日本100名城

あづちじょう

安土城

滋賀県近江八幡市


旧国名 : 近江

投稿する
安土城
口コミ・画像を投稿する

みんなの写真投稿

投稿する

みんなの口コミ

投稿する

牛若丸

さすが信長 (2020/09/22 訪問)

昨年の9月に訪れました。
天守まで続く石段、随所に見られる石垣など「さすが信長」とうならせる見事な石のお城でした。
天守台は思ったほど広くなかったです。ただ、天守台から見る琵琶湖は絶景でした。
天守まで続く石段はかなりハードです!

+ 続きを読む

+ すべての写真を見る

うっちー信繫

信長公記から見た安土城天主とは?

信長公記とは. 織田信長の側近である太田牛一が織田信長に仕えているときのことを書いた日記みたいなものです。
この信長公記から安土城の天主(天守)を読み取っていきましょう!

高さ22メートル程の石蔵の内側を土蔵として使い.それを一階とした.
七階まである.
二階は石蔵の上。
全体は南北約36メートル 東西約31メートル 高さ約30メートル
柱の数は204本
本柱の長さは約14メートル太さは40センチくらいの木材
座敷の内壁にはすべて布を張り.黒漆を塗った.
狩野永徳に壁絵を描かせ.下階から上階まで絵が描いてあるところには金を用いた。
2階には梅の墨絵があり.つけ書院には煙寺晩鐘の景色を描かせた.
四畳敷には棚に鳩の絵.十二畳敷は鵞鳥を描かせたので鵞鳥の間という。
八畳敷は食膳を整えるところ。
納戸は7つあり.この下に金燈龍が置いてある.
三階には花鳥を描かせた花鳥の間.一段高く造られ同じく花鳥の絵がある御座の間がある.
八畳敷は賢人の間といわれる。瓢箪から駒が出る描かれている。ちょうど門の上にあたる
仙人と宰相の絵が描かかれている。
北にある二十畳敷には牧場と馬が描かかれている.
次いで十二畳敷は西王母の絵がある.西には絵がある.
三階の柱の数は146本
四階の十二畳敷には岩の絵があるので岩の間という。
その西の八畳敷には龍虎が戦う絵がある.
南の十二畳敷には竹だけいろいろ描かかせたので竹の間という。
東の八畳敷は桐に鳳凰を描かせた。
北に十二畳敷。ここに絵はない
次いでまたまた十二敷畳。鷹の間という
四階に柱の数は93本
五階に絵はない。
六階は平面八角形である.
最上階は正方形で一辺6メートル(約)。四方の内柱にのぼり龍.くだり龍を描かせた。
最上階の金具は後藤光乗が手掛けた.京都などの金工が補佐した。
大工棟梁は塗師頭刑部.岡部又右衛門.宮西遊左衛門
瓦は唐人の一観に命じ.その指揮下に奈良の工人が焼いた。普請奉行は木村高重。

中川大古訳 太田牛一箸 地図と読む現代語訳 信長公記 kadokawa   をもとにして書きました。
最後まで見てくださりありがとうございます
明日の投稿は 【 ほり を表す漢字 壕 堀 濠........など7文字を比較!なんとそれぞれ使い分けがあった!】
         を投稿!
        お楽しみに!


+ 続きを読む

ひろし

威風堂々 (2021/06/11 訪問)

ようやく安土城に登城してきました。
石垣や礎石しか残っていないのに、あれだけの威容を醸し出しているのは、さすが天下人の居城ですね。
大手道の下から見上げる風景も、天主台から見下ろす風景も素晴らしいものでした。
平日に訪問したので人も少なくとも、のんびりと見て回ることが出来ました。

安土駅前の城郭資料館にも行きましたが、動く1/20模型があってビックリ!
真ん中から割れて、中の構造までしっかり再現されていました。

時間の都合で行けなかったのですが、今度は近くにある信長の館および観音寺城跡にも行ってみたいです。

+ 続きを読む

+ すべての写真を見る

leo_2016

安土城天主復元図

公益財団法人 前田育徳会 尊経閣文庫 様より、部分翻刻の承諾を得ました。

「安土日記等を設計条件とする安土城天主の復元」
構想から四半世紀、作図を始めて約2年掛かって、やっと平面図と立面図がほぼ、完成しました。
未だ、遣る事が沢山有りますが、一先ず公開に漕ぎ着けました。
興味の有る方はご覧下さい。リンクフリーです。
携帯からは観づらいかもしれません。

www.goodfield-design.com

+ 続きを読む

概要

長篠の戦いに勝利した織田信長が築き、近世城郭の祖型とされている城。五重七階の豪壮な天主を建てたが本能寺の変後に焼失し、天守台礎石群と石垣だけが残っている。桝形になっている二の丸下段の虎口や、大手門から山頂に向かう石段の大手道など、信長のこだわりと工夫が随所に見られる。

城郭情報

城地種類 山城
築城年代 天正4年(1576)
築城者 織田信長
主要城主 織田氏、明智氏
文化財史跡区分 国特別史跡(安土城跡)
近年の主な復元・整備 羽柴秀吉
天守の現況・形態 望楼型[地上6階地下1階/1579年築/焼失(火災)]
主な関連施設 一部の石垣、大手道石段、門跡、石碑、説明板
主な遺構 曲輪、天守台、石垣、土塁、横堀
住所 滋賀県近江八幡市安土町下豊浦
問い合わせ先 安土城郭資料館
問い合わせ先電話番号 0748-46-5616