日本100名城 現存12天守

ひめじじょう

姫路城

兵庫県姫路市

別名 : 白鷺城
旧国名 : 播磨

投稿する
姫路城
口コミ・画像を投稿する

みんなの写真投稿

投稿する

みんなの口コミ

投稿する

higekam

桜満開の姫路城 (2021/03/31 訪問)

念願が叶う

+ 続きを読む

tshimojima

The World Heritage (2015/04/24 訪問)

世界遺産として有名な姫路城ですが、やはり写真ではお城のような巨大建造物の実際の大きさはわからないものです。

この時はアメリカ人の友人をつれてきたのですが "Oh my goodness! This is SO HUGE!" といって目を丸くしていました。

戦国期の建物はすべてアメリカが建国される前のものなので、ことあるごとに「アメリカよりも歴史があるな・・・」とつぶやいていました。カナダ人の友達も「カナダより古い・・・」とことあるごとに言います。

せっかく日本に来てもらうんですから、自国の歴史の中にほかの国の人に自慢できるものがあるって素直に幸せなことだと思います。

+ 続きを読む

+ すべての写真を見る

カズサン

【お城川柳】昭和・平成大修理で一句

 ・ 大修理 二回も遇った 姫路城

 ・ 天白く 聳えて麗し しらさぎの城

 お城川柳の投稿期限が後1週間と迫って来ましたので詠んでみました。
 昭和の大修理を中学生の修学旅行で体験し平成の大修理は家内と何回か見学体験しました、長生きはしないと遇えません、白漆喰で化粧直し白さが際立ち築城当時もさもこのように美しいのかと感嘆❣
 写真は平成の大修理後、昭和の大修理写真はフイルム時代でデジタル化未処理未整理で投稿できません悪しからず。

+ 続きを読む

イシテル

【お城川柳】 (2021/07/25 訪問)

妻娘cafe ひとり登城 世界遺産

家族の買物で姫路まで運転。
妻と娘が買物とcafeランチの間での城廻り。
4連休の最終日にしては観光客が少なく、待ち時間無しで天守閣へ入れました。

+ 続きを読む

概要

黒田重隆の居城を羽柴秀吉が改修し、関ヶ原合戦後に池田輝政がさらに大改修を行って連立式天守を完成。そして本多忠政が西の丸などを造築し、現在の姿になった。渡櫓で結ばれた4つの天守のうち、大天守は平成の大修理によって白漆喰が塗り替えられ、白鷺城と呼ばれた往時の美しさを甦らせた。

城郭情報

城地種類 梯郭式平山城
築城年代 正平元年〔南朝〕/貞和2年〔北朝〕(1346)
築城者 赤松貞範
主要城主 池田氏、本多氏、酒井氏
文化財史跡区分 世界遺産(姫路城)、国宝(大小天守・渡櫓等8棟)、国重要文化財(櫓・渡櫓27棟、門15棟、塀32棟)、特別史跡(姫路城跡)
近年の主な復元・整備 黒田孝高、池田輝政
天守の現況・形態 型式不明[3重/1580年築/解体]、連立式望楼型[5重6階地下1階/1609築/現存]
主な関連施設 石碑、説明板
主な遺構 曲輪、天守、櫓、門、塀、石垣、横堀(水堀)、土塁、庭園
住所 兵庫県姫路市本町68
問い合わせ先 姫路城管理事務所
問い合わせ先電話番号 079-285-1146