こばなわじょう

庁鼻和城

埼玉県深谷市

別名 : 国済寺館
旧国名 : 武蔵

投稿する
口コミ・画像を投稿する

みんなの写真投稿

投稿する

みんなの口コミ

投稿する

にのまる

国済寺 (2018/04/15 訪問)

江戸期に建立され、市の文化財指定を受けている黒門や三門、鐘楼の立ち姿は雅やかで、凛とした空気の漂う古刹でした。
上杉家の墓所、土塁、築山が残っています。城郭だった頃はかなり広域で、どこかもっと離れたところ(未確認なので…)にも土塁が残っているようです。
城郭遺構ではなくても風格ある建造物に出会えると城巡りをしていてよかったと思います。

+ 続きを読む

+ すべての写真を見る

🏯城好きのメガネ

「庁鼻和城と国済寺」 (2018/02/27 訪問)

<オススメ>★★★★★
関東管領・山内上杉憲顕の六男 上杉憲英によって築かれた。鎌倉公方に抵抗した名城である。1590年、小田原征伐により廃城となったと考えられる。現在は、国済寺が建ち、堂宇の屋根には上杉氏の家紋「竹に雀(上杉笹)」が施された立派な瓦があげられている。土塁や堀が遺構として残っている。

+ 続きを読む

城郭情報

分類・構造 平城
築城主 上杉憲英
築城年 室町時代
主な城主 庁鼻和上杉氏
遺構 曲輪、土塁
指定文化財 県選定重要遺跡(庁鼻和城跡)
再建造物 碑、説明板(国済寺)
住所 埼玉県深谷市国済寺(国済寺)
問い合わせ先 深谷市教育委員会生涯学習課文化財保護係
問い合わせ先電話番号 048-572-9581