おがわじょう

小川城

群馬県利根郡


旧国名 : 上野

投稿する
二郭と本郭の間の堀切
口コミ・画像を投稿する

みんなの写真投稿

投稿する

みんなの口コミ

投稿する

Nabeppu

小振りながらも堅固な防御施設

本郭後ろのささ郭下は崖になっており、敵の侵入は不可能、反対側の本郭と二郭の間の屈折した空堀は広くそして深い。小さいながらも守りに固い城であることがわかる。

+ 続きを読む

新ろくべえ

おがわじょうにいきました (2020/12/19 訪問)

(前に出て来たりする退会済みユーザーとぶんしょうがいっしょなのは
退会済みユーザーが私だからです
くわしくは私のサイトを開いてみて下さい)
小川城に行きました。
この城は1492年(明慶元年)に
沼田荘田城主沼田景久が西の備えとして築きました
次男の小川次郎景秋に七百貫文を与え、
住まわせたのが始まりの城です。
また、小川・名胡桃・明徳寺の三つの城の三角形のちいきは重要な戦略点で、
長尾景虎(のちの上杉謙信)の関東出陣時にも
三国峠から上州に入り宮野(猿ヶ京)を通り小川城を経て
沼田に出陣。武田信玄も沼田城を通り名胡桃、小川城を通っている。
やはりこの城はすごいですね。
真田も使ってますから
皆さんも行ってみてください
行った当時は12月29日なので雪が降っています。
(小川城の投稿は少しずつ説明などを入れていきます。
ご了承ください)

+ 続きを読む

+ すべての写真を見る

退会済み
ユーザー

小川城に行きました。 (2020/12/29 訪問)

小川城に行きました。
この城は1492年(明慶元年)に
沼田荘田城主沼田景久が西の備えとして築城。
次男の小川次郎景秋に七百貫文を与え、
住まわせたのが始まりの城です。
また、小川・名胡桃・明徳寺の三つの城の三角形のちいきは重要な戦略点で、
長尾景虎(のちの上杉謙信)の関東出陣時にも
三国峠から上州に入り宮野(猿ヶ京)を通り小川城を経て
沼田に出陣。武田信玄も沼田城を通り名胡桃、小川城を通っている。
やはりこの城はすごいですね。
真田も使ってますから
皆さんも行ってみてください
行った当時は12月29日なので雪が降っています。
(小川城の投稿は少しずつ説明などを入れていきます。
ご了承ください)

+ 続きを読む

+ すべての写真を見る

じゅんじん

新幹線駅近く (2020/03/20 訪問)

お城EXPOでパンフレットもらったので行きました。空堀が残っています。

+ 続きを読む

+ すべての写真を見る

城郭情報

分類・構造 丘城
築城主 沼田景久
築城年 明応元年(1492)
主な城主 小川(沼田)氏、真田氏
遺構 曲輪、土塁、横堀(空堀)
指定文化財 町史跡(小川城址)
再建造物 石碑、説明板
住所 群馬県利根郡みなかみ町月夜野1125(小川城跡公園)
問い合わせ先 みなかみ町役場
問い合わせ先電話番号 0278-62-2111