日本100名城

いわくにじょう

岩国城

山口県岩国市

別名 : 横山城
旧国名 : 周防

投稿する
岩国城
口コミ・画像を投稿する

みんなの写真投稿

投稿する

みんなの口コミ

投稿する

カズサン

南蛮造りの復興天守閣 (2004/08/13 訪問)

 岩国城の再建復興天守閣は元の天守台より、麓から観易いようにと南に50m程ずらして昭和37年建てられ、下階より張り出した南蛮造りと成って居ます、南蛮造り天守は小倉城、再建されれば高松城が有名所です。
 また錦川に架かる錦帯橋を入れて天守を撮るスポットが素晴らしい景観です。

 18年前の平成16年8月中旬鳥取盆帰省前に妻の希望を入れ、山口市湯田温泉一泊計画で、秋吉台、秋芳洞、萩城、松下村塾、津和野城城下町、瑠璃光寺五重塔、萩焼の物色と廻り旅の最終が岩国、錦帯橋、岩国城山頂の丸、麓のお土居陣屋跡、武家屋敷と訪ねました。

 写真はサブのデジカメに残っていた写真を投稿します。最後の方に8月12日訪れた秋吉台、萩城跡、津和野城城下町の寸景を各一枚投稿します。
 

+ 続きを読む

+ すべての写真を見る

くらのり

岩国城 (2020/11/22 訪問)

山口県下唯一の城である岩国城は、横山の山頂に要害を築きその南麓に平生の居館を構え両者を合して岩国城を構成していた。1603年(慶長8年)の春夏の頃、吉川広家が起工し、1608年に完成したが、幕府の一国一城の令により1615(元和元年)10月に惜しくも破却された。
その後350年の間山頂の城は廃墟のままであったが、1962年(昭和37年)桃山風南蛮造りの天守閣が再建した。天守からは、清流錦川に映える名勝錦帯橋をはじめ市街地や米軍基地、瀬戸内海の島々が一望される光明媚な城である。

+ 続きを読む

朝田 辰兵衛

景観を大切にする街は美しく感じます。 (2019/11/25 訪問)

本来の天守の位置より約50mも南に復元した理由と,残された旧天守台のわびしさを感じながら散策すると,深みのある登城になるのでは…と思います。

+ 続きを読む

+ すべての写真を見る

shiromi

岩国城 (2021/12/06 訪問)

ロープウェイで頂上まで。素敵な風景でした。

+ 続きを読む

概要

関ヶ原合戦の後、毛利輝元の家臣・吉川広家が新領地の岩国に築いた城。横山山頂の山城と山麓の居館で構成され、四重六階の天守は、4階と6階が下の階よりも張り出している珍しい南蛮造によって築かれた。一国一城令で建物や石垣が取り壊されたが、城中には大釣井と呼ばれる井戸や空堀が残っている。

城郭情報

城地種類 連郭式山城
築城年代 慶長6年(1601)
築城者 吉川広家
主要城主 吉川氏
天守の現況・形態 複合式望楼型[4重6階/1608年築/破却(一国一城令)]、複合式望楼型[4重6階/1962年築/RC造復興]
主な関連施設 天守、旧天守台(発掘復元)、石碑、説明板
主な遺構 曲輪、石垣、横堀(水堀)、横堀(空堀)、隠居所長屋
住所 山口県岩国市横山
問い合わせ先 岩国市観光課
問い合わせ先電話番号 0827-41-1477