日本100名城 現存12天守

まるがめじょう

丸亀城

香川県丸亀市

別名 : 亀山城、蓬莱城
旧国名 : 讃岐

投稿する
丸亀城
口コミ・画像を投稿する

みんなの写真投稿

投稿する

みんなの口コミ

投稿する

たつのり

82 (2016/08/03 訪問)

2016年夏の城巡りツアーの2番目の訪問地です。
ちなみに行程は
8月2日22時東京駅発サンライズ瀬戸(寝台特急電車)に乗って高松駅へ(そこからレンタカー)
3日①高松城②丸亀城③今治城(道後温泉泊)
4日④松山城⑤大洲城⑥宇和島城(佐川泊)
5日⑦高知城~坂本龍馬記念館~高知龍馬空港から飛行機で羽田へ

さて、丸亀市内に入ると丁度昼時、丸亀と言うと讃岐うどんが食べたくなり、丸亀製麺ではないセルフのうどん屋さんで腹ごしらえして丸亀城へ向かいます。
何たってあの石垣を登るのですから、スタミナ補給しておかないと大変です。

そして丸亀城へ到着。
城址全体が亀山公園になっているようで、いい感じに整備されていました。
こちらは何といっても石垣に尽きるのではないでしょうか。
岐阜や松山のようにロープウエイがないとしんどい程ではないですが、天守までの道のりは健脚でないと厳しいです。
天守自体は余り高さはないのですが、高い石垣の上に建っていますので、眺望は抜群です。
今、写真を見直すと夏の盛りでしたので蝉の大合唱を思い出します。



+ 続きを読む

+ すべての写真を見る

藤咲

丸亀城 (2020/11/28 訪問)

丸亀駅からも近く、天守内以外は自由に入れるので散歩されてる近隣住民の方も多かったです。
天守や石垣はもちろんですが、現在行われている石垣修復作業場もある意味、今しか見られない貴重な場所ですね。クレーンで石が一つずつ運ばれているのを一日中でも眺めていられそうです(笑)
お土産に勝った石垣チョコがかわいかったです!

+ 続きを読む

+ すべての写真を見る

ぴちょまる

多層の曲輪 (2020/11/22 訪問)

亀山に建てられた、綺麗に多層構造となった曲輪で、丸亀?
丸亀城と同じく、大手門と天守が現存する高知城と似た印象の写真となるのが面白い。
三の丸まで一気に登る見返坂が有名だが、実は後半の方が一段と急勾配となっていて進軍時の足止め
となるように設計されているのが面白い。
とはいえ大手門から続く坂道が一直線なのは珍しいし、南側の搦手の方がつづら折になっていて、
こちらの方が城郭らしさを感じられるな、と思っていたら山崎時代は、搦手側の方が大手だったらしい。
搦手の方が勾配が緩やかで、讃岐富士を見ながら下りることができるので、遠回りにはなるが本丸から
下るときは、搦手側の方がおすすめ。

+ 続きを読む

+ すべての写真を見る

石垣 石垣 また石垣 (2020/06/20 訪問)

石垣で有名な丸亀城に行ってきました。
綺麗な扇の勾配。20mを越す高石垣。
現存天守。お堀も綺麗。
無骨ではなく秀麗なお城です。
天守閣は小ぶりながら、流石、現存天守。
床が輝いています。
災害で石垣が崩落し、現在、修復中です。
一つ一つ石垣を積んでいます。
それを見ることが出来ます。
早く、完全復旧しますように。

+ 続きを読む

+ すべての写真を見る

概要

生駒氏、山崎氏、京極氏によって築き続けられ、高石垣と小さな天守で有名な現在の姿が完成。高石垣は平地から本丸までの3段で高さ約60mにもなり、その上に三重三階の層塔型の天守(江戸時代から現存するものでは最も低い15m)がそびえる様は圧巻。玄関先御門は城門としては珍しい薬医門である。

城郭情報

城地種類 輪郭式平山城
築城年代 室町時代前期
築城者 奈良元安
主要城主 生駒氏、山崎氏、京極氏
文化財史跡区分 国重要文化財(天守(附指定)木札、大手一の門、大手二の門(附指定)東西土塀)、国史跡(丸亀城跡)
近年の主な復元・整備 生駒親正、山崎家治
天守の現況・形態 独立式層塔型[3重3階/1660年築・1877年改/現存]
主な関連施設 石碑、説明板
主な遺構 曲輪、天守、門、長屋、番所、石垣、横堀(水堀)
住所 香川県丸亀市一番丁
問い合わせ先 丸亀市商工観光課
問い合わせ先電話番号 0877-24-8816