日本100名城 現存12天守

まるおかじょう

丸岡城

福井県坂井市

別名 : 霞ヶ城

投稿する
丸岡城
口コミ・画像を投稿する

みんなの写真投稿

投稿する

みんなの口コミ

投稿する

前ちゃん

2度目の登城 (2020/08/25 訪問)

JR丸岡駅から徒歩4キロ歩いた。帰り(福井駅行、芦原温泉駅行)のバスも時間が合わず、歩くことに

スタンプと御朱印!おためだけに、トホホ

+ 続きを読む

昌官忠

100名城制覇 (2017/11/04 訪問)

こじんまりとした二重三階の望楼型天守と野面積の天守台石垣がよかった

+ 続きを読む

火ノ島豊後守正宗

丸岡城 (2020/06/02 訪問)

正百名城54城目。
北陸横断記3城目。
JR福井駅前のバスターミナルよりバスに乗車して50分程度で丸岡城前に到着します。
公共交通機関で行くならば、これが一番アクセスしやすいです。
お城自体はこじんまりとしておりますが、場内は歴史を感じます。
階段の角度がすさまじかったです。私が今まで見たお城の中ではトップクラスでした。

+ 続きを読む

+ すべての写真を見る

あつち十億兵衛

現存12天守めぐり (2013/09/06 訪問)

鬼柴田(柴田勝家)の甥、柴田勝豊が築城した城
鬼作佐こと本多作佐衛門が陣中から送った日本一短い手紙として有名な「一筆啓上 火の用心 お仙泣かすな 馬肥やせ」の書簡碑もあり、何かと鬼👹に縁のある城
小さな天守だが、武骨で何とも言えない雰囲気のある城で、ロープを使わないと登れないほどの急な階段を登ると、小高い丘の上に建っていることもあり、素晴らしい眺望と心地よい風が迎えてくれる

+ 続きを読む

概要

柴田勝家の甥・勝豊が天正4年(1576)に築城し、その時に造った天守は現存するものでは日本最古とされている。小さい丘に本丸と二の丸があり、五角形の内堀、さらにその外側が三の丸と外掘で囲まれていた。本丸といくつかの堀が現存し、笏谷石を屋根瓦に用いた二重三階の天守が古の風格を今に伝える。

城郭情報

城地種類 平山城
築城年代 天正4年(1576)
築城者 柴田勝豊
主要城主 柴田氏、安井氏、青山氏、今村氏、本多氏、有馬氏
文化財史跡区分 重要文化財1件
近年の主な復元・整備 平成14~15年に天守の屋根を修理
天守の現況・形態 望楼型 二重三階 木造(現存)
主な関連施設 丸岡歴史民俗資料館
主な遺構 天守、本丸、石垣
住所 福井県坂井市丸岡町
問い合わせ先 霞ヶ城公園事務所
問い合わせ先電話番号 0776-66-0303