おみがわじょう

小見川城

千葉県香取市

別名 : 粟飯原氏城
旧国名 : 下総

投稿する
外観(Ⅲ郭下の駐車場から)
口コミ・画像を投稿する

みんなの写真投稿

投稿する

みんなの口コミ

投稿する

宗春

千葉の城を攻めて御城印を頂こうシリーズその19 小見川城 (2021/05/04 訪問)

千葉の城を攻めて御城印を頂こうシリーズその19

蔓延防止措置が出ているため、県外に出る事を控え、県内のお城を自家用車で攻めました。
城址は城山公園になっていて、遺構はあまり残されていないという情報でしたが、まあまあ雰囲気は味わえました。

御城印は、登城前に道の駅水の郷さわらで購入しました。

+ 続きを読む

+ すべての写真を見る

ぴちょまる

小見川城山公園 (2021/03/27 訪問)

城山という名称ではあるものの、前方後円墳の方がメインのような場所。
染井吉野も1000本あり、北総では有名な花見の場所らしい。
相当な数のボンボリを吊るしてある。

+ 続きを読む

+ すべての写真を見る

昌官忠

利根川沿日帰り攻城⑤:小見川城 (2019/05/27 訪問)

山崎城から転戦。車で15分くらいで着きました
小見川城山公園駐車場(35.860427、140.592700)に駐車して攻城しました。

築城年代は定かではないが1190年〜1199年(建久年間)に粟飯原朝秀によって築かれたと云われます。
粟飯原氏(あいはら)は千葉氏の一族で、代々小見川城を居城としました。
1560年(永禄3年)正木時忠が下総へ侵攻したとき小見川城も攻められた。
1590年(天正18年)豊臣秀吉による小田原征伐で、粟飯原俊胤は北条氏に与し運命をともにし、小見川城も落城しました
その後、松平家忠が居城としましたが、1601年(慶長6年)に廃城となりました。
現在は小見川城山公園として整備されており、一部土塁や空堀などの遺構が残っています。

当時は山全体が山城だったと思われますが、遺構としては本丸周囲の空堀、堀切と土塁を確認しました。
駐車場、トイレ完備でした。あっ、古墳もありました。
攻城時間は15分くらいでした。

+ 続きを読む

+ すべての写真を見る

赤い城

小見川城山公園 (2019/07/27 訪問)

小見川駅から徒歩で20分、大きな公園なので駐車場もあります。
案内所もあるのですが訪問時は鍵がかかっていました。
主郭部分への土橋脇に深い空堀が残っていました。
下に降り、竹藪方面に進むと土塁の向こうに浄水場があります。
この辺りが主郭と思われます。
城山公園なのに城跡がメインではないような気もしますが・・・。

+ 続きを読む

+ すべての写真を見る

城郭情報

分類・構造 丘城
築城主 粟飯原朝秀
築城年 建久10年(1199)
主な城主 粟飯原氏
遺構 曲輪、土塁、横堀(空堀)、土橋
再建造物 碑、説明板
住所 千葉県香取市城山
問い合わせ先 香取市小見川区事務所まちづくり課
問い合わせ先電話番号 0478-82-1117