みぶじょう

壬生城

栃木県下都賀郡

別名 : 馬蹄城
旧国名 : 下野

投稿する
足利銀行のところが大手門
口コミ・画像を投稿する

みんなの写真投稿

投稿する

みんなの口コミ

投稿する

赤い城

整備された公園 (2021/05/22 訪問)

東武宇都宮線の壬生駅から徒歩で15分くらい。
城址公園として整備されています。
足利銀行のところが大手門跡、そこから公園に向かいます。
公園には復元された二の丸門があり、マンホールカードの図柄にもなっていました。
本丸には図書館や歴史資料館があり、南側に土塁や堀が残っています。
公園として整備されているため綺麗すぎ感はありです。
壬生町は城よりも藩校、蘭学の歴史推しでした。
宇都宮氏家臣の壬生氏が築いた城です。

+ 続きを読む

+ すべての写真を見る

肉球

本丸整備されてます (2021/03/07 訪問)

室町時代壬生氏によって築かれたとされています。
豊臣秀吉による小田原攻めのあとは城主が度々入れ替わり
江戸時代中期から鳥居氏が城主となり幕末を迎えます。

城跡は綺麗に整備され駐車場も完備されています。
本丸裏手には最後の城主となった鳥居氏の先祖鳥居元忠が
祀られた精忠神社があり社殿の裏側には畳塚というのがあります。
この畳塚は鳥居元忠が関ヶ原の戦いの前哨戦伏見城の戦いで
討ち死にした伏見城に残された血染めの畳が埋められているようです。

移築された門が小山市内と鹿沼市内にあります。
 

+ 続きを読む

+ すべての写真を見る

じゅんじん

土塁の奥は (2020/02/29 訪問)

駐車場完備、城門+堀+土塁がお出迎え。御殿跡は公園や町の施設が並んでいました。

+ 続きを読む

+ すべての写真を見る

🏯城好きのメガネ

「将軍家の日光社参の宿城 壬生城」 (2020/02/29 訪問)

<オススメ>★★★☆☆
壬生城は、1469年ごろに壬生氏第2代当主・壬生綱重によって築かれたとされる。壬生氏5代当主・壬生 義雄は、小田原北条氏と手を結び、宇都宮氏から独立して抗争した。小田原征伐の際、小田原城に籠城するも落城の直後に病死したとされる。男子の跡継ぎがなかった為に、壬生家は絶家した。壬生氏の滅亡後は、将軍家の日光社参の宿城として城主が目まぐるしく入れ替わった。1712年に鳥居忠英が3万石で封じられた後、明治維新まで鳥居氏8代の居城とされた。戊辰戦争では新政府軍に組し、旧幕府軍によって落城した宇都宮城攻略の拠点となった。現在、本丸は城址公園となり、土塁、堀が遺されている。

<アクセス>
東武宇都宮線 壬生駅 徒歩20分

+ 続きを読む

イベント情報

  • 2021年10月31日(日)~2021年10月31日(日)

    壬生城

    第18回全国藩校サミット壬生大会開催20日前プレイベント

    11月に開催される第18回藩校サミット壬生大会のプレイベント。西洋流火術鉄砲隊保存会による鉄砲演武や、第16代鳥居家ご当主のトークショーなど。10:00から歴史民俗資料館前で壬生城藩校サミット版御城印の発売(500枚限定・先着100枚に道の駅特別記念切符贈呈)も。開催日時:10月31日(日)10:00~12:00

※ 内容は変更となる可能性があります、予めご了承くださいませ。

城郭情報

分類・構造 平城
築城主 壬生綱重
築城年 文明年間(1469〜1487)
主な城主 壬生氏、結城氏、日根野氏、阿部氏、三浦氏、松平氏、加藤氏、鳥居氏
遺構 曲輪、土塁、横堀
再建造物 二の丸門、説明板
住所 栃木県下都賀郡壬生町本丸1-8-33
問い合わせ先 壬生町商業観光係
問い合わせ先電話番号 0282-81-1844