日本100名城 現存12天守

びっちゅうまつやまじょう

備中松山城

岡山県高梁市

別名 : -

投稿する
備中松山城
口コミ・画像を投稿する

みんなの写真投稿

投稿する

みんなの口コミ

投稿する

todo94

リニューアル城カード2枚目ゲット (2020/09/19 訪問)

献血ルームひえづに向かう前に備中松山城に立ち寄っていきました。目的は城カードのゲットです。4連休初日と云うことで、鞴峠行きのシャトルバス乗り場には長蛇の列ができていましたので、駐車場から徒歩で登城しました。城カードは300円のリニューアルバージョン。さんじゅーろーさまにも会うことができました。

+ 続きを読む

昌官忠

クラブツーリズム山陰山陽100名城制覇 (2019/03/12 訪問)

羽田空港➡岡山空港➡高梁観光センターへ、ここでマイクロバスに乗換、「ふいご峠」から徒歩30分かけて山道を登り、備中松山城の天守に向かうルートでした。100名城スタンプは入場券売場にあります。100円のクリアファイル購入しました。
備中松山城は今回2回目の攻城です。1回目は別のクラブツーリズムツアー(攻城時の資料が見つかりませんが確か姫路城とのセットだったと記憶しています)で息子と二人で2018/06/17に攻城。この時の写真が残っていました。
2回目が今回なのですが、1回目で小松山城跡を見学していたので添乗員さんにお願いして、一人単独行動で大松山城跡を見学しました。
小松山城跡の現存建物は天守、二重櫓、一部の土塀で、五の平櫓、六の平櫓や城門は復元されたものです。自分は大手門跡付近にある岩盤と一体となった石垣が好きです。確かNHKの大河ドラマ「真田丸」のオープニング?に使用されたと記憶しています。間違っていたなら、すみません。
本丸から北に向かうと「土橋」とかかれた所があり、堀切に木橋が架かっています。ここが「水の手」で、ここから先に進むと大松山城跡に行けます。
大松山城跡のお見所は大堀切と大池です。攻城時、大松山城跡周辺で整備作業をされていましたので邪魔にならないように見学。
添乗員さんに「ふいご峠」での集合時間に遅れないように言われていましたので、駆け足での攻城でした。攻城時間は90分くらいだったと思います。
できれば、もう一度攻城し、「雲海」を見てみたいです。写真は1回目と2回目を併せて投稿します。

+ 続きを読む

+ すべての写真を見る

ぴろちゃん

やっと登城できました (2020/09/21 訪問)

涼しくなってきたので、御城印もいただきに登城しました。日頃の運動不足も頑張りました。城主様にもきちんとご挨拶しましたよ。

+ 続きを読む

昌官忠

100名城制覇 (2019/03/12 訪問)

2018/6/17と2019/3/12の二度、攻城しています。こじんまりした二重二階の現存天守もいいですが、大松山城跡も素晴らしいです。

+ 続きを読む

概要

13世紀中頃に築かれた山城を、江戸時代に小堀氏が近世城郭へと大改修。標高430mの小松山山頂に建つ二重二階の天守は日本で最も高所に位置し、山城に現存する唯一の天守でもある。階段状に配された曲輪は強固な高石垣を防御線とし、なかでも大手門跡北側の岩盤上に築かれた高石垣が目を引く。

城郭情報

城地種類 山城
築城年代 延応2年(1240)、慶長10年(1605)ころ、天和元年(1681)
築城者 秋庭重信、小堀遠州(政一)、水谷勝宗
主要城主 秋庭氏、高橋氏、上野氏、庄氏、三村氏、毛利氏、小堀氏、池田氏、水谷氏、安藤氏、石川氏、板倉氏
文化財史跡区分 国指定史跡、重要文化財3件
近年の主な復元・整備 平成9年に本丸の復元整備(櫓2基、門4棟、土塀)、平成15年に天守および二重櫓保存修理
天守の現況・形態 層塔型 二重二階 木造(現存)
主な関連施設 御根小屋跡、頼久寺庭園、高梁市歴史美術館、武家屋敷
主な遺構 天守、本丸二重櫓、三の平櫓東土塀、本丸、二の丸、三の丸、石垣
住所 岡山県高梁市内山下1
問い合わせ先 備中松山城
問い合わせ先電話番号 0866-22-1487