みぶじょう

壬生城

栃木県下都賀郡

別名 : 馬蹄城
旧国名 : 下野

投稿する
口コミ・画像を投稿する

みんなの写真投稿

投稿する

みんなの口コミ

投稿する

じゅんじん

土塁の奥は (2020/02/29 訪問)

駐車場完備、城門+堀+土塁がお出迎え。御殿跡は公園や町の施設が並んでいました。

+ 続きを読む

+ すべての写真を見る

🏯城好きのメガネ

「将軍家の日光社参の宿城 壬生城」 (2020/02/29 訪問)

<オススメ>★★★☆☆
壬生城は、1469年ごろに壬生氏第2代当主・壬生綱重によって築かれたとされる。壬生氏5代当主・壬生 義雄は、小田原北条氏と手を結び、宇都宮氏から独立して抗争した。小田原征伐の際、小田原城に籠城するも落城の直後に病死したとされる。男子の跡継ぎがなかった為に、壬生家は絶家した。壬生氏の滅亡後は、将軍家の日光社参の宿城として城主が目まぐるしく入れ替わった。1712年に鳥居忠英が3万石で封じられた後、明治維新まで鳥居氏8代の居城とされた。戊辰戦争では新政府軍に組し、旧幕府軍によって落城した宇都宮城攻略の拠点となった。現在、本丸は城址公園となり、土塁、堀が遺されている。

<アクセス>
東武宇都宮線 壬生駅 徒歩20分

+ 続きを読む

カズサン

本丸の土塁と濠が復元整備 (2016/03/01 訪問)

 皆川城を終えて東方向地道経由北関東道沿いの壬生城を初登城。

 城址公園と成って居り本丸南手前に駐車場完備、二の丸南側に表門が復元され、本丸の南側に一部登城橋、土塁、濠が復元整備され城址の趣を表してる、内部は公園と壬生町の公民館、図書館、歴史民俗資料館と文化施設が充実している、資料館に寄り資料と見学、壬生城の模型も有り充分堪能しました。
 模型によると本丸を二の丸が囲み更に三の丸が囲む輪郭式城郭三重濠、東側に東曲輪を設けて大手丸馬出、三日月濠で防御、グーグルマップで見ると往時の外堀が用水路として西側に残ってる様子が伺える。

 壬生城は壬生氏の城で小田原合戦では北条方で戦い廃城断絶、家康関東移封ご結城秀康が城主と成るが関ヶ原後は諸侯が度々入れ替わりしている。

+ 続きを読む

+ すべての写真を見る

モト

雰囲気のある城門です (2018/08/28 訪問)

城址公園になっています。
車を停める為に駐車場を目指すと復元された塀と入り口には城門が見えてきます。
塀と城門が良い雰囲気です。
城門を入って公園の中央を目指すと堀とそこにかかった橋があります。
公園内には公民館などがあり、かなり整備された城址公園だとは思いますが、城門などが城址の雰囲気をある程度味わうことができました。

写真はそんな城門や堀にかかる橋や土塁などである程度の城址の雰囲気が味わえたことをご理解いただけると幸いです。

近くにラーメン二郎があり、もうお昼をだいぶ過ぎた頃でしたが、行列ができておりました。

+ 続きを読む

+ すべての写真を見る

城郭情報

分類・構造 平城
築城主 壬生綱重
築城年 文明年間(1469~1487)
主な城主 壬生氏、結城氏、日根野氏、阿部氏、三浦氏、松平氏、加藤氏、鳥居氏
遺構 曲輪、土塁、堀
再建造物 二の丸門、説明板
住所 栃木県下都賀郡壬生町本丸1-8-33
問い合わせ先 壬生町商業観光係
問い合わせ先電話番号 0282-81-1844