日本100名城 現存12天守

まるがめじょう

丸亀城

香川県丸亀市

別名 : 亀山城、蓬莱城
旧国名 : 讃岐

投稿する
丸亀城
口コミ・画像を投稿する

みんなの写真投稿

投稿する

みんなの口コミ

投稿する

ろっし

お城探訪 (2022/11/12 訪問)

夜に天守閣に入れると言うので行ってみました。

ここまでライトアップされると、少し怖い夜のお城もテーマパークばりに子供が多かったですね。

ほとんどの人が天守閣には入らずに外での写真撮影ばかりしてたので天守閣が貸し切りでした。

天守閣の中は、上の階に上がる程中は暗くお城らしいリアリティーさがあって良かった。

+ 続きを読む

+ すべての写真を見る

ニコ・ロビン

丸( ・᷄ㅂ・᷅ )亀 (2017/09/06 訪問)

香川は( ・᷄ㅂ・᷅ )うどんだけじゃないぞー!
天守は可愛らしいが、圧巻の石垣の高低差で、下から見上げると要塞ですな

+ 続きを読む

+ すべての写真を見る

ヒロケン

始まりの城 (2022/08/17 訪問)

丸亀城は、豊臣秀吉公から讃岐国17万石を与えられた生駒親正公が高松城の支城として築城されました。標高66mの亀山に築かれた渦郭式平山城です。本丸・二の丸・三の丸・帯曲輪・山下曲輪があり、東西540m・南北460mのうち内堀内の204,756㎡が史跡の範囲です。「石の城」と形容されるとおり、丸亀城は石垣の城として全国的に有名です。山麓から山頂まで4重に重ねられ、総高として60mもあり日本一の高さを誇っています。(パンフレットより抜粋)
現在の丸亀城は、亀山公園として三層三階木造の現存天守・大手一の門・二の門が国の重要文化財に指定され、また扇の勾配と言われる石垣群が有名で全国からお城ファンが押し掛けています。

10年前の2012年8月13日丸亀城に訪問し、現存天守入口の入場券(200円)を買いもとめているいる折、目に留まったのが日本100名城の一冊でこの城から100名城巡りを始めました(*^▽^*) 10年経っても沖縄・北海道・鹿児島・宮崎が行けておらずいつになるか分かりませんが、100名城・続100名城を制覇したいと考えています。

カズサンさん 自分の投稿がきっかけで姫路城特別公開に行かれたということで、また、感謝のお言葉を頂きありがとうございました。
自分も「higekamさん」の投稿を見て、「なぬっ、小天守内に入れるっ」(;゚Д゚)・ということを知り、足を運んだ次第です。
大先輩のカズサンさんの投稿を拝見し、大いに刺激され大変参考にさせて頂いております。此れからもどうぞ宜しくお願い致します。

+ 続きを読む

+ すべての写真を見る

侍ホリタン

石垣の名城を訪ねて (2022/01/04 訪問)

青春18切符を使用しての訪問、金毘羅詣でから丸亀城、高松城の予定でしたので効率よくまわる必要がありました。ちなみに私の地元からですと今治城までだと滞在時間3時間半、松山城までだと滞在時間1時間となるので今治城までが限界のようです。いずれは今治城にも行ってみたいです。丸亀城は現存天守の中で一番小さなものなのですが、やはり一番の見所は石垣の高さと美しさです。石垣の高さ合計は約66mで日本一です。

+ 続きを読む

+ すべての写真を見る

概要

生駒氏、山崎氏、京極氏によって築き続けられ、高石垣と小さな天守で有名な現在の姿が完成。高石垣は平地から本丸までの3段で高さ約60mにもなり、その上に三重三階の層塔型の天守(江戸時代から現存するものでは最も低い15m)がそびえる様は圧巻。玄関先御門は城門としては珍しい薬医門である。

城郭情報

城地種類 輪郭式平山城
築城年代 室町時代前期
築城者 奈良元安
主要城主 生駒氏、山崎氏、京極氏
文化財史跡区分 国重要文化財(天守(附指定)木札、大手一の門、大手二の門(附指定)東西土塀)、国史跡(丸亀城跡)
近年の主な復元・整備 生駒親正、山崎家治
天守の現況・形態 独立式層塔型[3重3階/1660年築・1877年改/現存]
主な関連施設 石碑、説明板
主な遺構 曲輪、天守、門、長屋、番所、石垣、横堀(水堀)
住所 香川県丸亀市一番丁
問い合わせ先 丸亀市商工観光課
問い合わせ先電話番号 0877-24-8816