おかべじんや

岡部陣屋

埼玉県深谷市

別名 : 岡部藩陣屋、安倍摂津守陣屋、安部摂津守屋敷
旧国名 : 武蔵

投稿する
口コミ・画像を投稿する

みんなの写真投稿

投稿する

みんなの口コミ

投稿する

肉球

解体されてました (2021/09/11 訪問)

元は今川家家臣のち徳川家康に仕えた安部氏の陣屋跡。
跡地には僅かな案内板があるだけで遺構はありません。
市内の全昌寺に移築されていた門が解体されたようでガッカリ。
以前見学した時トタンで覆われていましたので老朽化のためかと思われます。
保全できないものですかね〜

+ 続きを読む

+ すべての写真を見る

赤い城

「青天を衝け」にも登場 (2021/08/22 訪問)

岡部駅から徒歩で20分弱。
住宅地と畑の中に石碑が立っています。
石碑の隣には3台駐めれる駐車場が出来ていました。
この石碑、砲術家の高島秋帆が幽閉された地として立っています。
ここから北側に陣屋があったとされています。
ちょうど石碑の前は名物深谷ネギ畑。
美味しそうでした。。。

+ 続きを読む

🏯城好きのメガネ

「岡部陣屋」 (2020/03/24 訪問)

<オススメ>★☆☆☆☆
岡部陣屋は、元今川家家臣で後に徳川家康に仕えた安部信勝が5200石を領し、その子・信峯の代に加増され陣屋を置いたとされる。幕末には砲術家の高島秋帆の身柄を預かっている。また藩主信発が天狗党を鎮圧するために出兵した。1868年に、新政府側に自ら願い出て三河国半原藩(愛知県新城市)へ移転したため、岡部陣屋は廃止された。現在、遺構は消滅している。

<アクセス>
JR岡部駅 徒歩20分

+ 続きを読む

チェブ

高島 秋帆幽囚の地。 (2019/08/24 訪問)

説明板には「高島 秋帆幽囚の地」とありますが「岡部陣屋」に行きました。
説明板をよーく読むと

岡部潘陣屋の一角であり、この石碑が立つ場所に幽囚されていた。

と書いてあるので「岡部陣屋」はこの辺りです。
今川家から徳川家に仕えた安部氏が築きます。
こちら安部さんではなく、高島さん押しなので調べてみたら洋式砲術を完成させた方です。オランダ語も話せます。
幕府から睨まれて岡部潘の、お預かりになりました。
どちらかというと、貿易により大名並みの資金を持った高島さんに役人が妬んだ、が正解のようです。
でもって、ペリーさんが現れて出獄しました。
すごい方だったんですね。
でも、、、
ちっちゃくてもいいから「岡部陣屋」の石碑も欲しいな。

+ 続きを読む

城郭情報

分類・構造 陣屋
天守構造 なし
築城主 安部信峯
築城年 宝永2年(1705)
主な城主 安倍氏
廃城年 慶応4年(1868)
遺構 移築長屋門(全昌寺)、移築通用門
指定文化財 県旧跡(岡部藩陣屋跡)
再建造物 石碑
住所 埼玉県深谷市岡部1201他
問い合わせ先 埼玉県教育局市町村支援部生涯学習文化財課
問い合わせ先電話番号 048-830-6988