日本100名城

ひろしまじょう

広島城

広島県広島市

別名 : 鯉城[りじょう]

投稿する
広島城
口コミ・画像を投稿する

みんなの写真投稿

投稿する

みんなの口コミ

投稿する

まっつん

【冬とお城】雪の広島城 (2017/01/15 訪問)

これは2年前の写真ですが、この日の朝、カーテンを開けると雪景色。
それを見て「行こう!」という衝動で車を走らせ広島城へ行きました。
ちょうどお休みの日で、ちょうど雪が積もっているタイミングで…っていうのは狙ってできないので、良いものが見れたなと嬉しかったです!

+ 続きを読む

かりのんと

光の祭 (2019/02/10 訪問)

チームラボによる企画の様子です。

+ 続きを読む

+ すべての写真を見る

じゅんじん

15年ぶり (2019/01/12 訪問)

15年ぶりの広島城でしたが厳島→原爆ドーム→広島城 ・・・閉館直後に到着となってしまいました。

+ 続きを読む

+ すべての写真を見る

曲輪姫

鯉城デザインがステキ (2018/12/16 訪問)

寒い雨の中、10城目の広島城へ!
浅野家が作った別邸、縮景園も訪れました。

広島城の入口では、毛利輝元に出会いました。笑
写真撮ればよかったな。。
外からお城をぐるっと見て回ると、石落としがたくさん。福島正則が壊した石垣も確認できました。

広島藩と戊辰戦争の関わりについての特別講義もあり、満喫!

お城がある一帯が、己斐裏(こいのうら)と呼ばれていたことから地名の己斐が鯉になって、広島城も鯉城と呼ばれるようになったそう。
そのお城のデザインがとても素敵。鯉の模様がお城になってる!このデザインのスタンプをあちこち押して、マグネットも買いました。笑
広島東洋カープは、ここからcarp(鯉)を名付けたんですね。

そして、お好み焼きみっちゃんで、お好み焼きと焼き牡蠣を堪能しました♪

+ 続きを読む

+ すべての写真を見る

概要

郡山から広島に本拠を移した毛利輝元が築いた城。聚楽第を模したとされる、内堀に囲まれた巨大な本丸と馬出を兼ねた小さな二の丸が特徴的。天守は望楼型の五重五階の大天守に2基の小天守を連ねた連結式で、原爆による倒壊後、昭和33年(1958)に大天守のみ再建された。

イベント情報

  • 2019年02月16日(土)~2019年04月17日(水)

    広島城

    企画展「お城と城下の花見事情~広島城周辺の桜の名所~」

    桜の木を見ながら食事をしたり、桜の美しさに酔いしれたりと現代人にとっても春の一大風物詩となっているお花見。それは、江戸時代の人々にとっても同じでした。本企画展では、江戸時代の広島城とその城下での桜の名所、花見の様子について、絵図や文書、花見道具などで紹介。また、会期中の日曜・祝日には学芸員による見どころの解説も行われます。開館時間:9:00〜17:00(入館は閉館の30分前まで)/展示解説:①11:00~②14:00~(所要時間各約15分)。観覧料:大人370円、高校生180円、中学生以下無料。

※ 内容は変更となる可能性があります、予めご了承くださいませ。

城郭情報

城地種類 平城
築城年代 天正17年(1589)
築城者 毛利輝元
主要城主 毛利氏、福島氏、浅野氏
文化財史跡区分 国指定史跡
近年の主な復元・整備 平成元~6年に表御門・御門橋・平櫓・多聞櫓・太鼓櫓を復元
天守の現況・形態 望楼型 五重五階 鉄筋コンクリート造(外観復元)
主な関連施設 縮景園
主な遺構 本丸、二の丸、石垣、堀
住所 広島県広島市中区基町
問い合わせ先 広島市市民局文化スポーツ部文化財課
問い合わせ先電話番号 082-504-2501