こがじょう

古河城

茨城県古河市

別名 : 古河御所
旧国名 : 下総

投稿する
福法寺に移築された乾門
口コミ・画像を投稿する

みんなの写真投稿

投稿する

みんなの口コミ

投稿する

赤い城

渡良瀬川に沈んだ城 (2022/09/19 訪問)

古河駅から徒歩で15分くらいで古河歴史博物館に着きます。
この辺りが諏訪曲輪で土塁が残っています。
堀跡も整備されていました。
途中にある福法寺には移築された乾門がありますが形は改変されているそうです。
歴史博物館から近くを歩くとまずは獅子ヶ崎の土塁。
説明板も設置されています。
北に行くと大手門の跡地、さらには頼政神社。
土塁の上に建っています。
本丸や二の丸などの中心部波渡良瀬川の河川敷となり遺構は残っていません。
かつては三重の天守が建っていました。
街中を歩いて遺構ハントが楽しめる城。
古河公方の居城で江戸時代には土井利勝が治めた地です。

+ 続きを読む

+ すべての写真を見る

小笠原秀政 (2022/09/17 訪問)

 渡良瀬川を天然の堀とした関東屈指の名城だと思いますが、河川工事等により遺構がほとんどないのが残念です。古河公方公園から歩いて来ました。本丸跡から獅子ヶ崎の土塁と福法寺の移築門などを見ながら散策しました。

+ 続きを読む

+ すべての写真を見る

肉球

一回りしてみました (2022/08/23 訪問)

大半が河川工事のため消滅しています。が
諏訪曲輪には武家屋敷が残り土塁を確認することが出来ます。
町中にあるお休み処坂長に袖蔵と文庫蔵があり、どちらも中を見学することが出来ます。
画像掲載していませんが福法寺に古河城乾門、正定寺には古河藩江戸下屋敷表門が移築されています。 
お城北西部にあたる観音寺曲輪の土塁も頼政神社付近で確認できます。
ここから本丸跡の案内板まで土手を歩きましたが結構遠く感じました。
案内板の縄張り図を見ると土手脇に建つ住宅は三の丸の東端になるのではと希望的な観測。
そのほか桜町曲輪の獅子ヶ崎土塁、その向かいにある長屋門が見どころです。
加須市内の民家に裏門が移築されていますが道路から撮りました。裏門とはどこの門かは?です。
無料の駐車場も歴史博物館付近にあります。

+ 続きを読む

+ すべての写真を見る

彩の国武蔵野守

本丸跡は歴史博物館に (2020/11/14 訪問)

多くの城跡と同様、建物は残っておらず堀の名残が見られます。
本丸跡に古河歴史博物館が建っていました。

+ 続きを読む

城郭情報

分類・構造 平城
天守構造 独立式層塔型御三階櫓[3重4階/1633年築/破却(廃城令)]
築城主 下河辺行平
築城年 平安時代後期
主な改修者 小笠原秀政、松平康長、土井利勝
主な城主 足利氏、土井氏
遺構 曲輪、土塁、横堀(空堀)
指定文化財 市文化財(旧古河城乾門)
再建造物 石碑、説明板
住所 茨城県古河市中央町
問い合わせ先 古河市役所文化課
問い合わせ先電話番号 0280-22-5111