日本100名城

おおずじょう

大洲城

愛媛県大洲市

別名 : -

投稿する
大洲城
口コミ・画像を投稿する

みんなの写真投稿

投稿する

みんなの口コミ

投稿する

トーダイ

木造の復元天守は素晴らしいです (2019/08/03 訪問)

九州へは四国経由(三崎→佐賀関フェリー:1時間10分)で入るのが好きです。
天気が良ければ、大洲城に立ち寄ります。

+ 続きを読む

+ すべての写真を見る

カズサン

木造復元天守閣 (2018/06/22 訪問)

 昨年6月下旬可後森城を是非探訪したいと四国西部、香川県の城探訪を4泊5日で計画し松山城の乾櫓中心に探訪を終え松山道を南下し大洲IC経由大洲城へ10代最後の夏休み四国一周城廻初登城以来50数年来数回、木造天守復元以来からも15年も何回か探訪してる大洲城ですが夕刻近く雨もチラつき始めましたがちょい寄りして探訪、堪能しました、新しき登城路に土塀が復元したり、下台所櫓の修復と新たな試みが伺えます。
 車は二の丸の市民会館前有料駐車場へ駐車、ビュースポットの肱川堤防からも撮影。
 探訪後の7月上旬肱川氾濫による大雨被害に遭われた大洲市にお見舞い申し上げます、早くの復旧復興をお祈りいたします。

 この後宇和島へ宇和島城をホテルより遠望し、郷土料理店で鯛めし、じゃこ天を美味しく頂き、スナックを紹介して貰い宇和島の夜を常連客と共に楽しまして頂きました。
 翌日は雨の可後森城を探訪へ。

+ 続きを読む

+ すべての写真を見る

トベシュン

梅雨の大洲城 (2019/06/21 訪問)

2泊3日で9城めぐり
梅雨時期のため、雨を心配しましたが天守に向かう途中から降ってきました
傘をさしながらの撮影

+ 続きを読む

+ すべての写真を見る

ぴーかる

大洲城 (2018/08/11 訪問)

【百名城36城目】
<駐車場他>市民会館有料駐車場あり。(有料ですが安いです)
<交通手段>車

<見所>現存4櫓・下台所・石垣

<感想>伊予国攻城の旅3城目。この城も2015年からの2回目。駐車場そばに苧綿櫓(現存)があるが中には入れない。駐車場に城の案内盤があり、三の丸南隅櫓(現存)が非公開になっているが、実際はお殿様公園になっていて内部に入れ鬼瓦等の展示物・内部隠し狭間もあり見応えがある。下台所は現存、下台所・市民会館の天守側に段階状に高石垣があり見応え十分。二の丸奥御殿跡は整備中、本丸の下段の帯曲輪は道になっており、ぐるり1周できて搦手側の肱川方にも行くことが可能なので散策した。本丸は下段に井戸丸・暗り門があり、本丸・天守となっている。本丸側の天守台は無くて、はばき石垣程度、連結の高麗櫓(現存)・台所櫓(現存)は石垣の台は無い。入口は台所櫓でここでスタンプ押印、大洲市の洪水の募金を気持ち程度させてもらう。2Fは入れない。高麗櫓は1・2Fに行ける。天守は1・2Fが吹き抜けで階段の踊り場があり変わっている。古写真を見たり再建のVTRを見たりすると、再建の努力がうかがえた。城見学後に肱川の対岸側にも行って大洲城を撮影した。お城が程良く眺望できていい感じです。そのあと大洲市街に行ったが、肱川洪水氾濫の影響で店舗が半数以上休店していた。

<満足度>★★★★☆

+ 続きを読む

+ すべての写真を見る

概要

14世紀前半に宇都宮豊房が築いた居城・地蔵ヶ嶽城を、築城名人の藤堂高虎が近世城郭に改造したという。慶長年間に天守が築かれ、発掘調査や資料を元に四重四階の層塔型天守を木造で復元。肱川を堀とし、川に面した二の丸東側には二重櫓の苧綿櫓が天保期に再建されている。

城郭情報

城地種類 平山城
築城年代 14世紀前半、慶長15年(1610)ころ
築城者 宇都宮豊房、脇坂安治
主要城主 宇都宮氏、戸田氏、藤堂氏、脇坂氏、加藤氏
文化財史跡区分 県指定史跡、重要文化財4件
近年の主な復元・整備 平成16年に天守を再建
天守の現況・形態 層塔型 四重四階 木造
主な関連施設 -
主な遺構 台所櫓、高欄櫓、苧綿櫓、三の丸南隅櫓、下台所、本丸、石垣
住所 愛媛県大洲市大洲903
問い合わせ先 大洲市商工観光課
問い合わせ先電話番号 0893-24-2111