日本100名城

がっさんとだじょう

月山富田城

島根県安来市

別名 : 月山城、富田城

投稿する
月山富田城
口コミ・画像を投稿する

みんなの写真投稿

投稿する

みんなの口コミ

投稿する

橋吉

杖またはストックを持っていくと良いでしょう (2012/08/18 訪問)

資料館から本丸まで徒歩で登ってきました。ラッキーなことにマムシにもハチにも遭遇せずに済みましたが、蚊・アブ・クモはいっぱいいました。まあ夏場の山城では致し方ないですね。杖またはストックを持っていくと良いと思います。ひとつは足もとをつつきながら歩くことによりマムシを避け、昆虫を追い払いため。もう一つは滑りやすい七曲がりでの転倒防止です。前日に雨が降ったわけではありませんでしたがここはたいへん滑りやすくなっておりました。資料館には貸し出し用の杖が用意してありました。

+ 続きを読む

+ すべての写真を見る

スプラNNNN

やばい (2019/08/26 訪問)

最初の道でアブに刺されそうになった。
ぐあっ!

+ 続きを読む

おがD

月山富田城 (2019/08/11 訪問)

山陰の覇者、尼子氏の居城。

時代が時代なので当然山城です。
靴状の地形に築かれており、比較的標高が低めの丘陵部に面積が広めの曲輪が、そして山の上に主郭部が築かれています。

今回は時間の都合上、主郭部までは見れませんでした。またの機会に再チャレンジしたいです。


公共交通に頼る身として辛いのが、交通手段に欠けるところで、安来駅からのバスの本数がかなり少なく、時間もかかりました。車で来るのが一番いいですね。

+ 続きを読む

カズサン

山城サミット前の探訪 (2018/08/07 訪問)

 広瀬陣屋探訪を終わって眼前に在る月山富田城へ歴資料館の駐車場利用、資料館は休館火曜日は休み残念。
 第25回全国山城サミット㏌安来大会が9月24日に有りその前の整備はどうなってるのだろうとの関心も有り訪ねる、皆さんの投稿にもあるように七曲り登城路は鬱蒼とした林間道から樹木が伐採され麓、中山御殿からの景観も良くなり七曲り登城路も整備され歩きやすく成って居り山上の丸も見える化樹木伐採が行われ山城サミットお客さんのお迎え準備が着々と進んでいました。
 今回は麓から眺めるだけで終えました。

+ 続きを読む

+ すべての写真を見る

概要

元々は戦国大名尼子氏の居城で、関ヶ原合戦後に堀尾吉晴が近世城郭へと改修。山頂付近の主郭部にある本丸・二の丸・三の丸の石垣は、低い石を段々に積み重ねる「段築」という工法によるもの。山腹の要地に築かれた広大な曲輪は山中御殿跡として現存し、三方を囲む大石垣などが堅固な防御の面影を今に伝える。

城郭情報

城地種類 山城
築城年代 平安時代?、鎌倉時代?、慶長5年(1600)
築城者 不明、堀尾吉晴
主要城主 尼子氏、毛利氏、吉川氏、堀尾氏
文化財史跡区分 国指定史跡
近年の主な復元・整備 平成14年まで二の丸、花ノ壇などの主要な曲輪や、園路の整備を行う
天守の現況・形態 -
主な関連施設 安来市立歴史資料館、新宮党館跡
主な遺構 曲輪群、石垣、堀切
住所 島根県安来市広瀬町富田
問い合わせ先 島根観光連盟
問い合わせ先電話番号 0852-21-3969