日本100名城

いまばりじょう

今治城

愛媛県今治市

別名 : 吹上城、吹揚城
旧国名 : 伊予

投稿する
今治城
口コミ・画像を投稿する

みんなの写真投稿

投稿する

みんなの口コミ

投稿する

ひろべえ

素晴らしい復元 (2019/01/03 訪問)

願叶って今治初攻城。正月3日でしたので鉄御門を抜けると屋台が立ち並ぶ予想外?の風景でした。天守→御金櫓→山里櫓→鉄御門・武具櫓内へ。平成19年復元の鉄御門・武具櫓の木の香りがとてもよかったです。内堀を巡って水堀も堪能。鉄御門と多聞櫓の枡形構造も見事な復元でした。

+ 続きを読む

+ すべての写真を見る

昌官忠

次男と二人で行くクラブツーリズム「四国名城ハイライト4日間」⑤ (2017/02/17 訪問)

次男と二人で行くクラブツーリズム「四国名城ハイライト4日間」の5城目は今治城です。湯築城からの転戦です。
今治城は2回攻城しています。(3回目を2020/11に攻城予定でしたが、新型コロナの影響でキャンセル)
①2017/02/17(今回) 次男と二人でクラブツーリズムのツアーで攻城 
②2019/11/09 一人でレンタカーを借りての攻城(投稿済)

慶長7年(1602年)藤堂高虎により築城が開始。
慶長9年(1604年)今治城が一応完成。
慶長13年(1608年)今治城のすべて完成に伴い、高虎が伊勢・伊賀へ移封。高虎の養子・高吉が城主となる。
寛永12年(1635年)高吉も伊賀・名張へ転封となり、代わって久松松平氏定房が入城、以後、松平(久松)氏が廃藩置県まで10代230年余りにわたって今治を統治します。

水堀は鉄砲が届かないような幅を取り、石垣は高くして侵入を許さないような造りになっています.
遺構は堀と石垣だけですが、その美しさと存在感に感動します。
天守閣は美しくて立派ですがRC造の模擬天守で内部は資料館になっています.
写真は石垣を除き、少し退いたものを選んで投稿しました。攻城時間は120分くらいでした。

+ 続きを読む

+ すべての写真を見る

すっちゃん

天守外観 (2021/01/10 訪問)

大好きなお城

+ 続きを読む

海城 (2020/06/01 訪問)

堀の幅が70mもあり、その堀の水は海水。
海水魚が泳いでいるて、日本3大水城の一つである。
舟入を設けて、瀬戸内海に出航できるようになっていた。
また、藤堂高虎が築いた層塔型天守の最初の傑作でもある。

+ 続きを読む

+ すべての写真を見る

概要

築城名人の藤堂高虎が来島海峡の監視基地として築いた海城。本丸・二の丸の海側には高石垣を備えていたが、陸側の防御は土塁だけだった。海水を引いた水堀を曲輪の周囲に巡らせ、軍船が出入りできるようになっていた。本丸には、破風を持たない日本初の層塔型の天守が建てられ、現在は模擬天守が再建されている。

城郭情報

城地種類 輪郭式平城(海城)
築城年代 慶長7年(1602)
築城者 藤堂高虎
主要城主 藤堂氏、松平(久松)氏
文化財史跡区分 県史跡(今治城跡)
天守の現況・形態 型式不明[5重?/1608年築/解体(丹波亀山城へ移築?)]、複合式望楼型[5重6階/1980年築/RC造模擬]
主な関連施設 模擬天守、鉄御門、多聞櫓5棟、石垣、石碑、説明板
主な遺構 曲輪、石垣、横堀(水堀)、犬走り
住所 愛媛県今治市通町3-1-3
問い合わせ先 今治市役所産業部観光課
問い合わせ先電話番号 0898-36-1541