日本100名城

ななおじょう

七尾城

石川県七尾市

別名 : -

投稿する
七尾城
口コミ・画像を投稿する

みんなの写真投稿

投稿する

みんなの口コミ

投稿する

やなぎぶそん

石垣が素晴らしい (2018/11/20 訪問)

土砂崩れの影響でかなり遠回りしました。
道中の道はとても細く山道で、石もそこら辺に転がっており、落石の危険性もかなりあります。
皆さんも行かれる際は気をつけて下さい。
お城としては、石垣が素晴らしいです。

+ 続きを読む

【亮】

本丸への道 (2019/09/28 訪問)

七尾城はこの眺めが個人的に一番好きです

+ 続きを読む

トベシュン

秋の七尾城址 (2019/09/24 訪問)

北陸5城めぐり 一乗谷城址・丸岡城・高岡城址・七尾城址・金沢城
台風17号と競争で北陸5城を巡りました。

+ 続きを読む

+ すべての写真を見る

イシテル

能登の戦国巨大山城:七尾城 (2019/07/23 訪問)

壮大な山城:七尾城。
七尾城史資料館から登り、袴腰から安寧寺跡へ回り、三の丸、二の丸を経て本丸へ上がりました。
梅雨明け前の曇りでまだ涼しい日でしたが、汗だくになりながら山道を歩き、約1時間で本丸。
途中、温井屋敷の石垣、九尺石の石垣、遊佐屋敷の石垣を堪能して、本丸からの眺望。
本丸について、少し休んでいると雨がバラバラ降ってきて、落城。
曇りで絶景は雲の合間から七尾湾を見て想像。次回を期待します。
壮大な山城で遺構も良く整備されていて、最高です。

+ 続きを読む

+ すべての写真を見る

概要

能登守護畠山氏が山上に築いた巨大な居城。本丸と長屋敷との間の大堀切や、野面積の石垣が見どころ。本丸へと続く道や、調度丸と桜馬場間に残っている石垣は、低い石垣を段々に築くことで高石垣のような威圧感を与えている。桜馬場の西の曲輪にある石垣に積まれた、巨大な九尺石も圧巻。

城郭情報

城地種類 山城
築城年代 戦国時代前期(永正~大永年間[1504~28]ごろ)
築城者 能登畠山氏
主要城主 能登畠山氏
文化財史跡区分 国指定史跡
近年の主な復元・整備 平成元年、平成20年に石垣を修理
天守の現況・形態 天守台のみ残る
主な関連施設 七尾城史資料館、懐古館(古民家・国登録文化財)
主な遺構 本丸、二の丸、三の丸、調度丸、桜馬場、石垣、空堀、土塁
住所 石川県七尾市古府町、古屋敷町、竹町
問い合わせ先 七尾市教育委員会文化財課
問い合わせ先電話番号 0767-53-8437