日本100名城

いがうえのじょう

伊賀上野城

三重県伊賀市

別名 : 白鳳城[はくほうじょう]

投稿する
伊賀上野城
口コミ・画像を投稿する

みんなの写真投稿

投稿する

みんなの口コミ

投稿する

夏の雪だるま

高石垣の城 (2016/09/21 訪問)

日本百名城の一つ三重県伊賀市の伊賀上野城です。1585年大和郡山から伊賀国へ移封となった筒井定次により築城され、上野盆地中央の丘陵に本丸や三層天守などが造られたとされます。関ヶ原の戦いの功績により1608年藤堂高虎が伊勢・伊賀20万石で入封すると、大阪城の豊臣氏への備えとして上野城は大々的に改修され、西側へ拡張高さ28mの高石垣が設けられ、五層天守の造営も始められましたが、完成直前の1612年台風により倒壊。1615年大阪夏の陣で大阪城は落城、豊臣氏が滅んだことから、天守閣は再建されず、上野城は藤堂氏の支城として城代が置かれ、二の丸(筒井氏時代の本丸)に城代屋敷が造られ、麓に武家屋敷が建て外堀を廻らせた東西900m南北700mの規模と言われ、外堀の外側に城下町を整備、藤堂氏支城として明治維新を迎えています。城は北に阪部川、南に久米川、西に木津川に挟まれた標高180mの独立丘陵に築かれ明治維新により破却された城跡の本丸に復興天守閣が昭和10年に建てられています。麓部分の武家屋敷や外堀は市街化により消失したものの、本丸、二の丸が上野公園として整備され、復興天守と本丸の高石垣、松尾芭蕉生誕300年を記念して昭和17年に建てられた俳聖殿、忍者体験もできる忍者博物館などが有名です。

+ 続きを読む

たかりん

日本一、二の高さで有名な高石垣 (2016/12/11 訪問)

タイトルは場内に出てた案内看板をなるほどと思いそのまま拝借しました。何か「日本で二番目においしい〇〇」的な感じです(笑)。僅かに大阪城の方が高いらしいですが、やはりその高さ、なんと約30mは圧巻です。この本丸西面の高石垣は、藤堂高虎の築いたもので当時まだ大坂の陣勃発前のため西方に備えたとのこと。本当にあの方の築城技術はスゴイですね。転落防止の柵などはないのでギリギリまで近づけますが、自己責任で。確かに上野盆地を一望でき、敵の動きもよく見えることでしょう。天守は復興模擬天守ですが謎のこだわりで木造、中の展示も撮影フリーでした。天守台の石垣は当時のものらしく、その上に築かれています。なお、同じ上野公園内に伊賀流忍者博物館があります。せっかくの伊賀なのでと思いセット券にして寄りました。ショーなど値段の割に大人でも楽しめたので、迷っていたらぜひ寄っていってください。

+ 続きを読む

+ すべての写真を見る

ショウノスケ

国体東海ブロック大会ゴルフ競技会激励の後に・・・ (2015/07/16 訪問)

台風の最中、大会は無事終了。その足で伊賀上野まで行ってしまいましたね!

+ 続きを読む

+ すべての写真を見る

ブラタヌシ

伊賀の里 (2018/09/23 訪問)

この日は朝からの霧で、伊賀忍者を思わせる雰囲気に包まれていました。
ここの石垣も見ごたえ有りです。

+ 続きを読む

概要

筒井定次が築いた三重の天守を持つ城を、築城名手・藤堂高虎が大坂城攻めの拠点として大幅に改修。本丸の変更や曲輪の拡大を行い、高石垣も築いて防御性を高めたが、豊臣氏滅亡と共に普請を中止し未完成となった。現在の模擬天守は昭和10年(1935)に個人の私財で建てられたもの。

城郭情報

城地種類 平山城
築城年代 天正13年(1585)、慶長16年(1611)
築城者 筒井定次、藤堂高虎
主要城主 筒井氏、藤堂氏
文化財史跡区分 国指定史跡、市指定文化財1件
近年の主な復元・整備 城代屋敷石垣復元
天守の現況・形態 層塔型 三重三階 木造(復興)
主な関連施設 -
主な遺構 武具蔵、本丸、石垣、堀
住所 三重県伊賀市上野丸之内
問い合わせ先 伊賀市役所
問い合わせ先電話番号 0595-22-9611