日本100名城

ひろしまじょう

広島城

広島県広島市

別名 : 鯉城[りじょう]

投稿する
広島城
口コミ・画像を投稿する

みんなの写真投稿

投稿する

みんなの口コミ

投稿する

旅人ウルトラマン

広島城 (2020/11/01 訪問)

カープの御城印顛いただきました。

+ 続きを読む

昌官忠

クラブツーリズム山陰山陽100名城制覇 (2019/03/13 訪問)

初期近世城郭の代表的な平城です。現在は内堀とそれに囲まれた本丸・二の丸のみが残され、国の史跡に指定されています。
本丸には復元された天守、復元された二の丸には平櫓・多聞櫓・太鼓櫓・表御門・御門橋があります。
水堀越しからみる天守は美しいです。(現代建造物が写真に入らないスポットを捜すため、水堀の周りをウロウロしました。)
東小天守跡下の石垣も個人的には好きです。攻城時間は70分くらいでした。

+ 続きを読む

+ すべての写真を見る

【13城目】 (2020/09/15 訪問)

広島バスセンターから歩いて向かう。
二の丸表御門からから入場。
はじめに城内の広島護国神社に参拝。
その後天守閣に向かった。
天守閣に入る前に手の消毒と検温がありました。
広島城観覧券は370円。
城スタンプは一階ロビーのミュージアムショップ前なので、観覧券を買って入場しないと押せません。
スタンプの状況:★★★★★
公共交通機関の便利さ:★★★★☆
現地滞在時間:30分

+ 続きを読む

街道おじさん

広島城登城 (2020/07/30 訪問)

毛利輝元が秀吉の聚楽第を真似て築城した中国地方一の巨大城郭。
しかしその立派な城も関ケ原の戦いにより、福島家、更には浅野家の
居城となった。
明治の廃城令も免れたが、昭和20年の原爆で破壊された。
残っていれば間違いなく国宝指定されただろう。
しかし昭和33年に再建された天守も平成に入り復元された表御門、平櫓、多聞櫓、太鼓櫓も
見応えあり。

+ 続きを読む

+ すべての写真を見る

概要

郡山から広島に本拠を移した毛利輝元が築いた城。聚楽第を模したとされる、内堀に囲まれた巨大な本丸と馬出を兼ねた小さな二の丸が特徴的。天守は望楼型の五重五階の大天守に2基の小天守を連ねた連結式で、原爆による倒壊後、昭和33年(1958)に大天守のみ再建された。

城郭情報

城地種類 平城
築城年代 天正17年(1589)
築城者 毛利輝元
主要城主 毛利氏、福島氏、浅野氏
文化財史跡区分 国指定史跡
近年の主な復元・整備 平成元~6年に表御門・御門橋・平櫓・多聞櫓・太鼓櫓を復元
天守の現況・形態 望楼型 五重五階 鉄筋コンクリート造(外観復元)
主な関連施設 縮景園
主な遺構 本丸、二の丸、石垣、堀
住所 広島県広島市中区基町
問い合わせ先 広島市市民局文化スポーツ部文化財課
問い合わせ先電話番号 082-504-2501