うつのみやじょう

宇都宮城

栃木県宇都宮市

別名 : 亀ヶ岡城
旧国名 : 下野

投稿する
口コミ・画像を投稿する

みんなの写真投稿

投稿する

みんなの口コミ

投稿する

テンちゃん

宇都宮城 登城 (2021/11/11 訪問)

105城目の登城です。宇都宮市役所の無料駐車場に駐車させていただき訪問しました。
いきなり現れた土塁が思った以上に大きくで驚きましたが、土塁に人口建造物が多数あったのは少しがかっりです。
見学後、清明館で御城印を購入して帰りました。

+ 続きを読む

牛若丸

きれいに整備されています。 (2018/02/10 訪問)

きれいに復元されています。
もうちょっと、資料館などのボリュームがあるといいとおもいます。

+ 続きを読む

肉球

これからの復元様式か? (2021/03/07 訪問)

今から30年ほど前に宇都宮に宿泊した記憶がありますが
その時にはお城の痕跡は無かったように記憶しています。

本丸の西側半分が復元されています。
高く盛られた土塁はコンクリートが剥き出しにされ
電動シャッターが開く様子を目の当たりにすると何とも奇妙でした。
土塁の上には晴明台櫓と富士見櫓が復元され一階部分は無料で見学できます。 
 
 

+ 続きを読む

+ すべての写真を見る

pascal

市街地への城郭復元のお手本 (2018/01/20 訪問)

 ほとんど更地から本丸の約半分が復元された宇都宮城。
実はこの時期に、宇都宮に住んでいたので、その一部始終を目の当たりにした城です。

【アクセス】
 宇都宮市役所の東隣にある宇都宮城、地図の◎印が目印の判り易い立地です。
市役所の広い駐車場が城址との間にあります。
電車は、東部宇都宮駅から南東に400m、JR宇都宮駅からだと、西に真っ直ぐ伸びる大通りを進み、PARCOとドンキーの間の通り(バンバ通り)を真っ直ぐ南進すると城址が見えて来ます。

【城の歴史】
 平安中期の“前九年の役”で功の有った藤原宗円が、宇都の宮(現:二荒山神社)の別当に任ぜられ、赴任して居館を建てたのが宇都宮城の始まりです。
宗円の孫:朝綱の代からは“宇都宮氏”を名乗り、以後500年にわたり、関東の名族としてこの地に勢力を拡げ君臨しました。
居城として拡張・改修が繰り返された宇都宮城は、関東七名城に数えられる壮大な名城でした。

 戦国が終わり、秀吉の天下でも領地安堵されていた宇都宮氏でしたが、『石高の過少申告』という理由で改易されてしまいます。
後には会津から蒲生秀行が入りますが、関ヶ原以降は奥平家昌を入れています。
大坂の陣が終わり徳川幕藩体制になると、家康は腹心の本多正純を入れて要地:宇都宮を統治させましたが、将軍が家光になると、突然改易されてしまいます。
俗に言う“宇都宮吊り天井事件”ですが、これは明らかに幕閣との政争の結果ですね。

 以後は譜代と親藩の8家がつないで明治になるのですが、戊辰戦争では藩主(戸田家)が新政府に恭順したため、宇都宮城は幕府軍に攻められ占領されてしまいます。
そこに新政府軍が攻め寄せたので、激戦が繰り広げられた城と城下は殆ど灰燼に帰してしまいました。

 戦後は幕閣の城の常で、城地は民間に売却されて市街化が進み、平成15年の時点では城址の痕跡を見付けるのも難しい更地状態でしたが、翌年から復元工事が始まり、本丸の西半分が外観復元されました。

【見どころ】
☆平坦地の平城ですから、堀を掘った土砂での掻き揚げ土塁で囲まれる本丸ですが、ここの土塁は3倍以上の土砂を積み上げた感じの高土 塁です。この高さは他では見られません。
 夏の夜は暑くて寝られなかった事でしょうね(^^;
☆土塁も堀も現代工法で、正直ガッカリな印象も抱きますが、外寸は寸分違わず復元されています。櫓2棟は木造です。
☆利用者の客層や使われ方を観察して見てください。この城、活きてますよ。

【感想】
 数々の城めぐりをして来ましたが、復元整備の動きが無い名城の多さを嘆く一方で、忠実に復元された城址の惨状も目につきます。
税金を掛けて整備したものの、興味を持って訪問する人は殆ど無く、住民の益になっていないのです。
その割に維持管理の費用は莫大で、特に城址を覆っていた木々を伐採すると風雨による損壊は驚くほど早く進みます。
 そう考えると、文化財指定の無い宇都宮城を、城の姿形は忠実に再現しつつも、現代工法で丈夫で壊れにくい構造にし、さらに文化施設やイベント会場、緊急災害時の避難場所にと、活用の付加価値を与えて行くという宇都宮市の判断こそ正しい様に思えます。
都市の城址の、あるべき姿ですね。

+ 続きを読む

+ すべての写真を見る

城郭情報

分類・構造 梯郭式+輪郭式平城
築城主 藤原秀郷?、藤原宗円?
築城年 平安時代後期
主な改修者 本多正純
主な城主 藤原氏、宇都宮氏、本多氏、奥平氏、戸田氏
廃城年 明治元年(1868)
遺構 土塁
再建造物 清明台櫓、富士見櫓、土塁、堀、土塀、石碑、説明板
住所 栃木県宇都宮市本丸町
問い合わせ先 宇都宮市教育委員会事務局文化課
問い合わせ先電話番号 028-632-2767