日本100名城

たかとりじょう

高取城

奈良県高市郡

別名 : 芙蓉城[ふようじょう]

投稿する
高取城
口コミ・画像を投稿する

みんなの写真投稿

投稿する

みんなの口コミ

投稿する

エグ1394

壺阪寺 (2020/02/19 訪問)

壺阪寺へ行ってきました。
目の病にきくお寺です。
高取芙蓉城の御朱印を購入しました。
高取町観光協会夢創館で高取城の御城印を購入しました。

+ 続きを読む

+ すべての写真を見る

こげら

戦国最強の城、高取城制覇! (2019/12/13 訪問)

3代山城のうち最後に残った戦国最強の城、高取城を制覇しました。
まずは壷阪寺にお参りし、寺から壺阪口門まで徒歩で35分、そこからいよいよ高取城攻めに。するといきなりの石垣群、大手門跡、ニの丸跡を経て本丸跡まで20分、次から次に出てくる石垣群に圧倒されます。
帰りは、本丸跡から千早門跡、宇陀門跡、松の門跡、矢場門跡と下り、途中国見櫓跡に寄って大和平野から大阪方面までの絶景に感激!
最後は、ニノ門跡、水堀、猿石を見て土佐街道を駅まで、本丸跡から1時間30分、途中本丸跡での休憩もいれ正味3時間の歩きでしたが、実に内容の濃い城攻めとなりました。

+ 続きを読む

街道おじさん

高取城登城 (2019/11/15 訪問)

ようやく念願の高取城に登城出来た。
期待通りの素晴らしい石垣だった。
紅葉が実に色鮮やか。

+ 続きを読む

+ すべての写真を見る

コバトン

壮大な石垣群を誇る最強の山城 (2019/10/27 訪問)

壺阪寺のバス停から入口まで歩いて40分、そこから山道をさらに20分くらい。壮大な石垣群が見えてくる。豊臣秀長の大和支配時に本多氏によって近世城郭として整備されたが、明治時代に取り壊されて今は石垣が残るのみである。しかしながらこの石垣群は圧巻の一言。近世の山城としては類を見ない規模で至る所に櫓跡と石垣による虎口があり、山頂の地形も相まって難攻不落と思われる。盛んに最強の城というフレーズが出てくるが、それも頷ける要塞っぷり。オーバースペックな気もするが、これは大阪防衛の最終ラインを考えてのことか、不穏な寺社勢力に目を光らせるめか。秀長の兄秀吉への想いも感じる。

+ 続きを読む

+ すべての写真を見る

概要

奈良飛鳥盆地の南にそびえる標高583mの山頂を中心に築城し、羽柴秀長配下の本多氏によって近世城郭へと仕上げられた。山城は郭内と城内に分けられ、郭内は釘抜門から内側、城内は二の門・壺坂口門・吉野口門より内側を指す。城下の黒門跡からの比高390mは「日本三山城」の名に恥じない眺望だ。天守台の高石垣も必見。

城郭情報

城地種類 山城
築城年代 元弘2年(正慶元、1332)ころ、大正13年(1585)
築城者 越智邦澄、本多利朝
主要城主 越智氏、本多氏、植村氏
文化財史跡区分 国指定史跡
近年の主な復元・整備 平成10年の台風の影響による倒木等を除去。その際、石垣も一部修復された
天守の現況・形態 天守台のみ現存
主な関連施設 -
主な遺構 本丸、二の丸、三の丸、石垣、堀、移築城門
住所 奈良県高市郡高取町高取、上子島、吉野郡大淀町比曽
問い合わせ先 高取町役場
問い合わせ先電話番号 0744-52-3334