日本100名城

ちはやじょう

千早城

大阪府南河内郡

別名 : 楠木詰城、金剛山城
旧国名 : 河内

投稿する
千早城
口コミ・画像を投稿する

みんなの写真投稿

投稿する

みんなの口コミ

投稿する

tshimojima

鎌倉幕府終焉への引き金 (2015/10/29 訪問)

楠公さんが得意のゲリラ戦術をもって鎌倉幕府軍を撃破した地です。どこまで数字が正確かはわかりませんが、兵力としてかなり劣勢でした。世界史を見ていると平地での決戦が多いせいか、あまり「寡兵をもって大軍を破る」というのはハンニバル以外にはそれほど多くはないような気がします。

しかし中国や日本では孫子や六韜が古くから読まれているせいか、見事なまでのゲリラ戦が赤壁の戦いから四境戦争(第二次長州征伐)まで数多くあります。こういった「柔よく剛を制す」のようなエピソードに数多く出会えるのが山城の魅力の一つだと思います。

+ 続きを読む

+ すべての写真を見る

スティクラ

葛城山→金剛山→千早城跡 (2021/04/03 訪問)

今年最初の城跡訪問。千早城は楠木正成公が兵力差で劣りながら鎌倉幕府を迎え撃った城。城がある金剛山は勾配がきつい場所が多いため攻めるのは難しかっただろうと推測。

金剛山では物足りないと思ったので、葛城山からダイヤモンドトレールで金剛山へ。葛城山の下りと金剛山の上りで体力の限界にたっし、下山はロープウェイで帰ろうと思ったが、なんとロープウェイでずいぶん前から老朽化のため、運休に。(廃線になるらしい…)
金剛山の頂上1時間くらい滞在し、うどんやソフトクリームでなんとか体力を回復。
金剛山の下山途中に千早城跡があるので別ルートで城跡へ下山。

千早城の面影はほとんどないが、ところどころに置かれている人形がなんか不気味だった(笑)。

下山し100名城スタンプと御城印がある山麓のまつまさへ。
購入し、バスで富田林駅に向かい帰宅。
久しぶりの登山で2つを登るのは無謀だった。
次は計画的に行きたい。

今回のルート
①近鉄御所→葛城山(約1時間20分)
②葛城山下山(金剛山方面)(40分)
③金剛山登山(2時間40分)※通常であれば2時間くらいかも。
④金剛山下山(千早城跡経由)(1時間)※通常であれば40分くらいかも。

+ 続きを読む

+ すべての写真を見る

SAI007

千早城に行きました。 (2021/02/06 訪問)

登りがきつかったです。
(T_T)

+ 続きを読む

昌官忠

クラブツーリズム関西2府4県ぐるっと日本100名城完全制覇5日間⑧ (2018/12/04 訪問)

クラブツーリズム関西2府4県ぐるっと日本100名城完全制覇5日間の8城目は千早城です。
100名城スタンプは「千早山麓(金剛山麓)まつまさ」で押しました。
千早城は楠木正成が南北朝時代(元弘2年(1332))に築いた山城です。この城の守りは難く、幕府軍と互角に交えたことで広く知られています。
攻城ルートは「千早山麓(金剛山麓)まつまさ」から金剛山の登山道から脇に入る裏に入り千早神社に到着。千早神社から階段を降りて下山しました。神社があるだけで遺構はないのかな? 攻城時間は60分くらいでした。

+ 続きを読む

+ すべての写真を見る

概要

鎌倉時代末期に後醍醐天皇の挙兵に応じた楠木正成が、赤坂城に代わる拠点として築城し、鎌倉幕府軍を迎え撃った。金剛山の中腹に築かれ、城跡には千早神社が建立された。改変されているものの、曲輪跡や空堀、竪堀、堀切などが今も残っている。

城郭情報

城地種類 連郭式山城
築城年代 正慶元年〔北朝〕/元弘2年〔南朝〕(1332)
築城者 楠木正成
主要城主 楠木氏
文化財史跡区分 国史跡(千早城)
主な関連施設 石碑、説明板
主な遺構 曲輪、横堀(空堀)
住所 大阪府南河内郡千早赤阪村千早
問い合わせ先 千早赤阪村役場
問い合わせ先電話番号 0721-72-0081