日本100名城

たかとりじょう

高取城

奈良県高市郡

別名 : 芙蓉城[ふようじょう]

投稿する
高取城
口コミ・画像を投稿する

みんなの写真投稿

投稿する

みんなの口コミ

投稿する

todo94

3度目の日本100名城スタンプラリー88個目 (2018/11/23 訪問)

本当は麓から歩いて攻める予定だったのだが、たかとり城まつりの開催日に当たっていて観光駐車場はすべて関係者用の駐車場となってしまっていた。仕方なく前回同様、壺坂口に車を回す。大手門跡まで攻め上った後は、猿石まで下る。数々の門跡が連なっていて、このあたりが最強の城に選ばれた理由の1つになるのだろう。山中にこれだけの石垣が残っているのは驚きだ。国見櫓跡にも寄り道をして大和三山を俯瞰する眺望を楽しんだ。天守台が聳える本丸周りは、紅葉が色づいていたが、14年前の2004年11月の高取城の紅葉の美しさには到底及ぶものではなかった。

+ 続きを読む

ブラタヌシ

日本三大山城制覇 (2018/09/22 訪問)

私が好きな戦国武将の藤堂高虎!
石垣が・・・・・良い!

+ 続きを読む

オダリン

立秋の日に秋バージョンで (2008/11/25 訪問)

紅葉がきれいだった。愛犬も一緒に三大山城を攻略した。

+ 続きを読む

+ すべての写真を見る

オダリン

日本三大山城 (2016/08/26 訪問)

石垣が非常に美しい。天守台の高石垣は必見です。建物がなくても石垣だけの方がいいが維持整備が大変だ。

+ 続きを読む

+ すべての写真を見る

概要

奈良飛鳥盆地の南にそびえる標高583mの山頂を中心に築城し、羽柴秀長配下の本多氏によって近世城郭へと仕上げられた。山城は郭内と城内に分けられ、郭内は釘抜門から内側、城内は二の門・壺坂口門・吉野口門より内側を指す。城下の黒門跡からの比高390mは「日本三山城」の名に恥じない眺望だ。天守台の高石垣も必見。

城郭情報

城地種類 山城
築城年代 元弘2年(正慶元、1332)ころ、大正13年(1585)
築城者 越智邦澄、本多利朝
主要城主 越智氏、本多氏、植村氏
文化財史跡区分 国指定史跡
近年の主な復元・整備 平成10年の台風の影響による倒木等を除去。その際、石垣も一部修復された
天守の現況・形態 天守台のみ現存
主な関連施設 -
主な遺構 本丸、二の丸、三の丸、石垣、堀、移築城門
住所 奈良県高市郡高取町高取、上子島、吉野郡大淀町比曽
問い合わせ先 高取町役場
問い合わせ先電話番号 0744-52-3334