日本100名城

ひろしまじょう

広島城

広島県広島市

別名 : 鯉城[りじょう]

投稿する
広島城
口コミ・画像を投稿する

みんなの写真投稿

投稿する

みんなの口コミ

投稿する

びーこ

鯉城ならではの・・ (2018/11/09 訪問)

平地であれば歩く距離は気にしないのだが、今回は「歩くのイヤ」という腰痛持ちの友人が一緒ということで、一番楽に行ける方法を調べてみた。広島駅からは「めいぷるーぷ」というバスに乗るのが一番楽なアクセス方法だということが判明。200円で6分乗って6分歩いたら広島城に到着!友人からは何の文句も出なかった。良かった・・
100名城スタンプを押すのはもちろんだが、広島城独自の鯉をあしらったスタンプも忘れずに押して欲しい。もちろんインクは赤である。
天守閣の中は博物館になっていて、原爆投下に関する写真などを見ていると、何とも言えない胸の痛む悲しい気持ちになってしまった。やはり広島は日本人にとって特別な場所なのだなぁ。
秋のお城と言えば、なぜか菊祭りが定番だ。広島城もご多分に漏れず、菊祭り絶賛開催中であった。そしてやはり鯉は外せないアイテムのようだ。菊より目立ってる?

+ 続きを読む

オダリン

中国の覇者 毛利氏の居城 (2012/03/14 訪問)

天守は復元だけれど風格が出てきている。毛利氏よりも改易された福島正則のほうが私は興味がある。原爆で焼けた石垣が残っているのは歴史の一コマであります。私は広島には何十回と来ていますが城目的では5回目になります。

+ 続きを読む

+ すべての写真を見る

Zackt

原爆ドーム見学ついでに

茶色が良い

+ 続きを読む

ぽんたっく土佐守

広島城 (2016/01/10 訪問)

100名城25城目!

+ 続きを読む

概要

郡山から広島に本拠を移した毛利輝元が築いた城。聚楽第を模したとされる、内堀に囲まれた巨大な本丸と馬出を兼ねた小さな二の丸が特徴的。天守は望楼型の五重五階の大天守に2基の小天守を連ねた連結式で、原爆による倒壊後、昭和33年(1958)に大天守のみ再建された。

イベント情報

  • 2019年01月14日(月)~2019年01月14日(月)

    広島城

    新春!江戸時代の富くじ体験

    年末になると多くの人が高額当選を狙って購入する宝くじ。その源流となった「富くじ」を体験できるイベントです。参加者には空くじなしの広島城オリジナル商品がプレゼントされます。開催時間:1回目12:00~13:00、2回目14:30~15:30。参加費:無料(別途天守閣観覧料[大人370円、シニア・高校生180円、中学生以下無料]が必要です)、定員は各回先着50名。

  • 2018年11月03日(土)~2018年12月16日(日)

    広島城

    浅野氏入城400年記念 明治150年記念 企画展「戊辰戦争と広島」

    広島藩は、大政奉還及び王政復古の大号令・小御所会議頃までは政治の中枢部に位置していました。しかし、戊辰戦争を境に次第に新政府から取り残されていきます。戊辰戦争から150年の今年、あまり知られていない戊辰戦争と広島とのかかわりを中心に、当時の歴史を再発見してみましょう。開館時間:(11月)9:00~18:00、(12月)9:00~17:00(いずれも入館は閉館の30分前まで)※12/11、12は休館。観覧料:大人370円、シニア・高校生180円、中学生以下無料。

※ 内容は変更となる可能性があります、予めご了承くださいませ。

城郭情報

城地種類 平城
築城年代 天正17年(1589)
築城者 毛利輝元
主要城主 毛利氏、福島氏、浅野氏
文化財史跡区分 国指定史跡
近年の主な復元・整備 平成元~6年に表御門・御門橋・平櫓・多聞櫓・太鼓櫓を復元
天守の現況・形態 望楼型 五重五階 鉄筋コンクリート造(外観復元)
主な関連施設 縮景園
主な遺構 本丸、二の丸、石垣、堀
住所 広島県広島市中区基町
問い合わせ先 広島市市民局文化スポーツ部文化財課
問い合わせ先電話番号 082-504-2501