日本100名城

ななおじょう

七尾城

石川県七尾市

別名 : -

投稿する
七尾城
口コミ・画像を投稿する

みんなの写真投稿

投稿する

みんなの口コミ

投稿する

オダリン

能登守護畠山氏の居城 (2008/03/19 訪問)

三段になった野面積みの石垣は見事で素晴らしい。スケールの大きな山城で広大な主郭からの眺望はもっと天候の良い日の眺めは最高であろう。静寂な古城の雰囲気のあるいい城だと思う。

+ 続きを読む

+ すべての写真を見る

ケンタ

秋の登城がお薦めです❗ (2016/10/03 訪問)

頂上まで一気に車で上ることもできますが、秋に麓の資料館から小一時間かけて登るのがお薦めです。

途中案内が出ているので、迷うことはないと思います。

七尾城の石垣と本丸付近からの眺めは、能登半島を見渡せ、近くにある展望台よりも眺めが最高です。

上杉謙信も城攻めに訪れた時、思わずその眺めのよさに読んだ一句も有名です。

+ 続きを読む

+ すべての写真を見る

ぐぢ

本丸からの景色 (2018/05/27 訪問)

七尾湾をのぞみ最高ですね。
海が浮いているように見えます。
100名城のスタンプは麓の資料館でなく、城山パーキングにありました。
休日はそちらにあるそうです。

+ 続きを読む

ちゃんえり

能登半島を臨む絶景 (2018/04/30 訪問)

自然あふれる山の中の城址。
ボランティアガイドの方に案内をしていただき、プチハイキング。

ちなみに、百名城スタンプは、麓の資料館でいただくのが通常?らしいですが、城址のある山中のガイド受付でも押してもらえました。しかも、登城記念の認定証まで!
資料館からはハイキングコースの案内もあります。

+ 続きを読む

概要

能登守護畠山氏が山上に築いた巨大な居城。本丸と長屋敷との間の大堀切や、野面積の石垣が見どころ。本丸へと続く道や、調度丸と桜馬場間に残っている石垣は、低い石垣を段々に築くことで高石垣のような威圧感を与えている。桜馬場の西の曲輪にある石垣に積まれた、巨大な九尺石も圧巻。

城郭情報

城地種類 山城
築城年代 戦国時代前期(永正~大永年間[1504~28]ごろ)
築城者 能登畠山氏
主要城主 能登畠山氏
文化財史跡区分 国指定史跡
近年の主な復元・整備 七尾城史資料館、懐古館(古民家・国登録文化財)
天守の現況・形態 天守台のみ残る
主な関連施設 平成元年、平成20年に石垣を修理
主な遺構 本丸、二の丸、三の丸、調度丸、桜馬場、石垣、空堀、土塁
住所 石川県七尾市古府町、古屋敷町、竹町
問い合わせ先 七尾市教育委員会文化財課
問い合わせ先電話番号 0767-53-8437