日本100名城

かなやまじょう

金山城

群馬県太田市

別名 : -

投稿する
金山城
口コミ・画像を投稿する

みんなの写真投稿

投稿する

みんなの口コミ

投稿する

チェブ

やはり城攻めは寒い時期。 (2019/03/23 訪問)

二回目の「金山城」攻めです。
一回目はスタンプ帳、忘れました。
おまけに暑い時期でした。虫がまとわりついてきて、「うわー」なんて感動していたら口ん中に入る勢いでした。
「金山城」新田氏の一族、岩松 家純公が築城しました。
前回は新田神社を目指して虫を払いつつ汗だくで階段を上がって行った事しか記憶にありません。
今回は石垣、穴が開くほど見て回りました。前回は気が付きませんでしたが、堀切なども あったんですね。
石組みの日の池、月の池の精巧な作りが感動です。
プロが選ぶお城、「金山城」は何位だったのでしょうか?

+ 続きを読む

+ すべての写真を見る

カルビン

【平成25年】お城巡り3番目の訪問地 (2013/11/28 訪問)

2013年の9月、躑躅ヶ崎館が自分のお城巡りのデビューの地。
その1ヶ月後に忍城へ登城し、更に1ヶ月後・3番目に登城したのが太田金山城でした。

実は群馬県太田市には仕事の関係で約9ヶ月だけ住んでいた事があり、太田金山城の存在も知っていたので3番目に選んだという経緯があります。

この時は山の上の方に駐車場がある事を知らず、麓の金龍寺に参拝を兼ねて駐車させて頂き、そこから山登り西城経由で金山城に向かいました。
地味に登りキツかった記憶が。。。でも自分当時は今より10kgは肥えてたからなぁwww


石垣が見えた頃から「あ~お城来たんだ~」と40代にしてはしゃいでいた訳ですが(笑)、更にその奥にあった虎口の先の石垣の段曲輪群を見て、どこぞのテーマパークに来たんだ?(・`ω´・;)?って感覚になりましたw

現存では無いのがちょっと残念ですが(ずいぶん後で知りました・・・うそ~ん・・・ってw)、初心者を満足させるのに十分なインパクトがあります。

お城の事が解ってくると、その更に先にある新田神社の裏手の石垣遺構とか、知らずに最初通過した西城遺構等、お城の遺構を知るうえでは杉山城同様、とても勉強になる場所です。

自分もなんだかんだでもう4回太田金山城訪問しておりますが、行く度に新発見出来て飽きが来ません。


石垣群だけ見るのであれば訪問の季節は問いませんが、舗装されていない場所の遺構を見学するのであればやはり冬季の訪問が良いと思います。

+ 続きを読む

+ すべての写真を見る

虹爺々

堅固な石垣の山城 (2019/03/15 訪問)

戦国時代、上杉・武田・上杉に幾度も攻撃されても、一度も落城しなかったといわれる金山城。
訪れて納得!!

+ 続きを読む

+ すべての写真を見る

あじふらい

金山城 (2017/06/11 訪問)

石垣が見事でした。

+ 続きを読む

概要

金山山頂の実城(本丸)を中心に、四方に伸びる尾根を削って曲輪を造り、堀切・土塁で守った堅固な山城。石垣や石敷きの通路、さらには石積みされた土塁など、あらゆる所に石を用いた総石造が特徴的だ。通路が石で埋め尽くされた大手虎口や南曲輪などが復元整備されている。

城郭情報

城地種類 山城
築城年代 文明元年(1469)
築城者 岩松家純
主要城主 岩松氏、由良氏、小田原北条氏
文化財史跡区分 国指定史跡
近年の主な復元・整備 日ノ池から物見台周辺の復元整備を始め、西矢倉台園路整備、西域保護整備を実施
天守の現況・形態 -
主な関連施設 史跡金山城跡ガイダンス施設・太田市金山地域交流センター
主な遺構 西城、馬場曲輪、南曲輪などの曲輪、堀切、石垣、土塁
住所 群馬県太田市金山町40-98
問い合わせ先 太田市教育委員会文化財課
問い合わせ先電話番号 0276-20-7090