日本100名城

はぎじょう

萩城

山口県萩市

別名 : 指月城

投稿する
萩城
口コミ・画像を投稿する

みんなの写真投稿

投稿する

みんなの口コミ

投稿する

ヨッシー

長州藩の居城 (2019/09/14 訪問)

毛利家が好きな私が、
一度は行ってみたかった城です。

廃城令発布時に、
模範として真っ先に取り壊したため、
天守はありません。見てみたかったです。

行ってみるとそのスケールに驚かされます。
手前の石垣と堀、裏側の門跡、神社に長屋等があり、様々な景色が楽しめます。
また、天守台の背後の控える指月山山頂にも史跡があります
(時間的制約で行けませんでしたが)

城下町まで広げてみると、街そのものが
一つのテーマパークの様です。
1日では回りきれないですね。
また、行ってみたいです。

敷地が広いので、自転車で回れる様になってます。

+ 続きを読む

+ すべての写真を見る

橋吉

レンタサイクルがお薦め (2017/04/01 訪問)

レンタサイクルで登城。
城内も自転車で移動できます。

ここで、日本百名城スタンプは本丸入口チケット売り場で押すことがとができます。

詰丸の指月山の山頂まで18分
ここは、登山に準ずるようなしっかりした靴・服装が必要です。もちろん、自転車では上がれません。

本丸のある志都岐山神社では、ここでしか見られない桜「ミドリヨシノ」がちょうど見頃でした。

+ 続きを読む

カルビン

前言撤回 (2019/08/16 訪問)

遠征予定地が台風直撃だった為に遠征控えると書いていたの・・・嘘でした(と言うか嘘になりました)(ーωー;)ゞ
各種チケットのキャンセルだとキャンセル料取られてしまう可能性があったので、予定日を変更して(変更ならお金かからない)行く事に。

羽田から山口宇部空港へ行き、そこから乗り合いタクシーで萩へ・・・タクシーは萩市内であれば同金額(3600-)でどこでも下車OKだったので、萩城の目の前まで行ってもらえました。

台風の影響も残っておらず好天だった為に暑さもあり、指月山上のある詰城には登れませんでしたorz
建造物も残っておらず見所少なそうなイメージありましたが、水堀や海沿いを走る石垣だけでも十分100名城だな~と思えるレベルの遺構が見られました。

更に萩の城下には主に幕末に関するものが沢山あり、幕末に興味ない自分でも楽しめました。。。暑ささえ無ければなぁ・・・
↑萩城から萩バスセンターまで徒歩だった(汗)

滞在予定時間にもよりますが、史跡巡回バスを使用予定の方は事前に確認の上時間にご注意下さい。
(一方通行の為、松陰神社行こうとしてバス45分もかかる事をバス停で知って、急遽タクシー利用した)


毛利元就と三兄弟の「三本の矢」の像、道路挟んで歩いて通過したのに、確認忘れて写真撮れなかったのが痛恨のミスでしたorz
(山口へ向かうバスの中で見つけて見学忘れていたのを思い出しました)

+ 続きを読む

+ すべての写真を見る

おがD

萩城 (2019/08/10 訪問)

小京都萩の中心であり、長州藩の拠点として機能した城。

天守は明治初期に破却されて残っていませんが、流麗な輪郭を描いた天守台がとても綺麗です。

萩博物館に幕末か明治初期にドイツ人が撮影した写真がありましたが、天守はどことなく広島城に雰囲気が似ましたね。(築城主がどちらも毛利輝元だから?)

郭内の指月山には詰丸があり、戦時はそこにこもることになるのですが、暑さに負けて登れませんでした。

アクセスは市内の観光用ループバスがありましたが、自分はバスセンターからレンタサイクルを使いました。
城下町周辺だけなら徒歩でもいいかもしれませんが、駅東側の松陰神社の方まで観光するとなるとレンタサイクルがおススメです。(暑かったですが)

+ 続きを読む

概要

関ヶ原合戦に敗れた毛利輝元が徳川家康の指定した地に築いた城。日本海に突出した指月山に詰丸、その麓に本丸・二の丸・三の丸、さらに五重五階の望楼型天守を建てた。二の丸東門から海外線に沿って城壁が連なり、一部の土塀が復元されている。扇の勾配を持つ高石垣の天守台が美しい。

城郭情報

城地種類 平山城
築城年代 慶長9年(1604)
築城者 毛利輝元
主要城主 毛利氏
文化財史跡区分 国指定史跡、国選定重要伝統的建造物群保存地区
近年の主な復元・整備 平成14年より本丸虎口、二の丸東門、時打矢倉跡、三階矢倉跡を修理
天守の現況・形態 天守台のみ残る
主な関連施設 旧萩藩御船倉、旧萩藩校明倫館、萩藩主毛利家墓所、萩城城下町、旧厚挟毛利家萩屋敷長屋、旧福原家書院、萩博物館
主な遺構 要害、本丸、二の丸、石垣、堀、侍屋敷門・長屋(三の丸)
住所 山口県萩市堀内
問い合わせ先 萩市観光協会
問い合わせ先電話番号 0838-25-1826