日本100名城 現存12天守

まるおかじょう

丸岡城

福井県坂井市

別名 : 霞ヶ城

投稿する
丸岡城
口コミ・画像を投稿する

みんなの写真投稿

投稿する

みんなの口コミ

投稿する

ミッピのパパ

ぜひ国宝に! (2019/05/25 訪問)

無骨で飾り気がない天守だが、そこが魅力で、ずっと見ていられる ”これぞ戦国の城”。

+ 続きを読む

たかさん

意外と・・・ (2019/05/01 訪問)

GWの真ん中に出かけました。小雨が降る中、到着しましたが、意外と人が少なくゆっくりと
観光できました。天守内部の急な階段も昔の趣が残っていて良かったです。
現存12天守も後3城。今年中に制覇したいです。
(ただ、弘前城は難しいかなあ)

+ 続きを読む

江尻のJ

老人にはきつい (2019/05/30 訪問)

入口の石段、城の中の階段、老人には非常にきつい階段でした。

+ 続きを読む

ぴーかる

丸岡城 (2016/12/17 訪問)

【百名城16城目】
<駐車場他>城の北側に無料駐車場あり。
<交通手段>車

<見所>天守・石垣

<感想>前泊し昼ごろ到着。城の北側に土産物のある売店に駐車する。ほぼ遺構は天守と本丸石垣ぐらいしか残っていないので、天守内外観・野面積みの天守台石垣を十分堪能するしかない。天守内撮影OKです。天守の大きさは巨城にある櫓レベルだが、百名城公式ガイドブック通り古風な格式がある内部。福井地震で倒壊した再建を全く思わせない。格子から垣間見える石瓦がすごく風情がある。天守見学後歴史民俗資料館にも行った。丸岡城に関する展示物はあまり無く、古銭などが展示されていた。

<満足度>★★★☆☆

+ 続きを読む

+ すべての写真を見る

概要

柴田勝家の甥・勝豊が天正4年(1576)に築城し、その時に造った天守は現存するものでは日本最古とされている。小さい丘に本丸と二の丸があり、五角形の内堀、さらにその外側が三の丸と外掘で囲まれていた。本丸といくつかの堀が現存し、笏谷石を屋根瓦に用いた二重三階の天守が古の風格を今に伝える。

城郭情報

城地種類 平山城
築城年代 天正4年(1576)
築城者 柴田勝豊
主要城主 柴田氏、安井氏、青山氏、今村氏、本多氏、有馬氏
文化財史跡区分 重要文化財1件
近年の主な復元・整備 平成14~15年に天守の屋根を修理
天守の現況・形態 望楼型 二重三階 木造(現存)
主な関連施設 丸岡歴史民俗資料館
主な遺構 天守、本丸、石垣
住所 福井県坂井市丸岡町
問い合わせ先 霞ヶ城公園事務所
問い合わせ先電話番号 0776-66-0303