たかはたじょう

高幡城

東京都日野市


旧国名 : 武蔵

投稿する
口コミ・画像を投稿する

みんなの写真投稿

投稿する

みんなの口コミ

投稿する

にのまる

土 方歳三資料館と。 (2020/07/05 訪問)

 被せるつもりはなかったのですが、たまたま今日行ってきたので…。
ほんとの目的は土 方歳三資料館。コロナ禍で休館中には閉館も考えた、というニュースを読んで、それは大変だ!閉館しないで!という思いもあり、久しぶりに訪ねました。実戦で使われた遺品は何度見てもジーンときます。ぼろぼろになった籠手とか。

 資料館の帰りに寄ったのが高幡不動尊。雨がまだやんでいなかったので高幡城本丸跡までは行かずに土 方さんの銅像チェック(W安居城お疲れ様でございました。)のみにしました。高幡不動は学生時代にサークル活動でほぼ毎週行っていたところなのですが、駅周辺はかなり変わってしまっているので当時行っていた場所にたどり着ける気がしません。

+ 続きを読む

+ すべての写真を見る

カルビン

歩いて登城 (2014/05/14 訪問)

東京都日野市にはお城がいくつかあり、城びとに登録されているのは今回upします高幡城と平山季重居館ですが、他にも平山城(解説版あり城址公園もあるが遺構は無いと思われ)と川辺堀之内城(解説・城碑は無いものの土塁有り)、更にお城系?と言って良いかどうか定かではないものの日野本陣があります。
(更に百草園内の神社を中心とした場所が伝・百草城とされております)

で、ジモティー(歩いて行けない事も無い距離・・・実際数回は家から徒歩で行ってる)なのに高幡城のある高幡不動尊金剛寺にはお城や神社仏閣巡りを始めてやっと初めて訪問した次第で、それまでコチラに引っ越してきた40年くらいを含めて・・・行った事が無かったというw
(東京都民が東京タワーに登った事ある人が少ないのと同じ感覚かとww)

入口から左手に土・方(昔思われていた程駄目とは思えないんですが、漢字で土と方が並ぶとNGワード・・・投稿者の皆様も苦労されてます(汗))歳三像があり、その裏・左奥に見える山上に高幡城があります。

初めて見た時には山上のちょっとした解説だけでお城として何も残っていないと思ったのですが、お城数多く見ているうちに結構遺構と思われるものが多く残っていると見受けられる様になりました(竪堀・虎口・土橋等)

といっても規模がそれ程大きいお城ではなく、築城された時代も中世で戦国時代のような遺構があった訳でもなさそうなので、ここだけ見に来るにはちょっと物足りないかもです。
幸い高幡不動尊が超メジャーなお寺なので、それとセット(それでも物足りなければすぐ近くの多摩動物園もセットでw)で訪問されるのが良いでしょう。


毎年新年や節分(毎年有名人が豆まきに来る)の時期には参拝客が高幡不動駅から長蛇の列を成している為、今のご時世では少なくともピークの時期の訪問を控えられる方が宜しいかと。

・・・そもそも今の東京都に他県から来たいと思う人ってかなり少数なのではなかろうか・・・
(今の所連日新型肺炎ウィルス感染者100人超えしている東京都ですが、その9割以上は23区内の方なんです・・・が、近県や市町村に流れてくるのも時間の問題と思うと・・・また籠城?!(怖&悩))

+ 続きを読む

+ すべての写真を見る

赤い城

高幡不動の後ろ (2019/09/21 訪問)

京王高幡不動駅からすぐ、高幡不動の背後の丘陵上にあります。
曲輪や竪堀が確認できますが山内八十八ヵ所めぐりと紫陽花で遊歩道が整備され、大分改変されているようです。
6月には紫陽花が綺麗に咲きます。
また 、高幡不動はひじかた歳三の菩提寺で境内に像が立っています(漢字は不適切な表現だそうですのでひらがなにしました)。
没後150年だそうでJR日野駅にはマンホールが設置されていました。

+ 続きを読む

+ すべての写真を見る

🏯城好きのメガネ

「高幡城」 (2019/07/20 訪問)

<オススメ>★★☆☆☆
高幡城は現在、高幡不動尊金剛寺となっている。境内には多くの文化財がある。1455年、上杉憲顕は足利成氏の軍と立川河原に会戦、深手を負い高幡寺に入り自刃したため、墓所が残されている。小田原征伐では北条氏照の家臣・高幡氏が籠城し、前田利家や上杉景勝の北国軍と戦闘があったとされる。また、高幡山金剛寺は、新選組・土 方歳三の菩提寺として近藤勇・土 方歳三両雄の碑や、土 方歳三の銅像、又大日堂には土 方歳三の位牌や新選組隊士慰霊の大位牌等、更に奥殿では歳三の書簡ほか多くの新選組資料が展示されている。

<アクセス>
京王線 高幡不動駅 徒歩約15分

+ 続きを読む

城郭情報

分類・構造 山城
築城主 不明
築城年 不明
主な城主 高幡氏
遺構 曲輪、土塁、横堀(空堀)
再建造物 説明板
住所 東京都日野市高幡町