日本100名城 現存12天守

びっちゅうまつやまじょう

備中松山城

岡山県高梁市

別名 : 高梁城
旧国名 : 備中

投稿する
備中松山城
口コミ・画像を投稿する

みんなの写真投稿

投稿する

みんなの口コミ

投稿する

虎の子

城への交通手段実践レポート (2023/05/16 訪問)

※鬼ノ城、備中高松城と共に登城

6:07品川(新幹線)、9:09,9:29岡山(JR)、9:59服部 
 ※服部駅からタクシー2時間貸切(旅行支援キャンペーンで半額利用でした)
  鬼ノ城(散策50分)、足守陣屋、蛙が鼻堤防跡(備中高松城遺構)を経て備中高松城跡までで2時間。

 鬼ノ城(百名城スタンプ 鬼ノ城ビジターセンター9:00-16:30月休)

 足守陣屋
  ※足守藩木下家(豊臣秀吉の家系)の陣屋
  ※明治まで存続し、庭園「近水園(おみずえん)」と数奇屋建築の吟風閣が現存

 備中高松城(続百名城スタンプ 城址公園史料館10:00-15:00月休)
  ※蛙が鼻堤防跡は水攻めの際に築いた堤防の一部(資料館から徒歩14分)
  ※資料館が隣に建替え中でオープン間近でした

13:25(資料館から徒歩10分)備中高松(JR)、13:42,13:49総社(JR)、14:14備中高梁
  駅観光案内所(乗合タクシー800円事前予約要)、14:30ふいご峠
 (徒歩20分)備中松山城(百名城スタンプ 券売所9:00-16:30)
  ※以前は麓から登場したのですが、今回のふいご峠からだとらくちんです
  ※城主さんじゅうろう(猫)は二の丸で出迎えてくれました
  ※天守内で映画の撮影をしていました(岡山出身の俳優さんが演じてました)

16:10ぶいご峠(乗合タクシー)、16:20,16:56備中高梁(JR)、17:58,18:10岡山(JR)、19:39津山

 泊:津山城付近のホテルに泊
   ※ホテルの窓から津山城のライトアップが見えました

+ 続きを読む

+ すべての写真を見る

シャンシャン

猫城主に年始のご挨拶 (2024/01/06 訪問)

2024年の初攻城は猫城主のさんじゅーろーがいる備中松山城へ。
よくぞこんな山の上に、立派な石垣や小振りながらも天守や櫓を造ったものだと感心する。
やっぱり木造の現存天守はいいよね。
さんじゅーろーは寒さのせいか、受付の布団からなかなか出てきてくれずちと残念(^^;

+ 続きを読む

+ すべての写真を見る

くうくう

よく冷えた朝には幻想的な雲海に包まれる天空の山城

古くは鎌倉期に秋庭氏が城を築いたが、戦国期に三村元親が整備した。山城で標高430m臥牛山頂上に2層2階の現存天守が建つ。付櫓が附属する複合式望楼型天守。大手門付近から尾根に連続してそそり立つ石垣は迫力がある。変わったところでは三の平櫓東土塀が現存の土塀ということで国重文指定を受けている。忘れずにチェックしたい。

+ 続きを読む

ぴちょまる

備中松山城 (2023/11/14 訪問)

現存天守のうち、唯一の山城だけあって、一番登城するにもキツい城でした。
車で登れるふいご峠も、すれ違いのできない細い道なので、基本ピオーネ交通か備北タクシーを利用することになります。
乗り合いタクシー利用する場合は前日の17:00までに予約が必要なので、注意を。
これを知らずに高梁に行ったのですが、個人でも心良く送迎してくれます。
下るときも、車の空き状況次第ではあるものの、15分程度で迎えに来てくれるので、時間を気にしないで廻りたい人は
乗り合いを利用しない方が良いかも。
観光案内所では、40分もあれば主要なところは見て回れますよ、と言われたけども、結局200分ぐらいは居たので。

真田丸のOPにも利用された大手門辺りの巨岩を利用した石垣、現存する土塀、10箇所ほどある櫓跡(全て石垣)、現存天守に
猫城主さんじゅーろー、複雑な巨岩の上に建つ現存二重櫓など見どころは多い上に、更に奥地には、鎌倉時代の大松山城跡もある。
今回は現存天守が目的だったので諦めました…

+ 続きを読む

+ すべての写真を見る

概要

13世紀中頃に築かれた山城を、江戸時代に小堀氏が近世城郭へと大改修。標高430mの小松山山頂に建つ二重二階の天守は日本で最も高所に位置し、山城に現存する唯一の天守でもある。階段状に配された曲輪は強固な高石垣を防御線とし、なかでも大手門跡北側の岩盤上に築かれた高石垣が目を引く。

城郭情報

城地種類 連郭式山城
築城年代 仁治元年(1240)
築城者 秋庭重信
主要城主 秋庭氏、上野氏、庄氏、三村氏、小堀氏、池田氏、水谷氏、安藤氏、石川氏、板倉氏
文化財史跡区分 国重要文化財(天守、二重櫓、土塀)、国史跡(備中松山城跡)、県史跡(備中松山城御根小屋跡)
近年の主な復元・整備 高橋宗康、三村元親、水谷勝宗
天守の現況・形態 複合式望楼型[2重2階/1600年頃築?・1681年改/現存]
主な関連施設 櫓、門、塀、石碑、説明板
主な遺構 曲輪、天守、櫓、石垣、土塁、塀
住所 岡山県高梁市内山下1
問い合わせ先 備中松山城
問い合わせ先電話番号 0866-22-1487