日本100名城

たけだじょう

竹田城

兵庫県朝来市

別名 : 虎臥城[とらふすじょう]

投稿する
竹田城
口コミ・画像を投稿する

みんなの写真投稿

投稿する

みんなの口コミ

投稿する

カニカニ

順路制限の前に巡りました (2013/06/11 訪問)

近隣で車中泊をし、朝一番で登城。
雲海の季節でもないので半日いたが登城者は数人しか見かけませんでした。

大手口前の 【観音寺山城 200m】 の道しるべに誘われ見附櫓跡の石垣下を回り込んでみた。
観音寺山城への道は草木に覆われハチたちがブンブンと飛びまわっているので断念。

大手口の枡形虎口に入る前から、すでに横矢がかかる構造になっている。
北千畳から三の丸と二の丸の横を抜ける花屋敷へ向かう道は、何度も枡形で曲げられ少しずつ登っている。
その枡形も土で覆われ坂になっている場所もあるが、やはり石段になっているようだ。
四角い曲輪の花屋敷は両サイドに石塁が残っているが、向う正面にはそれらしき塁はない。
花屋敷から下へ降りる道は通行止めになっていた(残念!)
石塁には鉄砲狭間があるといわれるが、これが? って感じの凹みがあった。
櫓跡と思われる出角あるが、それほど防御性の高い曲輪とは思えない。
いま来た道を戻りかけて納得。   本丸方面からの攻撃にバッチリさらされる構造になっている。
南千畳へも何度も曲げられ、そのたびに少しずつ下っている。(本丸方面からなので当たり前か)
広く平らな曲輪の石垣には大きくはないが折れがあり横矢がかかる。
城外からの虎口も、北千畳ほどの防御性は高くない。

大手口へ戻り、あらためて二の丸から本丸を目指す。
スロープ状の坂を登った先の本丸への虎口は、櫓台が控えている。
天守台横の急階段を降りると、左右に中仕切り門跡が。
急階段も途中で狭くなっているしスロープ側虎口に比べ、こちら側は厳重。
途中から狭くし敵を登りにくくするだけなら最初から狭くすれば良いのに。
それとも櫓門か埋門的なことになっていたのか?  櫓門からなら天守台に登れそうだが…。
天守台に登ってみると、南北の千畳方向の狭くなった地点に確実に攻撃ができるのが良くわかる。
南千畳側の仕切り門が北千畳側よりも複雑なのは、南側が弱いと考えての事なのか?

登れる櫓台跡は全部登り、立てる石垣の天端には全部立ってみた。
(こんな見学者がいたために順路制限が設けられたのかも、と チョット憂いてます)
城内どこをみても石垣の面が揃っていないし、各曲輪や櫓台の高さも違う。 
死角が無いように計算しつくされた縄張りですね。
思うに、花屋敷と南北の千畳は、敵に占拠されるのは想定内の縄張りなのかも。

竹田城を十分に堪能し南千畳の虎口から下城。
【山名氏・赤松氏、両軍陣没諸霊供養塔】には、太田垣氏の末裔の方々の御名前も刻まれていた。
この地をめぐり多くの血が流され、石垣造りの鉄壁の城が出来たころには平和になるなんて皮肉ですね。

登城当時はまだ順路に制限がなく自由に廻れました。
史跡保存の観点からは仕方がないことかもしれませんが、城好きとしてはとても残念でなりません。

+ 続きを読む

ナツコ

初百名城 (2014/12/03 訪問)

百名城スタンプを集めだした初めてのお城

+ 続きを読む

昌官忠

100名城制覇 (2018/12/03 訪問)

石垣が良かった。雲海に浮かぶ竹田城を見てみたい。

+ 続きを読む

火ノ島豊後守正宗

竹田城 (2019/09/08 訪問)

正百名城38城目。
兵庫鉄道物語4城目。
姫路駅を朝一で出発して電車で2時間程度で竹田駅に到着。
バスに乗って城の入り口まで行くこともできましたが、かなり時間があったので
登山道を上っていきました。。。。お陰でメチャクチャ疲れました。

+ 続きを読む

+ すべての写真を見る

概要

15世紀に築かれた山城を、天正13年(1585)に城主となった赤松広秀が大幅に改修。標高354mの山頂部に本丸を構え、北千畳や南千畳の曲輪群を有している。雲の上に城跡が浮かんで見える光景から「天空の城」とも呼ばれている。天守台南西面にある高さ約10mの高石垣をはじめ、当時最先端の技法による総石垣が見事。

城郭情報

城地種類 山城
築城年代 嘉吉年間(1441~44)、天正13年~慶長5年(1585~1600)
築城者 山名宗全、赤松広秀
主要城主 太田垣氏、桑山氏、赤松氏
文化財史跡区分 国指定史跡
近年の主な復元・整備 -
天守の現況・形態 天守台のみ現存
主な関連施設 -
主な遺構 本丸・二の丸・三の丸・北千畳・南千畳など、天守台、石垣
住所 兵庫県朝来市和田山町竹田字古城山169
問い合わせ先 朝来市産業振興部商工観光課
問い合わせ先電話番号 079-672-4003