さのじょう

佐野城

栃木県佐野市

別名 : 春日岡城、春日城、姥城
旧国名 : 下野

投稿する
二の丸と本丸間の堀切
口コミ・画像を投稿する

みんなの写真投稿

投稿する

みんなの口コミ

投稿する

昌官忠

唐沢山城・佐野城日帰り② (2018/05/04 訪問)

「唐沢山城・佐野城日帰り」の2城目は佐野城です。唐沢山城からの転戦です。
唐沢山城から佐野駅南口に戻り、レンタサイクルを返却した後、佐野駅城山公園口に移動して佐野城に着きました。

佐野城は「関ケ原の戦い」後に佐野信吉が唐沢山城を廃して山麓に新たに築いた城です。
唐沢山城の廃止理由としては、江戸大火展望説、山城禁令説、豊家縁故説などが出されています。
理由は明らかではないものの、徳川政権の本拠地である江戸の近くに豊臣氏に近い大名が山城を持つことが徳川氏にとって不都合であったことが推定されているそうです。

現在は佐野城山公園となっており、築城によって移転を命じられた惣宗寺は今日でも「佐野厄除け大師」の愛称で広く知られており、その山門は佐野城の城門を移築したものと伝わっています

三の丸➡二の丸➡本丸➡北出丸と空堀で区切られた曲輪を見て奥に進み、佐野駅に戻ってきたら電車の時間になってしまい、楽しみにしていた「佐野ラーメン」を食することができませんでした。
攻城時間は30分くらいでした。

+ 続きを読む

+ すべての写真を見る

ホトトギス

三の丸下 (2015/03/10 訪問)

佐野駅に隣接している

+ 続きを読む

カズサン

佐野ラーメンで有名な別名春日岡城 (2016/03/01 訪問)

 館林城を終えて地道経由佐野ラーメンで有名な佐野市に在る佐野城を初登城、佐野駅が三の丸直下まで隣接してましたので駐車場を探しながら城域に入り込むのに少し難渋しましたが三の丸に登り二の丸との間に数台の駐車場が在り停めて探訪。

 佐野城は俵藤太秀郷の末裔佐野氏が唐沢山城の山城から関ヶ原後家康の指示で山城を廃し佐野市の中心に在る春日岡山に平山城を築城した、独立丘陵全てを取込み周囲に濠で固めた連郭式城郭、南より三の丸、二の丸、本丸、北出丸の構成、各曲輪間に堀切で防御、しかし慶長19年(1614年)改易と成り10年少しで廃城と成った。
 
 探訪が終わってから二の丸に在る資料館で資料を頂き、下城して沢山ある佐野ラーメン店に迷いながら駐車場の空いてるラーメン店で細麺の佐野ラーメンを頂いた醤油味の美味しいラーメンでした。

+ 続きを読む

+ すべての写真を見る

🏯城好きのメガネ

「佐野城」 (2020/02/29 訪問)

<オススメ>★★★★☆
下野の名族・佐野氏は堅固な山城である唐沢山城(続日本100名城)を居城としていた。家名と所領を保つため小田原北条氏から養子(北条氏忠)を迎えていたため、小田原征伐の際には滅亡の危機を迎えた。一族の佐野房綱が豊臣秀吉に仕えていたため、小田原征伐後に房綱が当主に就くことで断絶を免れたとされる。その後、房綱は豊臣氏家臣の富田氏から信吉を養子に迎え、地位を保った。一説にいよると関東に移封された徳川家康を牽制するためとされる。関ヶ原の戦い後は、豊臣家恩顧の佐野信吉の立場は不安定となる。 1602年、徳川家康の意向を受けて、上杉謙信の攻撃をもしのいだ名城・唐沢山城を廃して、山麓に佐野城を築城するよう命じられた。唐沢山城の廃城の理由として江戸大火展望説、山城禁令説、豊家縁故説など諸説ある。整備半ばの1614年に佐野氏が改易されたために、わずか14年で廃城となった。 現在、堀切や土塁、曲輪などが遺されている。

<アクセス>
JR佐野駅 徒歩10分

+ 続きを読む

城郭情報

分類・構造 平山城
築城主 佐野信吉
築城年 慶長7年(1602)
主な城主 佐野氏
遺構 曲輪、土塁、堀切、移築門
再建造物 石碑、説明板
住所 栃木県佐野市若松町(城山公園)
問い合わせ先 佐野市観光協会
問い合わせ先電話番号 0283-21-5111