かたくらじょう

片倉城

東京都八王子市

別名 : 八王子城
旧国名 : 武蔵

投稿する
口コミ・画像を投稿する

みんなの写真投稿

投稿する

みんなの口コミ

投稿する

🏯城好きのメガネ

「片倉城」 (2020/03/23 訪問)

<オススメ>★★★★★
片倉城は、標高は約139m、比高約30mで、北には湯殿川、南は兵衛川が流れる交通の要衝に築かれている。鎌倉時代には武蔵七党・横山氏の所領であったが、和田合戦で横山氏が衰亡する。その後、当地を大江広元の次男・長井時広が入り、片倉城を拡張したとされる。戦国時代には、扇谷上杉氏の支配下に入った。上杉顕定が敗死した頃に長井氏も没落し、片倉城は一時廃城となる。その後、大石氏、後北条氏の支配下に置かれる。当初は滝山城の支城として改修され、北条氏照が八王子城に移ると出城としての役割を担った。小田原征伐で落城し、廃城となった。現在、土塁や堀が遺されている。

<アクセス>
JR片倉駅 徒歩10分

+ 続きを読む

ホトトギス

片倉城跡公園 (2018/07/13 訪問)

片倉駅から歩いて数分。非常に手ごろな城址。

+ 続きを読む

カズサン

深大寺城攻城の前に初登城 (2018/02/24 訪問)

 孫のひな祭り祝いに宇都宮に行く途中浜松より車で新東名、東名、圏央道経由地道をナビに片倉城址公園駐車場を入れ走行国道16号線に片倉城址公園の案内在りそのまま駐車場に停める。
 案内情報は何時もの城郭放浪記さん余湖図コレクションさん、本丸、二の丸、横堀、復元渡り木橋、本丸下に住吉神社、堀の様な池と良く保存整備管理され市民の皆さんの憩いの公園に成っています。

+ 続きを読む

+ すべての写真を見る

カルビン

西側にドッグラン (2019/02/17 訪問)

お城巡りを始めた2013年からだいたい1年半毎くらいに訪問している片倉城。
運動の為と称して家から歩いて訪問した事もあり(何分かかったかはナイショw)、駅からすぐと言う事もあって数訪問してます。

最初3回くらいは北東・北側から登城しましたが、今年の冬には国道16号線の南に約2.5km離れた日本閣(結婚式場等)の裏手にあるとされた殿丸城を見に行った(フェンスで城域閉鎖されていたorz)際、その足で片倉城まで歩いて南東側から攻略致しました。

片倉城で一番リアル城感があるのはこの南東側からの道で、堀底道(竪堀も)を通って山上へ進む感じになります。
山上まで行ってしまうと本丸や大きな堀とか見られますが、やや公園化した感じでちょっとお城らしさに欠ける感じがしますが、こと南東側に関してはそれ程広い範囲ではありませんが、お城お城感を体感できると思います。

山上の二ノ丸から大きな堀を挟んで西側一帯には田畑が(恐らく片倉城の曲輪だったと思われ)ありますが、更に西に進むと片倉集いの森公園があり、そこにはドッグランもあり・・・要は西はずーっと平な場所になっているんです。

これが当時からの地形だとしたら・・・片倉城は西側の防御がザルだった可能性が高いと言う事になります(危)


実は片倉城を含む八王子一帯を支配していた大江広元の4男が後の安芸毛利家の始祖となる毛利季光であり、実は片倉城って毛利家と関わりがあったりして・・・
広島や山口という、わざわざ遠くに行かなくても毛利を体感できるとは思ってもいませんでしたw

+ 続きを読む

+ すべての写真を見る

城郭情報

分類・構造 平山城
築城主 長井時広
築城年 応永年間(1394~1428)頃
主な城主 大江氏、長井氏
遺構 曲輪、土塁、横堀(空堀)、土橋、櫓台
指定文化財 都史跡(片倉城跡)
再建造物 説明板
住所 東京都八王子市片倉町2423他(片倉城跡公園)
問い合わせ先 八王子市生涯学習スポーツ部文化財課
問い合わせ先電話番号 042-620-7265