よこてじょう

横手城

秋田県横手市

別名 : 朝倉城、阿櫻城、韮城
旧国名 : 出羽

投稿する
口コミ・画像を投稿する

みんなの写真投稿

投稿する

みんなの口コミ

投稿する

とってぃ

雪のなか… (2020/01/02 訪問)

行ける範囲で。

+ 続きを読む

+ すべての写真を見る

にのまる

石垣のかわりにニラを植えたから別名は韮城。 (2019/06/27 訪問)

大手門まで石段が続く七曲りは横手城時代からの古道。「熊出没」の看板もあり、模擬天守(展望台)まで麓から50m登るだけだと甘く見ていたのを反省^^;(🐻は出ませんでした。)

廃城後に廃材を用いて本丸に建立された秋田神社には戊辰戦争時の弾痕が残っています。武者溜まりは駐車場で二の丸に模擬天守。

天守受付で当日の予定(横手城→大鳥井遺跡→金沢柵→払田柵)などの話をしましたら、近くの史跡の資料あるだけ全部!と現地情報もいただけました。古代城柵は秋田城や志波城に行ってからときめいて✨いるものの知識不足なのでとてもありがたかったです。
スマホ片手に黙々と迷子になりながら歩くのも好きですが(←いつもほぼこんな感じ)、「わからないことは聞く」「とりあえず聞く」何なら「自分で調べた後でも聞く」ことで大事なところを取りこぼさずに見てまわれると実感。ありがたいなぁと思っています。

横手城の話から逸れてしまいましたが、こちらの展望台は12/1〜3/31休館(雪まつりの期間は開館)だそうです。

+ 続きを読む

+ すべての写真を見る

織田晃司

横手市 (2019/04/29 訪問)

横手城模擬天守。
その後、横手焼きそば食べて温泉に入りました。

+ 続きを読む

くろもり

小野寺さん上洛 (2014/09/20 訪問)

戦国時代は小野寺氏が居城としていた城で、関ヶ原の合戦後は佐竹氏家臣の伊達・須田・戸村氏が城代を務めた城でした。

横手城は横手盆地の東に位置する山の上に築かれ、西を流れる横手川が天然の堀を成し、東には沼が広がり、城としての立地は申し分ない印象を受けました。模擬天守からは横手盆地を一望でき、雪は多いでしょうが、豊かな土地であろうなと実感できました。模擬天守は資料館にもなっており、館内撮影可で佐竹氏時代の資料や具足等の展示がありました。

天正10年(1582年)、横手城主・小野寺景道公は上洛して織田信長と会見したそうです。戦国の時代にどのようなルートで上洛したのか気になりますが、やはり日本海を海路で進んだのでしょうか。

また、カルビンさんの投稿にもありますが、本多正純・正勝両公の墓碑が城の近くにあり、正純公が横手で詠んだとされる「日だまりを 恋しと思う うめもどき 日陰の赤を 見る人もなく」の歌碑を見ると切なくなってしまいました。

+ 続きを読む

+ すべての写真を見る

イベント情報

  • 2020年02月15日(土)~2020年02月17日(月)

    横手城

    横手の雪まつり

    横手公園をはじめ市内各地に手作りのかまくらが約100基作られることで有名です。かまくらの中で甘酒やお餅などが振る舞われ、訪れる人を温かい雰囲気で包み込んでくれます。まつりの締めくくりは「旭岡山神社梵天奉納祭」。男衆がきらびやかな「ぼんでん(梵天)」を担ぎ、競い合いながら神社へ向かう勇壮な姿は、寒さを吹き飛ばしてしまうほどに町をアツく盛り上げます。詳しくはサイトをご覧ください。

※ 内容は変更となる可能性があります、予めご了承くださいませ。

城郭情報

分類・構造 山城
天守構造 複合式望楼型[3重4階/1965年築/RC造模擬]
築城主 小野寺氏
築城年 不明
主な改修者 戸村氏
主な城主 小野寺氏、伊達氏・須田氏・戸村氏(佐竹氏家臣)
廃城年 明治元年(1868)
遺構 曲輪、土塁
再建造物 模擬天守、碑、説明板
住所 秋田県横手市城山町
問い合わせ先 横手市役所
問い合わせ先電話番号 0182-35-2111