日本100名城

やまなかじょう

山中城

静岡県三島市


旧国名 : 伊豆

投稿する
山中城
口コミ・画像を投稿する

みんなの写真投稿

投稿する

みんなの口コミ

投稿する

TMN97

山中城址 (2022/07/15 訪問)

山中城址

+ 続きを読む

+ すべての写真を見る

カズサン

岱崎出丸跡 (2022/05/23 訪問)

 岱崎出丸は岱崎砦とも言われ、山中城本郭群の南西尾根上を西側の旧箱根街道を進軍する豊臣軍を狙撃するように約400m程の細長い出丸です、内先端から200m程に畝掘りで有名な一の堀が出丸切岸下に備わっています。 
 先端からすり鉢曲輪、すり鉢曲輪の東対に武者溜り跡、中間に細長い岱崎砦がありすり鉢曲輪側に見張台、北側にも見張台、其の前面西向きに長い土塁が控え西を狙って居ます、中間から北側に御馬場曲輪長く二段に備わっています、御馬場曲輪の南側に深い切岸と一個の畝が有る畝掘りで東西を守ってる。
 土塁上から切岸、一の畝掘りの眺めが圧巻です。 草も刈られ綺麗に清掃されて気持ち良く探訪出来ました。
 
 山中城13編の投稿拝読頂き有難うございます。

 次は越境して小田原城に向かいます。
 

+ 続きを読む

+ すべての写真を見る

カズサン

三の丸跡と武将の墓 (2022/05/23 訪問)

 三の丸跡は本丸駒形諏訪神社南下から本丸、二の丸南下、箱井戸、田尻の池、三の丸堀、三の丸駐車場間を南側を通る旧箱根街道沿いに囲まれた地域に在ったようです。
 
 現在遺構として残ってるのは、西側の三の丸堀で縦に畝を設け東側は水堀、水路、西側は長い空堀、中の畝が登城路で二の丸、西の丸、西櫓への通路。水堀の続きとして、田尻の池、箱井戸が残って居ます。
 
 又三の丸跡には宗閑寺に小田原征伐山中城合戦の両軍戦死者の墓が有ります、山中城将松田康長、副将間宮康俊、隣に少し立派な豊臣方攻撃軍武将一柳伊豆守直末と並んで祀られて居ます、秀吉は勇猛な一柳伊豆守が戦死した事を大変嘆いたと言われて居り、美濃出身の同輩である堀尾吉晴、田中吉政などは関ヶ原後、数拾万石の太守と成って居り惜しまれる戦死でした。
 
 三の丸跡旧箱根街道を歩いていると路傍に芝切地蔵尊が土塁櫓台かと思う所に有ります、その傍が南櫓跡、大手門跡とグーグルマップの史跡マークに出て居ましたが、案内板等は確認して居ません。
 
 三の丸駐車場に戻り山中城本郭は終了し、岱崎出丸、岱崎砦の探訪に向かいます。
 
 

+ 続きを読む

+ すべての写真を見る

カズサン

本丸・天守台を護る北の丸 (2022/05/23 訪問)

 北の丸へは本丸北高土塁と天守台の進入路を北の丸木橋を渡り入ります、本丸、天守台の北側に構え周囲は土塁が廻り、西の丸から元西櫓、二の丸、本丸天守台の北側を貫く畝掘を含む横堀が北の丸の南に続きます、更に直角に南の三の丸に流れ落ちています。
 北の丸の北側にも土塁切岸下に横畝堀が東尾根下まで降りています、東は崖谷筋に落ちています。
 虎口が西から長い帯曲輪への西虎口、南の北の丸木橋への虎口、東に降りる帯曲輪への虎口と三ヶ所在ります。
 北の丸内部は芝で綺麗に清掃され気持ち良い探訪が出来ました。

+ 続きを読む

+ すべての写真を見る

概要

戦国末期に小田原北条氏と豊臣秀吉が激戦を繰り広げた城。石垣のない土造の城で、落とし穴のような複列型障子堀や単列型障子堀を曲輪の周囲に配することで防御性を高めていた。急斜面に造られた一の堀の畝堀や、畝を掘り残した西の丸の障子堀などが復元整備されている。

城郭情報

城地種類 連郭式山城
築城年代 永禄年間(1558〜1570)
築城者 北条氏康
主要城主 松田氏
文化財史跡区分 国史跡(山中城跡)
近年の主な復元・整備 北条氏政
主な関連施設 石碑、説明板
主な遺構 曲輪、土塁、横堀(空堀)、土橋
住所 静岡県三島市山中新田
問い合わせ先 三島市教育部文化振興課
問い合わせ先電話番号 055-983-2672