日本100名城 現存12天守

まるおかじょう

丸岡城

福井県坂井市

別名 : 霞ヶ城

投稿する
丸岡城
口コミ・画像を投稿する

みんなの写真投稿

投稿する

みんなの口コミ

投稿する

ノリ

丸岡城紅葉 (2018/11/18 訪問)

紅葉まつり開催時に訪問
期間限定「トレジャーハントジャーニー」に参加
宝を探しながら丸岡城周辺を散策。

+ 続きを読む

Zackt

現存12天守閣ラスト (2018/11/10 訪問)

現存天守閣制覇

+ 続きを読む

イオ

古風な天守と「一筆啓上」 (2018/11/03 訪問)

五角形の内堀は埋められ、天守と石垣以外に遺構はほとんどありませんが、現存最古とされる天守は小ぶりで華美さはないながらも、笏谷石の屋根瓦など他にない魅力もあり、古風で落ち着いた美しさがありました。

ところで、丸岡城の入場券は丸岡歴史民俗資料館と一筆啓上日本一短い手紙の館の3館共通であり、せっかくなので他の2館にも行ってみました(貧乏性)。
歴史民俗資料館は…普通の小さな資料館。
日本一短い手紙の館は、丸岡藩初代藩主本多成重の父「鬼作左」こと本多重次の「一筆啓上…」の手紙にちなんで設けられた「一筆啓上賞」に寄せられた作品を展示する施設で、読んでいて思わず笑ってしまったり、ほっこりしたり、しみじみしたり…と、ひととき時間を忘れてしまいました。お時間があればぜひ!

+ 続きを読む

+ すべての写真を見る

ショウノスケ

先乗りで福井国体会場へ! (2018/09/14 訪問)

現存天守を満喫也

+ 続きを読む

+ すべての写真を見る

概要

柴田勝家の甥・勝豊が天正4年(1576)に築城し、その時に造った天守は現存するものでは日本最古とされている。小さい丘に本丸と二の丸があり、五角形の内堀、さらにその外側が三の丸と外掘で囲まれていた。本丸といくつかの堀が現存し、笏谷石を屋根瓦に用いた二重三階の天守が古の風格を今に伝える。

城郭情報

城地種類 平山城
築城年代 天正4年(1576)
築城者 柴田勝豊
主要城主 柴田氏、安井氏、青山氏、今村氏、本多氏、有馬氏
文化財史跡区分 重要文化財1件
近年の主な復元・整備 平成14~15年に天守の屋根を修理
天守の現況・形態 望楼型 二重三階 木造(現存)
主な関連施設 丸岡歴史民俗資料館
主な遺構 天守、本丸、石垣
住所 福井県坂井市丸岡町
問い合わせ先 霞ヶ城公園事務所
問い合わせ先電話番号 0776-66-0303