あかぼりじょう

赤堀城

群馬県伊勢崎市


旧国名 : 上野

投稿する
口コミ・画像を投稿する

みんなの写真投稿

投稿する

みんなの口コミ

投稿する

じゅんじん

川沿い (2021/11/07 訪問)

道路沿いに入口看板があります。中は畑となっており土塁が残っていました。

+ 続きを読む

+ すべての写真を見る

pascal

赤堀氏は上野にも残っていた (2017/07/08 訪問)

 赤堀城は、伊勢浜田城(現:四日市駅前の鵜森公園)の城主だった赤堀氏の故郷を訪ねる形で登城しました。

 まず歴史民俗資料館を訪ね下調べをしますが、赤堀氏の展示物はおろか資料もありません。
学芸員さんに尋ねても良く判らない様で、しばらく難渋しましたが、過去の『赤堀村史』や『赤堀町史』を出して来て貰い、やっと赤堀氏の動きと伊勢へ移住した一族の存在が見えて来ました。

 赤堀城は資料館から徒歩5分の場所にあり、外郭の大半は失われてはいますが、住宅と畑地の中に明瞭な土塁と堀跡が遺っています。
赤堀氏は鎌倉幕府の御家人として、赤堀の地に根付いていましたが、元弘の乱では新田義貞に敵対し、没落していた様です。
室町初期、観応の擾乱に功の有った赤堀直秀が旧領を回復した事が記されているので、赤堀城はこの時に築城されたのではないでしょうか?
同時に、一族の赤堀三郎左衛門には伊勢鈴鹿郡の野辺御厨地頭の沙汰があり、赴任した様ですね。

 室町~戦国と過酷な上州を生きていた赤堀氏ですが、上杉謙信の元で出陣中に北条氏の小菅摂津守に赤堀城を奪取されてしまいます。
由良氏(金山城)の与力として桐生辺りに居住したと言いますが、次いで北条(きたじょう)高広の与力に配置されました。
その後、北条高広は北条氏に寝返ったので、赤堀氏も自動的に北条傘下に組み入れられて、由良氏の家臣の扱いで秀吉の小田原征伐を迎えます。
(赤堀城に復帰する事はなかった様ですね)

 浪人した赤堀氏は、徳川の成瀬正一に仕官して、江戸時代に入って成瀬氏が尾張犬山城に配されると犬山に移って行きました。
そして成瀬氏が尾張徳川家の付家老になった時点で、尾張藩士として名古屋に移りました。
禄高は300石だったそうです。

+ 続きを読む

+ すべての写真を見る

チェブ

風がなければ見頃。 (2020/02/23 訪問)

藤原 秀郷さんの末裔とされる赤堀氏の居城「赤堀城」で、またしても土埃を受けました。
赤堀さんは、上杉 謙信さん配下の由良氏に仕えました。
謙信さんの死後、上杉家は御館の乱で跡目争い。
ゴタゴタしている間に北条家が侵攻してきました。
もう赤堀さん、上杉家・由良氏の援軍は諦めて「赤堀城」を明渡しました。
「赤堀城」は北条氏と運命を共にします。
県道76号に写真①の看板がありました。ちょっと高い場所で回りの木が邪魔するかもしれません。
実は帰る時に、看板に気がつきました。
細い道(車は入れません)を抜けると、畑がありました。その向こうに土塁、高さがあります。
畑の真ん中を通らせてもらい土塁に到着。説明板があります。土塁は少し、ずれてます。
虎口の外には掘り跡です。
畑の近くなのに、とても良い状態で遺構が見られます。雑草も藪も、この季節ありません。
が、強風で畑の土埃が凄かったです!
感動しても口を開けてはいけません。

+ 続きを読む

+ すべての写真を見る

とってぃ

畑と住宅 (2019/07/15 訪問)

駐車場がない?ため空いているスペースに停めさせてもらった。
分かりやすさは渋川の白井城跡みたいな感じ。

+ 続きを読む

+ すべての写真を見る

城郭情報

分類・構造 平城
築城主 赤堀直秀
築城年 南北朝時代
主な城主 赤堀氏
廃城年 天正18年(1590)
遺構 曲輪、土塁、横堀(空堀)
指定文化財 市史跡(赤堀城跡)
再建造物 碑、説明板
住所 群馬県伊勢崎市赤堀今井町2他
問い合わせ先 伊勢崎市教育部文化財保護課
問い合わせ先電話番号 0270-24-0966