日本100名城

はぎじょう

萩城

山口県萩市

別名 : 指月城
旧国名 : 長門

投稿する
萩城
口コミ・画像を投稿する

みんなの写真投稿

投稿する

みんなの口コミ

投稿する

カズサン

三の丸武家屋敷、伝統的建築物群保存地区 (2011/05/05 訪問)

 萩城探訪で車を萩博物館駐車場利用し、本丸、二の丸間を往復しましたのでその間の三の丸上級武家屋敷堀内の重要伝統的建築物群保存地区で目に付いた建物、白漆喰土塀、漆喰が剝がれた土塀、土塀が壊れて石積塀、土塀と土塀の間の通り、夏ミカンを静けさの中でしっとりとした景観風情を気のまま撮りました10年前の平成23年5月上旬の写真を投稿致します。

 北の総門、萩博物館、本丸二の丸三の丸探訪を終えて17時前で約4時間の歩きっぱなし、翌日の下関市長府探訪で今夜は長府泊り。

+ 続きを読む

+ すべての写真を見る

カズサン

二の丸東門、東西海岸沿の城塁、櫓台探訪 (2011/05/05 訪問)

 10年前の平成23年5月上旬、復元整備成った萩城北の総門、萩博物館探訪見学後、折角訪ねたのでと本丸を廻り、過去の探訪で余り廻って無かった、二の丸東門枡形石垣、指月山の西側の海岸側石垣城塁、櫓台跡、東側の海岸側石垣城塁、現存白漆喰土塀、櫓台跡に重点を置いて巡りました。
 日本海に浮かぶ石垣城塁、櫓台跡に指月山の緑が絵画を見てるように美しい景観です、ここを見てるだけで満足癒されます。
 当時撮った写真を投稿致します。

+ 続きを読む

+ すべての写真を見る

カズサン

本丸、天守台石垣が美しい❣ (2011/05/05 訪問)

 復元整備整った北の総門、萩博物館の探訪見学を終えた10年前の平成23年5月上旬、折角来たので本丸も極めなくてはと三の丸の上級武士邸宅跡の長屋門、土塀など揃った伝統的建造物群を眺めながら萩城本丸エリアへ、車は萩博物館専用駐車場(有料300円)に駐めたまま。

 本丸は月見櫓(南東櫓)を内堀越しに指月山も入れて眺めるがここが一番のビューポイントかなと思っております、内堀外を散策し天守台を内堀越しに東から、西から眺める、扇の勾配が美しい石垣です、赤瓦の天守閣が復元されたらと妄想したり❣ 西の二の丸石垣残存部分を探訪の後、本丸に入り天守台に登り天守台、付櫓台、天守台と本丸内枡形の間の石垣城塁、同石垣裏の全面に行き渡ってる雁木石垣を眺め観察。
 この後は二の丸東門枡形、二の丸東海岸沿いの石垣城塁、櫓台を観察見学。

 指月山を入れて石垣を眺めると萩城の景観の美しさを益々感じゆっくりホッとした心持に成ります。
 本丸、天守台中心の写真を投稿致します。

+ 続きを読む

+ すべての写真を見る

カズサン

萩博物館竣工公開される(H16/11) (2011/05/05 訪問)

 外堀に掛る北の総門探査見学を終えて萩博物館へ、平成16年11月に約2年を費やし萩開府400年行事の一環として旧毛利隠岐邸跡に萩博物館開設、同施設は三の丸伝統的重要建造物群の景観に合うようにと、白漆喰土塀、長屋、長屋門、二階建て隅矢倉、本館は平屋建て銀なめし瓦の甍が眩しい程マッチ、萩開府400年の行事には北の総門高麗門の復元整備も行われて居ます。

 博物館本館に入る前に二階隅矢倉の探訪見学、一階二階と見学し、長屋門を通りから内部から眺め内部見学、周囲の白漆喰土塀も廻り本館萩博物館を見学、萩城の立体模型が一番気を引きました、実に良く出来ています、指月山山頂の詰の丸櫓群、本丸天守閣、二の丸実に往時の実体験が出来た様でウキウキします。
 訪問した10年前の平成23年5月上旬、萩博物館の建物、周囲の写真を投稿致します。

+ 続きを読む

+ すべての写真を見る

概要

関ヶ原合戦に敗れた毛利輝元が徳川家康の指定した地に築いた城。日本海に突出した指月山に詰丸、その麓に本丸・二の丸・三の丸、さらに五重五階の望楼型天守を建てた。二の丸東門から海外線に沿って城壁が連なり、一部の土塀が復元されている。扇の勾配を持つ高石垣の天守台が美しい。

城郭情報

城地種類 梯郭式平城、山城(指月山)
築城年代 慶長9年(1604)
築城者 毛利輝元
主要城主 毛利氏
文化財史跡区分 国重要文化財(旧厚狭毛利家萩屋敷長屋)、国史跡(萩城跡、萩城城下町)、国天然記念物(指月山)他
天守の現況・形態 複合式望楼型[5層5階/1608年築/破却(廃城令)]
主な関連施設 北の総門、土塀、土橋、石碑、説明板
主な遺構 曲輪、石垣、横堀、長屋、井戸
住所 山口県萩市堀内
問い合わせ先 萩市観光協会
問い合わせ先電話番号 0838-25-1826