日本100名城

がっさんとだじょう

月山富田城

島根県安来市

別名 : 月山城、富田城

投稿する
月山富田城
口コミ・画像を投稿する

みんなの写真投稿

投稿する

みんなの口コミ

投稿する

カルビン

我に七難八苦・・・いらぬw (2019/10/19 訪問)

米子城前の久米町バス停からイエローバスにて市立病院前で下車。
道中子供がずーっと音痴なくせに大声で歌っており気分萎えまくり(この地方全体的にそうでしたが、子供の躾が・・・(怒))

バス停からは尼子経久騎馬像を見つつ安来市立歴史資料館で100名城スタンプと御城印入手、荷物を預けて(300円)いざ月山富田城へ。
・・・悪天候のままだった為か、荷物預ける際に「これから登るんですか?」と聞かれ(美濃金山城でも同じ事聞かれた(笑))

山中鹿之介像、花ノ壇、山中御殿までは距離あったもののスムーズにたどり着きましたが、そこから見上げた三ノ丸以降の高所に絶叫
( ゚Д゚)( Д゚゚)( Д゚)゚(Д)~゚゚

七曲りと呼ばれる九十九折(実際には11曲りあった)の急斜面を行きも絶え絶えで登る。。。
道が整備されていた為、雨模様でも問題無かったのが救いでした。

三ノ丸まで登った後は緩斜面を奥に二ノ丸→本丸と進み、ようやく月山富田城制覇致しましたε=(´Д`;)

御殿から三ノ丸・二ノ丸に石垣があり、二ノ丸と本丸間には大堀切と、流石に元祖100名城に選ばれるだけのお城でした。
ただこの日米子城に続く山城攻略と、雨天での体力消耗に加え、日頃の運動不足及び水分持参忘れたせいで、二ノ丸にあった東屋で結構な時間休憩を余儀なくされましたorz

東屋にあった山中鹿之介の「我に七難八苦を与えたまえ」のフレーズ、、、自分にはノーサンキューでしたwww

+ 続きを読む

+ すべての写真を見る

ダイエティシャン

10/23 8:00~8:59 BSプレミアム再放送に登場 (2019/10/03 訪問)

BSプレミアムの再放送に登場するそうです
山中鹿介の屋敷跡と新宮党屋敷跡にも行きました

+ 続きを読む

+ すべての写真を見る

ダイエティシャン

さんいん史跡日和9/1〜12/4 山陰の史跡や遺跡を‘’まちあるき‘’ (2019/10/05 訪問)

月山富田城へ攻城しました。霧がかかりそうな富田城遠景も撮れました(10/5 7:55 県道から、富田城を望む)大土塁、山吹井戸対面の防御的地点、本丸とニノ丸の間の堀切を知ることができました しまねっこも別イベントで参戦してくれて、会えました

+ 続きを読む

+ すべての写真を見る

橋吉

杖またはストックを持っていくと良いでしょう (2012/08/18 訪問)

資料館から本丸まで徒歩で登ってきました。ラッキーなことにマムシにもハチにも遭遇せずに済みましたが、蚊・アブ・クモはいっぱいいました。まあ夏場の山城では致し方ないですね。杖またはストックを持っていくと良いと思います。ひとつは足もとをつつきながら歩くことによりマムシを避け、昆虫を追い払いため。もう一つは滑りやすい七曲がりでの転倒防止です。前日に雨が降ったわけではありませんでしたがここはたいへん滑りやすくなっておりました。資料館には貸し出し用の杖が用意してありました。

+ 続きを読む

+ すべての写真を見る

概要

元々は戦国大名尼子氏の居城で、関ヶ原合戦後に堀尾吉晴が近世城郭へと改修。山頂付近の主郭部にある本丸・二の丸・三の丸の石垣は、低い石を段々に積み重ねる「段築」という工法によるもの。山腹の要地に築かれた広大な曲輪は山中御殿跡として現存し、三方を囲む大石垣などが堅固な防御の面影を今に伝える。

イベント情報

  • 2019年09月25日(水)~2020年02月29日(土)

    月山富田城

    うんぱく三城御城印めぐりキャンペーン

    「陸」の城の国宝松江城・「海」の城の米子城・「空」の城の月山富田城。出雲國と伯耆國の近距離にある三名城で「御城印」を購入すると、先着1500名様にもれなく特別御城印帳をプレゼント!(※新たに御城印を3城のいずれかで購入された方が対象) また三名城の御城印をコンプリートすると日本城郭協会理事長の小和田哲男先生のサイン入り書籍か、「城びと」オリジナルグッズがもらえるWチャンスも。参加方法など詳しくはホームページでご確認ください。

    • 会場名月山富田城御城印販売所:安来市立歴史資料館、広瀬絣センター
    • 住所島根県安来市広瀬町町帳752、安来市広瀬町町帳775-1
    • お問い合わせ一般社団法人 中海・宍道湖・大山圏域観光局 TEL:0852-55-5057
    • URLhttps://www.nakaumi.jp/cgi-bin/rus7/info/view.cgi?d=238

※ 内容は変更となる可能性があります、予めご了承くださいませ。

城郭情報

城地種類 山城
築城年代 平安時代?、鎌倉時代?、慶長5年(1600)
築城者 不明、堀尾吉晴
主要城主 尼子氏、毛利氏、吉川氏、堀尾氏
文化財史跡区分 国指定史跡
近年の主な復元・整備 平成14年まで二の丸、花ノ壇などの主要な曲輪や、園路の整備を行う
天守の現況・形態 -
主な関連施設 安来市立歴史資料館、新宮党館跡
主な遺構 曲輪群、石垣、堀切
住所 島根県安来市広瀬町富田
問い合わせ先 島根観光連盟
問い合わせ先電話番号 0852-21-3969