日本100名城

ななおじょう

七尾城

石川県七尾市

別名 : -

投稿する
七尾城
口コミ・画像を投稿する

みんなの写真投稿

投稿する

みんなの口コミ

投稿する

火ノ島豊後守正宗

七尾城 (2020/06/04 訪問)

正百名城55城目。
北陸横断記5城目。
金沢駅から電車で1時間以上かけて七尾駅にやってきました。
レンタサイクルを借用しようと思っていましたが、某感染症の影響で閉鎖していました。
その為、市営バスで20分程度で資料館前まで移動して「七尾城本丸」を目指して登城しました。
登城すること40分。なかなかの山城でした。
ただ、山城は本当にいいものです。
山頂まで行ったときの達成感はとても素晴らしいです。
まさに城を攻略したような気持ちを味わえます。

+ 続きを読む

+ すべての写真を見る

カルビン

【家×お城】登城したお城しりとり【202】 (2014/07/23 訪問)

todo94さんのナイスパス「垣花城」の「な」を頂きまして、

七尾(ななお)城:石川県七尾市100名城


前日に七尾入りして駅前のビジネスホテルに泊まり、朝駈けした七尾城。

天候が微妙で所々日差しはあったものの全体的にガスってたので遠望が微妙でした。。。といっても夏真っ盛りに訪問したおかげで石垣も藪に覆われて見辛い場所も多かったので訪問時期間違えたかな。。。というのは否めませんでした。
(しかも日影で蚊に襲われまくったのでorz)

朝早すぎて山上駐車場まで車とすれ違う事もなく(帰りにタクシー1台とすれ違っただけ)、登城中も誰とも会わず。
(道が細くすれ違いに苦労するケースが多いと伺っていたので、車で山上に行く場合はご注意下さい。)
そのお蔭で七尾城のあちこちで石垣等の遺構を見る度に感嘆の独り言つぶやいても誰にも聞かれなかったのはラッキーだったのかもw

麓からだと城域まで徒歩4、50分かかると各サイトで書かれてましたが、そこから更にアップダウンの多い七尾城攻めるのは結構厳しいかと。。。可能なら車で山上まで行ったほうが宜しいと思います。

元祖100名城に恥じない、お城好きならここは是非行くべきところです。


次の場所に移動する前に麓の資料館で100名城スタンプを入手したかったものの、降りてきた時にはまだ開館の1時間ちょっと前で。。。
待つ事覚悟してましたが、良く見たら入口にスタンプあった(現状は不明)ので、すぐに次の目的地(春日山城)に向かえました。



次の方、「お」で始まる最後の100名城・九州の大きなお城でお願い致します。
(昨年近くまで行くものの、猛暑の為登城を断念して大宰府と水城だけ立ち寄った為、お城登城記録が無くてorz)


※しりとり業務連絡
大野城がクリアされれば「お」の手札で「引」と「よ」に繋げられる手札解禁しようと思います。
「よ」の方はそのまま「こ」の元祖/続100名城に繋げられますので先に山形県の方の「よ」を処理させて頂きたく。
「こ」のお城で後ろに「倉」の付くお城のアフターケアすべき手札を自分持って無いので、北海道が先になりそうです。

+ 続きを読む

+ すべての写真を見る

ろくべえ

石垣がすごい! (2019/08/25 訪問)

とにかく石垣がすごい❕石垣をたんのうしながら上に登ると綺麗なけしきがひろがります

+ 続きを読む

やなぎぶそん

石垣が素晴らしい (2018/11/20 訪問)

土砂崩れの影響でかなり遠回りしました。
道中の道はとても細く山道で、石もそこら辺に転がっており、落石の危険性もかなりあります。
皆さんも行かれる際は気をつけて下さい。
お城としては、石垣が素晴らしいです。

+ 続きを読む

概要

能登守護畠山氏が山上に築いた巨大な居城。本丸と長屋敷との間の大堀切や、野面積の石垣が見どころ。本丸へと続く道や、調度丸と桜馬場間に残っている石垣は、低い石垣を段々に築くことで高石垣のような威圧感を与えている。桜馬場の西の曲輪にある石垣に積まれた、巨大な九尺石も圧巻。

城郭情報

城地種類 山城
築城年代 戦国時代前期(永正~大永年間[1504~28]ごろ)
築城者 能登畠山氏
主要城主 能登畠山氏
文化財史跡区分 国指定史跡
近年の主な復元・整備 平成元年、平成20年に石垣を修理
天守の現況・形態 天守台のみ残る
主な関連施設 七尾城史資料館、懐古館(古民家・国登録文化財)
主な遺構 本丸、二の丸、三の丸、調度丸、桜馬場、石垣、空堀、土塁
住所 石川県七尾市古府町、古屋敷町、竹町
問い合わせ先 七尾市教育委員会文化財課
問い合わせ先電話番号 0767-53-8437