日本100名城

やまなかじょう

山中城

静岡県三島市

別名 : -

投稿する
山中城
口コミ・画像を投稿する

みんなの写真投稿

投稿する

みんなの口コミ

投稿する

城とら

中世のお城 (2019/02/24 訪問)

戦国時代の大名対大名の戦なら十分な要塞だったのだろうが
大挙して押し寄せた太閤秀吉軍には小さく見えただろう。
北条攻めの際に秀吉軍も多くの戦死者が出たようだが僅か半日で落城してしまった。
障子堀や畝堀が楽しく見学できます。
駐車場あります

+ 続きを読む

+ すべての写真を見る

城とバイク

愛車とヤマナカ (2020/03/01 訪問)

台風の影響で障子堀が、、、赤土丸見え。

+ 続きを読む

やなぎぶそん

変わった堀は唯一無二 (2018/04/08 訪問)

変わった堀は唯一無二です。
とてもよく整備されており見やすいです。

+ 続きを読む

しんちゃん

障子堀・畝堀について私見 (2020/01/13 訪問)

山城巡りは新入生、土木工事は約25年携わってきた私のパッと見た見解ですが、「これは堰堤や貯水槽ではなかろか」です。駐車場から三ノ丸堀→西ノ丸→西櫓→元西櫓→箱井戸→駐車場のコースでしたが、まず地形的に西櫓から元西櫓への高低差が大きく、元西櫓の北側がこの城全体でGHが最も低く急勾配の谷になっており、障子堀や畝堀が無ければ、降った雨は瞬く間にこの谷に流れていったと思います。箱根峠では、雨水は貴重な資源だったはずです。土質についてですが、私は主に静岡県西部の人間で、この地方の土質は詳しくありませんが、扱いずらいのは間違いないと思われます。仮に障子堀等が無いと、堀に流れ込んだ雨水が一気に谷へと走り、堀底や法面が洗われて(削られて)しまい、城に大きなダメージを与えてしまうのではないかと想像します。また、私ならですが、必要以上に掘った悪い土を曲輪に土塁や曲輪形成に盛りたくありません。したがって、「あえて、必要以上に掘らずに格子状に残した」という発想を私見とします。
さて、何故各所台風被害で滑っているのかも私なりに考えてみました。
まず、昭和48年から山中城の復元工事を行なったとありますが、大工事だったと思います。本当に敬意を表したいし、感謝の念しかありません。それまでどうなっていたかわかりませんが、戦国時代からの長い眠りの年月で、木々が力強く根を張り、山城は自然の地形に戻っていた事でしょう。それを伐採抜根し、発掘調査して復元。我々に見やすいように且つ、法面を保護したく、低木を植えて管理してきてくれたと想像します。それが台風等の大雨でしょうか、伐採→発掘→法面張り付け盛土した箇所をいじめ、法面の表土滑りを起こしたと想像します。はっきり言って仕方ありません。山城の法面を当時の資料をもとに復元すべく工事すれば、我々が普段作成する「安定勾配」を無視して作成せざるを得ないからです。「円弧滑り」もあったように見えます。曲輪に溜まった大量の雨水が、行き場を失い法面崩壊に起因する現象です。私的にはですが、崩れたら仕方がないと諦めるので、また本来のままに復元しましょう」と意見したいです!!

+ 続きを読む

+ すべての写真を見る

概要

戦国末期に小田原北条氏と豊臣秀吉が激戦を繰り広げた城。石垣のない土造の城で、落とし穴のような複列型障子堀や単列型障子堀を曲輪の周囲に配することで防御性を高めていた。急斜面に造られた一の堀の畝堀や、畝を掘り残した西の丸の障子堀などが復元整備されている。

城郭情報

城地種類 山城
築城年代 永禄年間(1558~70)ごろ
築城者 後北条氏
主要城主 後北条氏
文化財史跡区分 国指定史跡
近年の主な復元・整備 平成24年度から平成30年度までの予定で、法面の崩落が著しい西の丸・本丸西堀・御馬場曲輪・一の堀の再整備を実施している
主な遺構 障子堀、土塁
住所 静岡県三島市山中新田
問い合わせ先 三島市教育部文化振興課
問い合わせ先電話番号 055-983-2672