こがじょう

古河城

茨城県古河市

別名 : 古河御所
旧国名 : 下総

投稿する
口コミ・画像を投稿する

みんなの写真投稿

投稿する

みんなの口コミ

投稿する

🏯城好きのメガネ

「古河城」 (2019/12/29 訪問)

<オススメ>★★☆☆☆
古河城は、徳川家康が関東入りした際に、娘婿である小笠原秀政が入封した。古河城は、東北の外様への備えの一翼を担った。 徳川将軍による日光社参では、岩槻城・古河城・宇都宮城に宿泊した後、日光に入ることを恒例とし、将軍の宿城の一つとしても重要視された。また、藩主が頻繁に交代するが、大老の土井利勝・堀田正俊、老中の永井尚政・松平信之・本多忠良・土井利厚・土井利位など幕政に参画した。特に、土井利勝は、食糧・薪確保のために江戸の家臣の子息たちに桃の種を集めさせ古河に植えさせた。幕末には、勤皇か佐幕かに分かれたが、最終的には勤皇となる。新政府軍に恭順した。現在、旧古河城乾門が移築現存している。

<アクセス>
JR古河駅 徒歩15分

+ 続きを読む

チェブ

車より自転車や徒歩がお薦めです。 (2019/11/16 訪問)

古河公方 足利 成氏さんの「古河城」に行きました。
ナビのゴールは古河歴史博物館です。
駐車場もあり散策開始です。
博物館の正面に「古河城出城諏訪曲輪跡碑」があり、早口言葉の練習が出来ます(笑)
掘は整備してあり、当時の雰囲気はありません。アートチックでした。
「古河城」は渡良瀬川の近くに本丸跡があるそうなので移動しました。
途中、獅子ヶ崎土塁がありました。説明板も2枚あります。フェンスの向こうに高い土塁が見えます。
そのお向かいに家老屋敷の長屋門。
個人宅でお使いのようで表札があるので写真は撮しませんでした。
車を走らせていると、今のは?と「古河城」関連の建築物がありました。
車を路駐して「古河城」関連か調べて駐車場を探す。これ、何ヵ所もあったので、結構大変です。
自転車や徒歩の方が車より機動力がありそうですよ。

+ 続きを読む

古河城バルーン

古河城御三階櫓の遊具です。

+ 続きを読む

BUGTI

洪水に悩まされた城 (2019/08/10 訪問)

渡良瀬川のすぐ脇に城があったのだから、洪水に悩まされるのも当然です。明治になって洪水対策工事で遺構が失われたのは残念。しかし、街の中には至る所に石碑があって、当時を偲ばせてくれます。獅子ヶ崎の土塁と博物館のある諏訪曲輪の土塁・堀跡は見ておくべきです。

+ 続きを読む

城郭情報

分類・構造 平城
天守構造 独立式層塔型御三階櫓[3重4階/1633年築/破却(廃城令)]
築城主 下河辺行平
築城年 平安時代後期
主な改修者 小笠原秀政、松平康長、土井利勝
主な城主 足利氏、土井氏
遺構 曲輪、土塁、横堀(空堀)
指定文化財 市文化財(旧古河城乾門)
再建造物 石碑、説明板
住所 茨城県古河市中央町
問い合わせ先 古河市役所文化課
問い合わせ先電話番号 0280-22-5111