日本100名城

つやまじょう

津山城

岡山県津山市

別名 : 鶴山城
旧国名 : 美作

投稿する
津山城
口コミ・画像を投稿する

みんなの写真投稿

投稿する

みんなの口コミ

投稿する

侍ホリタン

2022年春、桜の名城を訪ねて① (2022/04/02 訪問)

桜本数1000本、訪問時は城内にて桜祭り期間中でした。三の丸跡にてご当地グルメが安く提供されていました。本丸から見る桜の景色はまるで桜のじゅうたんの上に浮かんでいる様でした。

+ 続きを読む

+ すべての写真を見る

Kimoくん

岡山県お城巡り2日目 (2022/08/26 訪問)

岡山駅前から1時間とちょっとのドライブで津山に到着。お城周辺に駐車場は何ヵ所かありますが観光センターPをおすすめします。かつて「鶴山」と呼ばれた小高い山の山頂を削ったところにある本丸を西と南から二の丸と三の丸が囲む形に配置されており、高石垣とともに多くの門や櫓が城域に存在した姿は古写真で見るとなかなか圧巻。訪問時は本丸東側の一体が工事中でした。発掘調査は現在も進められているようで新たな成果の発表や備中櫓以外の建築物(多聞櫓や天守)の再建があると素晴らしいですね。

+ 続きを読む

+ すべての写真を見る

りあそーる

でかい。

広い。見晴らしが凄く良い。お城の事は皆さん書いてらっしゃるので、せっかくなので津山の街並みも散策しましょう。街並みも外敵の侵入を想定していますよ。資料館には浦上宗景書状もあります。少し足を延ばしてB’zの稲葉さんのご実家を見たり、ホルモンうどんを食べるのもいいですね!

+ 続きを読む

カズサン

備中櫓復元され最初の探訪 (2006/11/05 訪問)

 備中櫓は平成14年復元工事着工から平成17年3月に完成、同じく平成18年には備中櫓の西隣、天守台の南側の太鼓塀が完成して居り、16年前の平成18年11月上旬訪ねました。
 車は南側の観光案内施設前の駐車場に駐めて登城を開始。

 二の丸下からまだまだ真新しい白漆喰仕上げの備中櫓を見上げて鑑賞、撮影、本丸に登り備中櫓を眺めて、櫓に登り室内鑑賞、畳と柱の匂いが香しい。
 天守閣南側、備中櫓の西隣に太鼓塀が新しく復元されていた、復元櫓、塀を見学の後本丸、天守台、二の丸周りの石垣も堪能して約1時間程を津山城で過ごす。
 
 その後も桜の時期を始め何度か訪ねて居ります、天守閣が復元されると良いですね、明治初年の写真も多く残って居り資料は十分だと思うのですが、大いに期待したい処です。
  

+ 続きを読む

+ すべての写真を見る

概要

関ヶ原合戦の後、森蘭丸の弟・忠政が13年間費やして築いた平山城。建物の遺構はないが、本丸・二の丸・三の丸を雛壇状に配した「一二三段」と呼ばれる高石垣の重なりが圧巻。枡形の城門や折が多い石垣など防御性が高く、城の守りを固めていた櫓の中でも巨大な備中櫓が平成17年に復元されている。

城郭情報

城地種類 梯郭式平山城
築城年代 嘉吉元年(1441)
築城者 山名忠政
主要城主 山名氏、森氏、松平氏
文化財史跡区分 国史跡(津山城跡)
近年の主な復元・整備 森忠政
天守の現況・形態 独立式層塔型[4重5階地下1階/1616年築/破却(廃城令)]
主な関連施設 備中櫓、塀、石碑、説明板
主な遺構 曲輪、石垣、横堀
住所 岡山県津山市山下
問い合わせ先 津山市教育委員会生涯学習部文化課
問い合わせ先電話番号 0868-24-8413