日本100名城

ひろしまじょう

広島城

広島県広島市

別名 : 鯉城、当麻城、在間城
旧国名 : 安芸

投稿する
広島城
口コミ・画像を投稿する

みんなの写真投稿

投稿する

みんなの口コミ

投稿する

おぢさん

堀と天守閣 (2012/04/28 訪問)

堀の水面に写った、天守閣が美しかったです

+ 続きを読む

ホリタカ

平日ガラガラでラッキー (2022/05/31 訪問)

出張ついでに寄りました。平日の真昼だったので、観光客はまばら。落ち着いて回れました。

+ 続きを読む

朝田 辰兵衛

ヒロシマ・モナムール (2019/11/24 訪問)

G7サミット広島開催決定,おめでとうございます。人類の生存をおびやかしている世界情勢に憂いており,いち早く平和の連帯の強化を祈る昨今です。何かしら,平和宣言的なものが発せられることを願います。

BGMは…「ヒロシマ・モナムール/アルカトラス」でした。

+ 続きを読む

+ すべての写真を見る

彩の国武蔵野守

鯉城 (2021/06/21 訪問)

名古屋城、岡山城と日本三大平城とされています。
毛利輝元が築城し福島正則が増築し、そして浅野家の居城となった広島城。
鯉城と呼ばれる、広島「カープ」の由来でもあります。

+ 続きを読む

概要

郡山から広島に本拠を移した毛利輝元が築いた城。聚楽第を模したとされる、内堀に囲まれた巨大な本丸と馬出を兼ねた小さな二の丸が特徴的。天守は望楼型の五重五階の大天守に2基の小天守を連ねた連結式で、原爆による倒壊後、昭和33年(1958)に大天守のみ再建された。

城郭情報

城地種類 輪郭式平城
築城年代 天正17年(1589)
築城者 毛利輝元
主要城主 毛利氏、浅野氏、福島氏
文化財史跡区分 国史跡(広島城跡)
近年の主な復元・整備 福島正則
天守の現況・形態 複合連結式望楼型[5重5階/1599年築/焼失(空襲)]、複合連結式望楼型[5重5階/1958年再/SRC造外観復元]
主な関連施設 大天守、平櫓、多聞櫓、太鼓櫓、表御門、石碑、説明板
主な遺構 曲輪、石垣、横堀(水堀)
住所 広島県広島市中区基町
問い合わせ先 広島市市民局文化スポーツ部文化財課
問い合わせ先電話番号 082-504-2501