たかさかしやかた

高坂氏館

埼玉県東松山市

別名 : 高坂城、高坂刑部館、高坂館
旧国名 : 武蔵

投稿する
高済寺
口コミ・画像を投稿する

みんなの写真投稿

投稿する

みんなの口コミ

投稿する

肉球

土塁空堀が残ってます (2021/09/11 訪問)

現在、館跡には高済寺が建っています。
辺りは住宅街になっていますが
高済寺の西側に土塁と空堀が残り
土塁の上には江戸時代ここに居館を構えた加賀爪氏の墓があります。
北側は都幾川に守られ東側は6〜7メートルくらいの崖に守られていたようです。
現在東側は開発が進み住宅街となっていますが崖下は公園になっていて
当時の雰囲気をわずかながら感じ取ることができます。

+ 続きを読む

+ すべての写真を見る

じゅんじん

お寺と公園に痕跡 (2021/07/17 訪問)

土塁が丸裸で残されていました。近くの公園には堀跡もあります。

+ 続きを読む

+ すべての写真を見る

昌官忠

比企城館跡群日帰り⑤ (2018/07/10 訪問)

「比企城館跡群日帰り」の5城目は高坂氏館(ラストのおまけです)です。松山城からの転戦です。

松山城から徒歩で「六反町バス停」へ行き、川越観光自動車のバスに乗って「東松山駅」に着きました。
「東松山駅」に着いた時、少し時間の余裕があったので、付近の城跡を検索した結果、「高坂城/高坂氏館」を見つけたので急遽、攻城することとしました。
東松山駅から東武東上線で高坂駅で下車し、そこから徒歩で「高済寺」を目指して高坂城に到着。

高坂氏館は徳川家康の家臣・加賀爪政尚の居城として知られています。1562年の「松山城の戦い」で北条氏政が松山城を攻める際に高坂に陣を置いたとされています。
現在跡地に建つ高済寺の境内周辺に残る土塁や空堀は、このときに造られたものだそうです。
近くに稲荷神社と「加賀爪氏累代之墓」があります。 攻城時間は15分くらいでした。

+ 続きを読む

+ すべての写真を見る

🏯城好きのメガネ

「高坂氏館」 (2020/03/24 訪問)

<オススメ>★★★☆☆
高坂氏館は比高10mの段丘崖を利用して築かれている。後北条氏が武蔵松山城の攻略に際して本陣を構えたとされる。その後、徳川家譜代の家臣であった加賀爪氏の墓所となっている。加賀爪政尚は徳川家康に近侍して長久手合戦や小田原征伐に従軍する。慶長大地震で圧死した。子・忠澄が跡を継ぐ。加賀爪忠澄は関ヶ原の戦いや大坂の陣に従軍する。大目付として幕府を支えた。子・直澄が跡を継ぐ。加賀爪直澄は徳川家光の小姓として仕え、書院番頭・大番頭を経て、寺社奉行などを歴任した。現在、高済寺の境内となっており、土塁、堀などが遺されている。

<アクセス>
東武東上線 高坂駅 徒歩15分

+ 続きを読む

城郭情報

分類・構造 平城
築城主 高坂刑部太輔
築城年 南北朝時代
主な城主 高坂氏、加賀爪氏
遺構 曲輪、土塁、横堀(空堀)
指定文化財 県選定重要遺跡(高坂館跡)
住所 埼玉県東松山市高坂
問い合わせ先 埼玉県教育局市町村支援部生涯学習文化財課
問い合わせ先電話番号 048-830-6988