日本100名城

おおずじょう

大洲城

愛媛県大洲市

別名 : 比志城、地蔵ヶ嶽城、地蔵岳城、大津城、亀ヶ城
旧国名 : 伊予

投稿する
大洲城
口コミ・画像を投稿する

みんなの写真投稿

投稿する

みんなの口コミ

投稿する

todo94

城カード第3弾再建天守シリーズ (2021/12/11 訪問)

今回の愛媛ドライブ、続100名城のスタンプ、宇和島城の城カードゲットに加えて目的としたのが、大洲城の城カード。無事、手に入れることが出来ました。お殿様公園となっている三の丸南隅櫓にも脚を伸ばしてきました。

+ 続きを読む

+ すべての写真を見る

やなぎぶそん

初登城 (2022/01/08 訪問)

初めて訪れましたが、櫓も複数残っており、天守もよく復元されているなど想像以上に良いお城でした。また、最近話題の大洲城をバックにJR予讃線を撮影することができました。

+ 続きを読む

刑部

カフェのある城址 (2021/05/04 訪問)

駐車場から登城して行くと城址の入口に洒落たカフェがあります、ここは外で飲めるので大洲城がよく見える位置にありとても良いですね。雰囲気も最高でした。城でいただくティータイム!

+ 続きを読む

+ すべての写真を見る

こうちゃん

期待以上❗️ (2021/04/26 訪問)

大洲城パーキングを目指し、スタートが二の丸そして本丸と手軽に到着!数少ない復興木造天守に期待を持って行きましたが期待以上!肱川の景色も抜群!1番の見どころは、天守と連立している重要無形文化財の櫓、実は門から本丸全体に廊下櫓が連なっていて、実は連結天守だった!それを想像して天守での一時を楽しもう!

+ 続きを読む

概要

14世紀前半に宇都宮豊房が築いた居城・地蔵ヶ嶽城を、築城名人の藤堂高虎が近世城郭に改造したという。慶長年間に天守が築かれ、発掘調査や資料を元に四重四階の層塔型天守を木造で復元。肱川を堀とし、川に面した二の丸東側には二重櫓の苧綿櫓が天保期に再建されている。

城郭情報

城地種類 梯郭式平山城
築城年代 元徳3年(1331)
築城者 宇都宮豊房
主要城主 宇都宮氏、藤堂氏、脇坂氏、加藤氏
文化財史跡区分 国重要文化財(台所櫓・南隅櫓・高欄櫓・苧綿櫓)、県史跡(大洲城跡)
近年の主な復元・整備 藤堂高虎、脇坂安治、加藤貞泰
天守の現況・形態 複合連結式層塔型[4重4階/1609年築/破却]、複合連結式層塔型[4重4階/2004年再/木造復元]
主な関連施設 天守、塀、石碑、説明板
主な遺構 曲輪、櫓、石垣、横堀
住所 愛媛県大洲市大洲903
問い合わせ先 大洲市商工観光課
問い合わせ先電話番号 0893-24-2111