日本100名城

かけがわじょう

掛川城

静岡県掛川市

別名 : 懸川城、懸河城、雲霧城、松尾城
旧国名 : 遠江

投稿する
掛川城
口コミ・画像を投稿する

みんなの写真投稿

投稿する

みんなの口コミ

投稿する

赤い城

コロナで時間短縮でした (2021/04/03 訪問)

掛川駅から徒歩で10分。
車なら大手門駐車場が良いかと。
前回9時開門だったのでそれに合わせて行ったところコロナで開門は10時。
終わりも15時半の時短営業中でした。
なので天守には入れませんでしたが散り際の桜を見ながら周辺散策しました。
元は朝比奈泰能が築城、徳川期になると山内一豊が入り天守が築かれ近世城郭となりました。
この街のシンボル的存在。
最近は山城が多かったけど建物のある城も悪くないと思いました。

+ 続きを読む

+ すべての写真を見る

hata

日本100名城 No,042 現存二ノ丸御殿、日本初の木造復元天守。掛川市民の熱意・心意気に感謝します。ありがとうございます。 (2011/07/24 訪問)

■100城の29城目(二回目の登城)【雲霧城】現存4御殿の3城目
☆二泊三日近畿城攻めの6城目(明石城→姫路城→竹田城→篠山城→二条城→掛川城)
【移動手段】車:滋賀県の比良から4.0時間
【駐車場】大手門駐車場(20分100円)
【スタンプ】二の丸御殿内(Good)
【天気】晴れ
【印象】☆☆ きれいに整備されています。木造での復元天守は良いですネ。山内一豊ですか。高知城と似ています。
【お土産】掛川茶
【昼食】途中の豊川でうなぎ!
【同行者】姫、息子、犬(柴)
【他】現存御殿があっての掛川城でした。近畿城攻め第一弾が終了し、戻る途中に寄りました。町に活気がないのが残念。
【柴犬のクウ】何度来ても良いワン!

+ 続きを読む

+ すべての写真を見る

カズサン

掛川桜満開の彩り (2021/03/10 訪問)

 10日前に訪れた時は満開までに後1週間程掛かるかなという状況でしたので今日天気も良くぽかぽか陽気に誘われて掛川桜満開の掛川城の撮影に出掛けました。
 赤ちゃん連れのママ友、同年代シニア世代の男女連れと多くの方で賑わって居ました、掛川桜は外濠の逆川両岸満開状態、よく見ると満開過ぎ根元には花弁がじゅうたん状に散っています。
 花は小振りな濃いピンクの緋寒桜です、本格的染井吉野桜の前に掛川城を彩って呉れてます、前回と同じアングルですが濃くなった掛川桜と掛川城の写真をご覧いただければ幸甚です。

+ 続きを読む

+ すべての写真を見る

カズサン

掛川城と掛川桜、見頃は1週間後? (2021/03/01 訪問)

 緊急事態が一都三県除き解除され城廻りも徐々にしやすく成って来ましたがまだ県内、掛川城に出掛け早咲きの掛川桜は如何にと写真撮影をしました。
 掛川城の外堀逆川の両岸に約300本が植わってます木も大きく成り掛川桜越しに天守閣を望めるエリアが少なく成って来ました、ビューポイントの復元大手門近くの大手橋中央より天守閣、四脚門、太鼓櫓を狙い逆川、両岸の掛川桜を入れる辺りが良いのですが1週間ほど早すぎた様です、ポツンぽつんと植わってる河津桜は満開か過ぎか?どころ。
 チョット不充分な写真ですが投稿いたしますご了承ください。
 掛川桜は2003年掛川市内で発見育成され、2012年「カケガワザクラ」と命名、2014年新園芸品種と認定(案内板より) 緋寒桜の種類で河津桜より小振りで色は赤みが濃厚です。
 
 三月末から染井吉野桜が本格的に咲きそろい掛川城の春の装いが本格的に成ります、東海道方面の城廻りにお加えください。

+ 続きを読む

+ すべての写真を見る

概要

戦国大名今川氏の重臣・朝比奈氏の居城として築かれ、その後徳川家康から豊臣家臣の山内一豊の手に渡り、三重の天守を持つ近世城郭へと大幅に改修された。天守は幕末に取り壊されたが、平成6年に高知城を参考に復元。大変貴重な書院造の二の丸御殿や太鼓櫓が現存している。

城郭情報

城地種類 平山城
築城年代 文明年間(1469〜1487)
築城者 朝比奈泰煕
主要城主 朝比奈氏、山内氏、太田氏
文化財史跡区分 国重要文化財(二の丸御殿)、国重要文化財(油山寺山門(移築大手二之門))
近年の主な復元・整備 山内一豊
天守の現況・形態 型式不明[3重/1590年頃築/倒壊(地震)]、不明[3重/1621年再/倒壊(地震)]、複合式望楼型[3重4階/1996年再/木造復元]
主な関連施設 復元天守、復元門、石碑、説明板
主な遺構 曲輪、二の丸御殿、太鼓櫓、石垣、土塁、横堀、井戸、移築門(油山寺)
住所 静岡県掛川市掛川
問い合わせ先 掛川市役所観光交流課
問い合わせ先電話番号 0537-21-1121