はなわじょう

塙城

茨城県稲敷郡


旧国名 : 常陸

投稿する
東木戸辺り桜、左上が北郭方面
口コミ・画像を投稿する

みんなの写真投稿

投稿する

みんなの口コミ

投稿する

カズサン

北郭土塁堀群 (2019/04/13 訪問)

 先の本城域曲輪群に続き投稿させて頂きます。
 本城域搦手口? 東門より北に塙城を北側から撮影しようと少し北へ、そこに北郭出入口木標有り、軽自動車が通れる様な草原道を道なりに北、北東へ登と土塁虎口、白い横板の順路板に従い進むと境界石へ、そこを左へ土塁、堀群に進む二重の堀、土塁の中に迷ったように入り込む、堀土塁を堪能、竹林が多く見通しはあまりよく無い順路板に従い登り北郭の別の出入り口に出る、こちらが君原公民館から頂いた本来の北郭出入口です。
 そこを曲輪沿いに下りもう一つの木戸東木戸辺りに出る、時期は春桜満開菜の花が東木戸辺りに綺麗に咲き美しき情景、村落群眺め本城域西側の切岸を眺め元の塙城登城口出入り口にたどり着き君原公民館へ到着、約2時間、公民館スタッフにお礼をする。
 念願かなって桜満開佳き日に登城する事が出来ました皆さんの情報に感謝申し上げます。

+ 続きを読む

+ すべての写真を見る

カズサン

本城域曲輪群 (2019/04/13 訪問)

 以前から是非探訪したいと思い続けていた城跡です。
 約8年前に学研の戦国の城を購入し塙城を知りました、西股総生氏の寄稿、香川元太郎氏の復元鳥瞰図を拝見させていただきこんな城が有ったのかと驚き何時か探訪願望が芽生え今回実現しました。
 前夜から車を飛ばし途中PAで仮眠し8時半、君原小学校の隣君原公民館の駐車場に留めさせて頂きました、公民館も開いて居りスタッフの方に塙城の資料、城跡探査案内図、導入路の案内も戴き、館内に在る塙城の資料コーナーも拝見し且つ保存会の方の紹介を打診されたのですが他の城を巡る時間も有り、保存会勉強会、後援会の資料が有ったら送って頂けるとの事で住所、氏名を渡し後日の楽しみとしました。
 君原公民館のスタッフの皆さんありがとうございました。

 投稿は城びとの諸先達の方々にて沢山御座いますので探訪ルートは頂いた順路図に従って歩き順路白看板が大変役に立ちました、歩けるように保全管理され助かります、南東の君原公民館口から入りⅡ曲輪下、Ⅱ曲輪、Ⅰ曲輪、Ⅰ曲輪西下、Ⅰ曲輪北諸曲輪経て搦手?東木戸口へ・・少し北へ北郭曲輪群へ進む。

 竹林、杉林が多く見通し良い写真が撮れませんでしたがご容赦ください北郭合わせ2時間滞在させて貰いました誰もいなくなった一人独占状態に大満足、もう少しポイントポイントに説明文、絵図、写真を合わせた立看板が有っると有難いのですが、兎に角保存会の方々に感謝申し上げます。

+ 続きを読む

+ すべての写真を見る

にのまる

土の魅力。 (2019/04/01 訪問)

木原城から徒歩で向かいましたが、ずっと里山の風景が広がり、長閑でほんとに気持ちのいいお散歩でした。気候がよかったのが大きいですが、リフレッシュできて、今思い出しても爽やかな気持ちになれます♪

そして辿り着いた塙城。
投稿用に選んだ10枚の写真を並べてみると見事に茶色一色のただの土の写真ですが、全部、“すごーい!”って感動したところです。
築城主も築城年も不明(土岐氏の改修と考えられる)とのことですが、きっと現役時代からメンテナンスを欠かさず、役割を終えてからもずっと大事に守ってこられたのだろうなぁとしみじみ思いました。

入口のところから、1→2→3…と道順が示されているので、小心者の女子でも安心して踏み込めます。横堀に土橋、切岸もとても形良く残っていました。
道順どおりに二の丸に進むと稲荷神社があり、横矢掛け仕様の土塁が巡っていました。
そしてそこに〈 ③ は 〉という謎の看板が立っていたのですが、これは全部見つけて繋げて読むと言葉が完成する的なあれでしょうか?
長細い舌状台地を奥へと進むと本丸。ここにあったのは〈 ⑧ よ 〉。見つけた看板はこの2枚だけでしたが、もう完成するのは【はなわじょう】だという気しかしません。

見どころがぎゅっと詰まっていて、道順の矢印も、城址碑も、遺構の説明板も、謎の看板も、全て手づくりの温かい城址でした。


※城びとサイト、マイナーチェンジした感じですが、私のPCでは城ピン📌正常です。

+ 続きを読む

+ すべての写真を見る

刑部

良さそうな城址 (2019/03/07 訪問)

残念ながら雨が強くなってきたので入口まで、もっとお天気いい時に今度来たいと思います。

+ 続きを読む

城郭情報

分類・構造 丘城
築城主 不明
築城年 不明
主な改修者 土岐氏
主な城主 館野氏?、土岐氏
遺構 曲輪、堀切、帯曲輪、土塁、横堀(空堀)
再建造物 説明板
住所 茨城県稲敷郡阿見町塙