かなくぼじょう

金窪城

埼玉県児玉郡

別名 : 金久保城
旧国名 : 武蔵

投稿する
口コミ・画像を投稿する

みんなの写真投稿

投稿する

みんなの口コミ

投稿する

刑部

土塁の上に (2019/03/03 訪問)

土塁の上にしっかり説明板と立派な城址の石碑があります。主要道路から狭い道路を行くと公園と駐車場があります。

+ 続きを読む

あきおこ

城地は金窪城址公園として残る (2016/07/10 訪問)

金窪城址公園が城跡とされます。
城址碑と説明板がある場所が土塁の様です。説明板には4箇所に土塁があると書かれていますが、よく分かりませんでした。
城郭大系(昭和54年初版)によると「堀と認められるものは無く土塁は二か所認められる」とありますが城址碑のある場所はその一部でしょうか。大系には当時の写真が掲載されており土塁と堀跡と思われる小川が写っています。

+ 続きを読む

カルビン

滝川一益もここにいたかも (2014/09/28 訪問)

織田信長が亡くなった後に滝川一益が撤退する際に北条家と乾坤一擲の戦いを行った神流川の戦いの地からすぐそばにある金窪城。

見た目は小さな公園に石碑と解説があるくらいですが、その公園にちゃんと土塁もあります。

+ 続きを読む

+ すべての写真を見る

城郭情報

分類・構造 平城
築城主 加治家季
築城年 治承年間(1177~1181)
主な城主 加治氏、畑時能(新田氏家臣)、斎藤氏、川窪氏
廃城年 元禄11年(1698)
遺構 土塁
指定文化財 県旧跡(伝金窪館跡)
再建造物 石碑、説明板
住所 埼玉県児玉郡上里町金久保1626-4他
問い合わせ先 上里町出土文化財管理センター
問い合わせ先電話番号 0495-33-2682