日本100名城

ひらどじょう

平戸城

長崎県平戸市

別名 : 亀岡城、日の岳城

投稿する
平戸城
口コミ・画像を投稿する

みんなの写真投稿

投稿する

みんなの口コミ

投稿する

todo94

2度目の日本100名城スタンプラリー (2010/08/15 訪問)

2010年4月1日から無料となっている平戸大橋を渡って平戸城へ。日本100名城2巡目のスタンプを無事、ゲットする。一通り城内を見学してから、幸橋、そして観光案内所の駐車場へと車を進めた。車を降りるとすぐに「幕末から明治維新「平戸密会」を成功せよ!~薩長同盟の立役者を捜せ~」の説明を受ける。スタンプラリー系に目のない私は一も二もなく参加を決意。そういえば、平戸城の観光駐車場に侍の扮装をした人たちがいたなあ。

+ 続きを読む

磯風

平戸城 (2018/04/29 訪問)

対岸には復元されたオランダ商館がみえました

+ 続きを読む

+ すべての写真を見る

BUGTI

山鹿素行の縄張り (2018/05/05 訪問)

本丸からの眺めはすばらしく平戸港や水道が一望できる。石垣に開けられた狭間がめずらしい。観光客はほとんどいませんが、南側の大手一ノ門の石垣がよく残っています。

+ 続きを読む

コロスケコロコロ

平戸城! (2016/12/10 訪問)

対岸からの天守閣も、天守閣からの眺めも良かったです。

+ 続きを読む

概要

平戸藩の4代藩主である松浦鎮信が幕府から築城許可を得て、5代藩主の棟によって完成。軍学者の山鹿素行の助言で行われた縄張は、山上部に小さな本丸と大きな二の丸、海岸に面した山麓部分に船着場を設けるなど、水軍松浦氏らしいもの。北虎口門とそこから延びる土塀の石狭間と狸櫓が貴重な遺構として今も残っている。

城郭情報

城地種類 平山城
築城年代 宝永元年(1704)
築城者 松浦棟
主要城主 松浦氏
文化財史跡区分 国指定文化財1件
近年の主な復元・整備 -
天守の現況・形態 層塔型 三重五階 鉄筋コンクリート造(本来は櫓だったが天守として築造)
主な関連施設 松浦史料博物館、平戸オランダ商館、平戸市切支丹資料館
主な遺構 狸櫓、北虎口門、本丸、二の丸、三の丸、石垣
住所 長崎県平戸市岩ノ上町1473
問い合わせ先 平戸城
問い合わせ先電話番号 0950-22-2201