日本100名城

たけだじょう

竹田城

兵庫県朝来市

別名 : 虎臥城[とらふすじょう]

投稿する
竹田城
口コミ・画像を投稿する

みんなの写真投稿

投稿する

みんなの口コミ

投稿する

トベシュン

城めぐり 竹田城 (2014/04/28 訪問)

竹田城

+ 続きを読む

ASA

日本100名城 No.56 天空の城 (2018/09/17 訪問)

日本のマチュピチュ、雲海

+ 続きを読む

まーやん

周辺観光について (2019/04/24 訪問)

基本的に車移動のため、電車目線ではありませんので悪しからず。

竹田城登城後、麓の城下町に行きました。電車で竹田駅すぐにある城下町です。
旧木村酒造場をリノベーションした複合観光施設ENで食事を、と思いましたがフレンチの気分ではなく散策。竹田町屋カフェ寺子屋にしました。但馬牛のランチ三種類のみですがなかなか満足でしたよ🍴
ENは2013年秋の山城サミット開催に併せ会館しましたが、今は6箇所にホテル(町屋)を拡大している模様。竹田駅からの登城ルートもあり特急も停まるので町歩きもされてみては?

また、日本唯一のコウノトリの郷公園も約一時間程の所にあります。野生のコウノトリも増えているほか、来月まで子育てしている巣の様子が見れるのでお得かもです。

さらに毎年4/23-24は城崎温泉の温泉祭りで、外湯が無料‼️柳の木が揺れる川沿いの情緒ある温泉地城崎もおすすめです。

その他、山陰ジオパークや出石城などもそこそこ近いので、一度心の洗濯に行かれてはいかが?

+ 続きを読む

+ すべての写真を見る

まーやん

平成最後の登城は… (2019/04/24 訪問)

平成最後のお城は、石垣美と山城好きというジャンルを私に植え付けてくれた「竹田城跡」です。
平成中に行ったお城がまだまだ書ききれない中、またもやすっ飛ばして最新の登城の投稿でスミマセン💦

4/28(日)の八上城登城イベントは事前申込書制と知らず登れなかったので、平成最後のお城は「竹田城跡」(悔しかったのでしつこい💦)

2014年に行って以来の竹田城跡は相当観光地化が進んでました。この時でも既に思ってたけど、今は入場料を支払う式となり、ロープで行ける範囲が制限され、なんと地面にはフェルト地の敷物がびっしり(;´д`)
当時からハイヒールや硬い靴底による桜や芝の踏みしめ、観光マナーが問題となり転落者もいたとのことだったけど、今回の変貌ぶりは酷かった😵💦
昔は冬には芝生が黄金色に輝いて綺麗だったのになぁ~。観光公害を感じます。

さてさて、車を山城の郷に置いて40分のハイキングで料金所に。途中、山が崩落した跡を見て改めて昨年の豪雨・台風被害の大きさを感じました。

まずは北千畳。既にここで石垣美を堪能✨穴太積み、算木積みの精緻さに心を奪われました。
三の丸、二の丸、本丸を目指して歩くと、桜が散ったとことこだけど、それでも新緑の絶景に感動✨残念感なし(笑)
天守台からの絶景は、但馬、丹波、播磨を繋ぐ交通の要衝であることがよく分かります‼️

花屋敷には行かなかったけど、遅咲きの桜が一本あり絵になってました🌸

南二の丸を抜け南千畳では播磨方面が一望でき、くるっと反転すると南二の丸~天守台~北千畳まで石垣の偉容さに圧倒されます‼️
曲輪ごとにある枡形、虎口も必見。段違いに雁行している石垣は美しいの一言✨

最初残念感あったけど、やっぱ何度行っても竹田城跡はいいなー😁

+ 続きを読む

+ すべての写真を見る

概要

15世紀に築かれた山城を、天正13年(1585)に城主となった赤松広秀が大幅に改修。標高354mの山頂部に本丸を構え、北千畳や南千畳の曲輪群を有している。雲の上に城跡が浮かんで見える光景から「天空の城」とも呼ばれている。天守台南西面にある高さ約10mの高石垣をはじめ、当時最先端の技法による総石垣が見事。

城郭情報

城地種類 山城
築城年代 嘉吉年間(1441~44)、天正13年~慶長5年(1585~1600)
築城者 山名宗全、赤松広秀
主要城主 太田垣氏、桑山氏、赤松氏
文化財史跡区分 国指定史跡
近年の主な復元・整備 -
天守の現況・形態 天守台のみ現存
主な関連施設 -
主な遺構 本丸・二の丸・三の丸・北千畳・南千畳など、天守台、石垣
住所 兵庫県朝来市和田山町竹田字古城山169
問い合わせ先 朝来市産業振興部商工観光課
問い合わせ先電話番号 079-672-4003