04 訪問)

千葉の城を攻めて御城印を頂こうシリーズその20

蔓延防止措置が出ているため、県外に出る事を控え、県内のお城を自家用車で攻めました。
城址は少し整備されていましたが、ほぼ薮でした。郭は畑でしたし。これから整備が進められるのでしょうか?

御城印は、登城前に道の駅水の郷さわらで購入しました。

+ 続きを読む

+ すべての写真を見る

昌官忠

利根川沿日帰り攻城⑦:森山城 (2019/05/27 訪問)

小見川陣屋から転戦。車で7~8分くらいで着きました。
森山城説明板前の空スペース(35.834595、140.633978)に路駐して攻城しました。

森山城は千葉常胤の六男、東胤頼が1190年(文治6年)に須賀山城を築城、その後、1218年(健保6年)に須賀山城とは台地続きに森山城を築城して須賀山城から移ったようです。
三代東胤行は1221年(承久三年)に美濃山田庄の地頭として移り、その後は海上氏が居城としました。
戦国時代には千葉胤冨が東氏一族である海上氏の養子として城主をつとめていましたが、1557年(弘治3年)に千葉家当主・千葉親胤が家臣によって殺害されると千葉宗家を継ぐために本佐倉城に移りました。
胤冨が移ったのちも境目の城として重視され、天正年間には東氏その家臣の原氏が在城して千葉氏にともなって北条氏に臣従しまsた。
1590年(天正18年)城主の東直胤は小田原城で籠城、北条氏滅亡後に森山城は廃城になりました。
現在城趾は農耕地や牧場になっていますが、主郭部には空堀や土塁などが比較的良好な形で残されています。
また、山麓にある真性院芳泰寺は東氏代々の菩提寺であり、東胤頼夫妻の墓があるようですが、自分は行っていません。

星宮大神側の鳥居右側の竹林から攻城しましたが、藪蚊が多く大変でした。
主郭跡前の案内板横に箱があり森山城址説明チラシが置いてありました。
土塁、空堀、土橋が確認できました。
攻城時間は35分くらいでした。

+ 続きを読む

+ すべての写真を見る

赤い城

郭は畑ですがよく整備されています (2019/07/27 訪問)

近くに駐車場はありません。
搦め手となる妙見社から登城しました。
登城道は竹藪ですが綺麗に整備されています。
しばらく登ると奥仲城の虎口、郭は畑になっていました。
さらに進むと主郭跡の碑が立っていて空堀や横矢係りが観察できます。
仲々城にも空堀がありました。
その先、大手門方面にも行けるそうですが時間がなく引き返しました。
訪問する価値はあると思います。

+ 続きを読む

+ すべての写真を見る

山口駿河守幻夢斎

森山城跡

山麓に、水堀跡、注意深く見ていくと、空堀や土塁が残っています。ヤブ漕ぎしますけどね。

収穫周囲だけは、きれいに整備されています。

最初に訪れたときに、郭内を猛スピードで走るキジと、それを追いかけてきたイタチ?タヌキ?を目撃しました。

+ 続きを読む

城郭情報

分類・構造 連郭式山城
築城主 東胤頼
築城年 建保6年(1218)
主な城主 東氏
遺構 曲輪、横堀(空堀)、横堀(水堀)、角馬出、虎口
再建造物 碑、説明板
住所 千葉県香取市岡飯田字根古屋
問い合わせ先 香取市生涯学習課
問い合わせ先電話番号 0478-50-1224