日本100名城

あづちじょう

安土城

滋賀県近江八幡市


旧国名 : 近江

投稿する
安土城
口コミ・画像を投稿する

みんなの写真投稿

投稿する

みんなの口コミ

投稿する

たつのり

60 (2020/11/18 訪問)

2020年秋の城巡りツアーの最終目的地が安土城です。
安土城址は周囲には何もありません。城下町が残らなかったには何故なんだろうとふと思いを馳せました。
駐車場に「無料」と大きく書かれていましたが、歩いて城址へ向かうとお寺から拝観料700円取るというので、同じ有料でも復元模型のある安土城天主信長の館へ向かいました。
ここは原寸大の復元された城とありますが、天主の一部しかありません。
しかし、シアターの映像は素晴らしく、これだけ見ても610円の入館料の価値はあると思います。
城址とこちらの全体でギリ60点です。
やはり、どんどんVR化の方向へ行ってますね。
これからもワクワクするような高揚感を味わっていきたいものです。

+ 続きを読む

+ すべての写真を見る

ねりきり

アプリを捨てよ、城に行こう (2020/11/29 訪問)

安土城郭資料館→レンタサイクル→信長の館→安土城考古博物館→安土城の順で回りました。所要時間はゆっくり回って4時間半でした。


VRアプリを準備して登城しましたが、復元された映像が凄すぎる!あくまでも個人的な意見ですが、自分で想像を膨らませる方が楽しいのでは?と思い、途中からVRを頼らずに短命で神秘的な城をイメージしながら堪能しました。
(⚠️決してアプリを否定する訳ではありません。今後も要所要所で使わせて頂きます🙏)

城の成り立ちを知るほどに、ただただ稚拙な表現で『信長すげー』と凡人の私は呆然としてしまいました。

+ 続きを読む

+ すべての写真を見る

スティクラ

観音寺城跡→安土城考古博物館→信長の館→安土城跡 (2020/12/05 訪問)

観音寺城跡を下山(観音寺城跡の内容は観音寺城に記載してます)後、安土城考古博物館と信長の館を見学(入館料はセットで900円)。どちらも30分程度で見学できる。信長の館をシアタールームでいろいろと上映しているため、もし興味があれば内容と時間を確認していった方が時間短縮になります。

信長の館から徒歩で15分程で安土城へ。下から見上げる大手道は圧巻の一言。これで天守閣が残っていたらどれほど凄いかと想像してしまう。
黒金門跡の石垣が1つ1つどれも大きい。これも信長の権力を示すためにわざとやったのかな。
大手道は石段はキツかったがそれ以降天守跡まで比較的楽に登れた。天守跡は琵琶湖まで一望でき眺めは抜群。焼失しま天守閣の最上階からだと360°のパノラマの景色は凄かっただろう。
天守跡を見た後は現存する三重塔と二王門をみて、羽柴秀吉邸跡を通り終了。
かかった時間は1時間程度。

また来たいと思う城跡でした。

最後に安土駅にある安土城郭資料館で安土城の御城印を購入して帰宅。

+ 続きを読む

+ すべての写真を見る

昌官忠

クラブツーリズム関西2府4県ぐるっと日本100名城完全制覇5日間⑪ (2018/12/05 訪問)

クラブツーリズム関西2府4県ぐるっと日本100名城完全制覇5日間の11城目は安土城です。100名城スタンプは大手道手前の受付窓口で押しました。
織田信長孔が天下統一を目標に天正四年(1676)から天正七年にかけて、丹羽長秀に築城させた平山城です。
真直ぐに伸びた大手道、登城路沿いに配置された家臣団の邸跡や天主跡、黒金門跡、食違い虎口など見所はたくさんあります。
下城時に織田信忠邸跡から裏門跡に廻り、三重塔を見学したのですが、付近で工事をしており、すぐ下の仁王門を見学できず、ちょっと残念でした。攻城時間は90分くらいでした。

+ 続きを読む

+ すべての写真を見る

概要

長篠の戦いに勝利した織田信長が築き、近世城郭の祖型とされている城。五重七階の豪壮な天主を建てたが本能寺の変後に焼失し、天守台礎石群と石垣だけが残っている。桝形になっている二の丸下段の虎口や、大手門から山頂に向かう石段の大手道など、信長のこだわりと工夫が随所に見られる。

城郭情報

城地種類 山城
築城年代 天正4年(1576)
築城者 織田信長
主要城主 織田氏、明智氏
文化財史跡区分 国特別史跡(安土城跡)
近年の主な復元・整備 羽柴秀吉
天守の現況・形態 望楼型[地上6階地下1階/1579年築/焼失(火災)]
主な関連施設 一部の石垣、大手道石段、門跡、石碑、説明板
主な遺構 曲輪、天守台、石垣、土塁、横堀
住所 滋賀県近江八幡市安土町下豊浦
問い合わせ先 安土城郭資料館
問い合わせ先電話番号 0748-46-5616