日本100名城

たかとりじょう

高取城

奈良県高市郡

別名 : 芙蓉城[ふようじょう]

投稿する
高取城
口コミ・画像を投稿する

みんなの写真投稿

投稿する

みんなの口コミ

投稿する

橋吉

高取城 (2008/06/14 訪問)

登り口は2カ所あります。無創館まえの道を通っていくと宗泉寺あたりから約1時間歩くことになります。壺阪寺から細い山道を登っていくと本丸まで5分くらいのところまで車で行けます(道は細いです)。

+ 続きを読む

moon

途中の道中ずっと不安 (2019/07/02 訪問)

途中の車を停められるスペースに車を停めて登城したのですが、そこに着くまでも、こんな場所にあるの?と不安。駐車スペースに着いても本当に大丈夫?と不安、看板見ても本当に?と不安、登り始めても獣道にやっぱり不安、ずっと不安でした。本丸に着くまでとても辛い登りが続き、安土城も登城が辛かったですが、高取城!最強の山城!やはり最強でした。ドンドン登り本丸に着き、手付かずのその素晴らしさに本当に感激しました。その日は雨上がり、平日、雨が今にも降りそうと、城跡には主人と二人きり。素敵な時間を過ごさせていただきました。登りから下山まで一時間半ほどお手洗いは駐車スペースの側に有りましたが…女性には…。舗装道路の方ではなく獣道を選んだので、これからの時期は虫除けスプレーや薄手の長袖が良いかと。石垣をバックに自撮りをして観光案内所に見せに行くと、カードをプレゼントしていただけますょ。

+ 続きを読む

くろもり

巽高取 雪かと見れば (2015/12/05 訪問)

山上の八幡神社近くの県道119号線の路肩に4~5台が止まれるスペースがあったので、駐車して登城しました。道も狭いし、駐車できる所も道が斜めになっていたので運転に自信がない方にはあまりおすすめできません。

高取町観光ガイドのページには以下のように書かれていました。

アクセス4:車→高取城
高取城へは、県道がございますが、お城まで入城することができません。また、多くの交通量を捌けるような道ではなく、離合が大変な場所もあります。
また、城周辺に駐車場といったものがございません。

↑で「離合」て単語が出てきましたが、おそらく九州から関西まででしか通じない言葉だと思います。三重出身の妻に聞いても「聞いたことない」と言ってました。車のすれ違いのことで読みは「りごう」です。

お城は本当に素晴らしいの一言です。城下(壺阪山駅)と本丸との比高差が400m以上あるにもかかわらず、大量の石を山中の石垣に使用しています。二の門跡付近には水堀もありますが、比高差は300m以上あり、この比高差で水堀があるのかと驚愕しました。また、本丸からは吉野方面の眺め、国見櫓跡からは「高取の城下町」・「大和三山」・「信貴山」・「生駒山」・「奈良盆地」に加え、大阪のビル群も見ることができ、「あべのハルカス」も見える眺望絶佳でした。「じゅんじんさん」や「にのまるさん」の投稿の通り、瓦の破片が落ちており、「巽高取 雪かと見れば 雪ではござらぬ 土佐(高取の旧名)の城(高取の南東 雪に見えたが あれは雪ではない 白く見えるのは高取城の漆喰の壁や櫓だ)」と呼ばれた通り、たくさんの櫓があったのだろうなと実感できました。※もちろん瓦の収集はしておりません!w

主郭近くの石垣は整備されていますが、松ノ門から二ノ門付近の石垣は崩落している箇所も多かったので、散策にはスニーカー以上の靴が必須だと思います。

司馬遼太郎先生は高取城を「石垣しか残っていないのが、かえって蒼古(そうこ)としていい。」と評したそうですが、本当にその通りの素晴らしい城でした。

今回は車での訪問だったので、次回は城下から歩いて登城したい城です。

+ 続きを読む

+ すべての写真を見る

たかさん

石垣の雄大さ (2019/05/25 訪問)

壷阪寺に参拝後、寺の駐車場から約1時間ぐらいハイキングコースを歩いて登城。
先週行った備中松山城同様、こんな山の上にお城を築いた先人は凄い。
天守閣等の建物は現存していないが、残った石垣の精巧さで十分お城の偉大さが分かる。
ただ、夏に向かって登城する際には、万全の暑さ対策が必要かも。
水分補給しようにも山道になってから自販機は無いですよ。

+ 続きを読む

概要

奈良飛鳥盆地の南にそびえる標高583mの山頂を中心に築城し、羽柴秀長配下の本多氏によって近世城郭へと仕上げられた。山城は郭内と城内に分けられ、郭内は釘抜門から内側、城内は二の門・壺坂口門・吉野口門より内側を指す。城下の黒門跡からの比高390mは「日本三山城」の名に恥じない眺望だ。天守台の高石垣も必見。

城郭情報

城地種類 山城
築城年代 元弘2年(正慶元、1332)ころ、大正13年(1585)
築城者 越智邦澄、本多利朝
主要城主 越智氏、本多氏、植村氏
文化財史跡区分 国指定史跡
近年の主な復元・整備 平成10年の台風の影響による倒木等を除去。その際、石垣も一部修復された
天守の現況・形態 天守台のみ現存
主な関連施設 -
主な遺構 本丸、二の丸、三の丸、石垣、堀、移築城門
住所 奈良県高市郡高取町高取、上子島、吉野郡大淀町比曽
問い合わせ先 高取町役場
問い合わせ先電話番号 0744-52-3334