日本100名城

たけだじょう

竹田城

兵庫県朝来市

別名 : 虎臥城[とらふすじょう]

投稿する
竹田城
口コミ・画像を投稿する

みんなの写真投稿

投稿する

みんなの口コミ

投稿する

アキ

ブーム前の竹田城 (2011/11/09 訪問)

城跡には数人でしたし、地元の人がこんなに綺麗に雲海が出る事は珍しいと言ってました。

+ 続きを読む

バリィ

歩き (2018/04/03 訪問)

シャトルバスを降りて天守に向かうときにも竪堀などがあります。

喰い違い虎口から枡形の辺りから下を見ると切岸のようになっていますが、竹田城には切岸は無いそうです。

天守から帰るときにシャトルバスを使わずに、歩いて帰ると結構、良いアングルの写真が撮れると思います。
距離があるのでスマホではピントを捉えきれないこともあります。

+ 続きを読む

コロスケコロコロ

竹田城! (2013/03/09 訪問)

「天空の城」の名に違わぬお城で良かったです。

+ 続きを読む

todo94

2度目の日本100名城スタンプラリー、リーチ! (2013/03/30 訪問)

私が竹田城を初めて訪れたのは、2001年11月。前年、現存12天守訪城を果たし、「城のしおり」に載っている全国城郭管理者協議会加盟48城(当時はまだ大洲城が加盟しておらず47城)の攻城を精力的に進めていた。竹田城はその中で唯一、現存・復元・模擬の天守、櫓、書院等を持たない城。何故このような城が城のしおりに名を連ねているのか疑問に感じていたが、訪れてみて衝撃を受けた。即座に「日本のマチュピチュ」という言葉が脳裏をよぎったものだ。その後、幾度か再訪したが、今ほど竹田城の存在が人口には膾炙しておらず、人影はまばらであった。竹田城の駐車場に到着したのは7:30。なのに駐車場は殆ど満車状態。前回の訪城の時はまだ駐車場までの道も一方通行にはなっていなかった。ここ最近の竹田城の人気の急騰ぶりには驚かされる。そして今までは駐車場から花屋敷に向かって直登するのを常としていたが、この道は危険ということで閉鎖されていた。緩やかな舗装路を歩くのは初めて。こんなに楽な山城攻略ではこれから始まるこの日の山城連続攻略のオードブルにもならない。また、近年の人気を反映して天守台に階段が設置されてしまっていたのは悲しかった。嘗ては竹の梯子が立てかけられていただけだったのに。

+ 続きを読む

概要

15世紀に築かれた山城を、天正13年(1585)に城主となった赤松広秀が大幅に改修。標高354mの山頂部に本丸を構え、北千畳や南千畳の曲輪群を有している。雲の上に城跡が浮かんで見える光景から「天空の城」とも呼ばれている。天守台南西面にある高さ約10mの高石垣をはじめ、当時最先端の技法による総石垣が見事。

イベント情報

  • 2018年04月21日(土)~2018年06月24日(日)

    竹田城

    特別展「兵庫山城探訪」

    兵庫県の各所に残る山城を、国指定史跡を中心に紹介する特別展です。天空の城・竹田城や2017年に国史跡指定された利神城などの出土品や縄張図、デジタル測量図を用いた展示を行います。兵庫県の名城めぐりをテーマにまるで実際に山城を訪れたかのような体験をすることができます。観覧料:大人500円、大学生400円、高校生以下無料

※ 内容は変更となる可能性があります、予めご了承くださいませ。

城郭情報

城地種類 山城
築城年代 嘉吉年間(1441~44)、天正13年~慶長5年(1585~1600)
築城者 山名宗全、赤松広秀
主要城主 太田垣氏、桑山氏、赤松氏
文化財史跡区分 国指定史跡
近年の主な復元・整備 -
天守の現況・形態 天守台のみ現存
主な関連施設 -
主な遺構 本丸・二の丸・三の丸・北千畳・南千畳など、天守台、石垣
住所 兵庫県朝来市和田山町竹田字古城山169
問い合わせ先 朝来市産業振興部商工観光課
問い合わせ先電話番号 079-672-4003