日本100名城 現存12天守

ひめじじょう

姫路城

兵庫県姫路市

別名 : 白鷺城
旧国名 : 播磨

投稿する
姫路城
口コミ・画像を投稿する

みんなの写真投稿

投稿する

みんなの口コミ

投稿する

ひろべえ

3度目の登城 (2020/11/18 訪問)

天守へ上るのは14年ぶりで新装なってからは初めて。 今回は天守と初めて西の丸の化粧櫓と百間廊下を見学。天気もよく白亜に青空は映えます。天守に目が行きがちですが、下から見た帯郭櫓と太鼓櫓の高石垣の素晴らしさに気付きました。

+ 続きを読む

+ すべての写真を見る

姫路城 (2020/02/22 訪問)

御城印

+ 続きを読む

たつのり

100 (2017/04/27 訪問)

最強、最大級、世界遺産。
別名:白鷺城というだけあって、とても白いのが印象的です。
そして、現存天守だということを忘れさせるくらい、メンテナンスも行き届いていて、全然古臭くはありません。
どこかで見たことある風景が出てきますが、これは時代劇の江戸城は実は姫路城でロケしているからなんだそうです。

やはり史上最強の城だと思います。

何度か訪れていますが、秋は敷地の横に併設された庭園に見事な紅葉が見れます。まるで京都に来たかのようで、こちらも素晴らしいです。

+ 続きを読む

+ すべての写真を見る

昌官忠

次男と2人クラブツーリズム『姫路城&岡山城&備中松山城の2日間』① (2018/06/16 訪問)

次男と2人クラブツーリズム『姫路城&岡山城&備中松山城の2日間』の1城目は姫路城です。
姫路城は4回攻城しています。
1回目は出張の延長で記録なし。
2回目は2018/06/16の今回、次男と二人で本ツアーで攻城
3回目と4回目は2018/12/03、2018/12/04にクラブツーリズムの別のツアー(投稿済)
今回は次男と二人で攻城した2回目の攻城分(2018/06/16)について投稿します。

3回目と4回目が西の丸と好古園中心の攻城に対して、2回目は門を辿り天守に向かった攻城になります。
今回は菱の門、「いろは…る」の門、「水の一…六」の門、備前門を確認しましたが、投稿枚数上限の都合上、投稿できません。
ということで、やっぱり天守中心の投稿になります。
観光客が多く、秀吉時代の油壁(築地塀)の写真にバッチリ人が写ってしまったので投稿できません。

+ 続きを読む

+ すべての写真を見る

概要

黒田重隆の居城を羽柴秀吉が改修し、関ヶ原合戦後に池田輝政がさらに大改修を行って連立式天守を完成。そして本多忠政が西の丸などを造築し、現在の姿になった。渡櫓で結ばれた4つの天守のうち、大天守は平成の大修理によって白漆喰が塗り替えられ、白鷺城と呼ばれた往時の美しさを甦らせた。

城郭情報

城地種類 梯郭式平山城
築城年代 正平元年〔南朝〕/貞和2年〔北朝〕(1346)
築城者 赤松貞範
主要城主 池田氏、本多氏、酒井氏
文化財史跡区分 世界遺産(姫路城)、国宝(大小天守・渡櫓等8棟)、国重要文化財(櫓・渡櫓27棟、門15棟、塀32棟)、特別史跡(姫路城跡)
近年の主な復元・整備 黒田孝高、池田輝政
天守の現況・形態 型式不明[3重/1580年築/解体]、連立式望楼型[5重6階地下1階/1609築/現存]
主な関連施設 石碑、説明板
主な遺構 曲輪、天守、櫓、門、塀、石垣、横堀(水堀)、土塁、庭園
住所 兵庫県姫路市本町68
問い合わせ先 姫路城管理事務所
問い合わせ先電話番号 079-285-1146