日本100名城 現存12天守

びっちゅうまつやまじょう

備中松山城

岡山県高梁市

別名 : -

投稿する
備中松山城
口コミ・画像を投稿する

みんなの写真投稿

投稿する

みんなの口コミ

投稿する

がっくん

リベンジ果たせた (2014/05/02 訪問)

95年に初めて登城した時に大手門跡辺りの石に圧倒されてしまった。 その時は時間外であったため天守内に入れなかった為、19年越しのリベンジ。 車で行けたのに、シャトルバス方式に変わっていてビックリ。 時間とお金節約と意地のため、駐車場からの徒歩を選択。 竹田城跡もそうだが、ブームによる遺構荒れが懸念されるなぁ。 あと、個人的だが人が多いと写真撮るの大変・・・
とにかく好きな城なので今度は大松山・天神丸の方も巡ってみたい。

+ 続きを読む

+ すべての写真を見る

朝田 辰兵衛

【家×お城】とりの子さん クイズ解答 (2017/08/27 訪問)

とりの子さんクイズ,解答させていただきます。
第2弾マニアックですね~!
①京都タワーでどこまで眺望できるのかわかりません…。関西系なので,まーやんさん,どうですか?
②屋島城[香川県高松市](←シブイとこきましたネ。ホントに10代?)

第1弾も解答されていないようなので…
①備中松山城

おぢさんは疲れました…<笑>。

+ 続きを読む

てるたろう

要衝に棲む臥牛の天守 (2018/07/01 訪問)

第一次山陽道攻め

+ 続きを読む

+ すべての写真を見る

城とら

現存天守閣備中松山城その2 (2011/10/28 訪問)

まだネコ城主様が居なかった時の備中松山城です

+ 続きを読む

+ すべての写真を見る

概要

13世紀中頃に築かれた山城を、江戸時代に小堀氏が近世城郭へと大改修。標高430mの小松山山頂に建つ二重二階の天守は日本で最も高所に位置し、山城に現存する唯一の天守でもある。階段状に配された曲輪は強固な高石垣を防御線とし、なかでも大手門跡北側の岩盤上に築かれた高石垣が目を引く。

城郭情報

城地種類 山城
築城年代 延応2年(1240)、慶長10年(1605)ころ、天和元年(1681)
築城者 秋庭重信、小堀遠州(政一)、水谷勝宗
主要城主 秋庭氏、高橋氏、上野氏、庄氏、三村氏、毛利氏、小堀氏、池田氏、水谷氏、安藤氏、石川氏、板倉氏
文化財史跡区分 国指定史跡、重要文化財3件
近年の主な復元・整備 平成9年に本丸の復元整備(櫓2基、門4棟、土塀)、平成15年に天守および二重櫓保存修理
天守の現況・形態 層塔型 二重二階 木造(現存)
主な関連施設 御根小屋跡、頼久寺庭園、高梁市歴史美術館、武家屋敷
主な遺構 天守、本丸二重櫓、三の平櫓東土塀、本丸、二の丸、三の丸、石垣
住所 岡山県高梁市内山下1
問い合わせ先 備中松山城
問い合わせ先電話番号 0866-22-1487