日本100名城 現存12天守

まるおかじょう

丸岡城

福井県坂井市

別名 : 霞ヶ城
旧国名 : 越前

投稿する
丸岡城
口コミ・画像を投稿する

みんなの写真投稿

投稿する

みんなの口コミ

投稿する

hata

日本100名城 No,036 野武士のような貫禄ありです。 (2011/09/23 訪問)

■100城の38城目(初登城)【霞ヶ城】現存天守12城の4城目
☆二泊三日北陸城攻めの2城(一乗谷城→丸岡城→金沢城→七尾城→高岡城)
【移動手段】車:一乗谷城→大本山永平寺→越前竹人形の里→丸岡で約30km
【駐車場】一筆啓上茶屋前駐車場(無料) 
【スタンプ】天守内券売所(GOOD)
【天気】晴れ時々曇り
【印象】☆☆ 現存天守(現存最古)は威厳が有り、風格のある佇まいです。
【お土産】途中で竹グッズなど
【昼食】「一筆啓上茶屋」で福井県人セット・想像以上の美味!永平寺の蕎麦よりも美味しい!
【同行者】姫、息子、犬(柴)
【他】今回の北陸城廻りのメインです。丸岡城は戦前に国宝に指定されたが、昭和23年の福井地震で倒壊。倒壊材料で再建され、現在天守は重要文化財に。桜の時期が良いようです。犬は入れません。一乗谷城○→大本山永平寺◎→越前竹人形の里○→丸岡城◎→その後、宿泊地の石川県白山へ。
【柴犬のクウ】茶屋から先は、入場禁止だワン!

+ 続きを読む

+ すべての写真を見る

昌官忠

次男と二人でクラブツーリズム「北陸7名城めぐり2日間」⑦ (2017/11/04 訪問)

次男と二人でクラブツーリズム「北陸7名城めぐり2日間」の7城目(ラストです)は丸岡城です。越前大野城からの転戦です。
100名城スタンプは「霞ヶ城公園管理事務所」で押しました。

城びと入会時の2020/07/29に「こじんまりとした二重三階の望楼型天守と野面積の天守台石垣がよかった」の投稿していました。
あまりに中身がないので再投稿します。一乗寺城でカメラを落として写真がとれませんでしたが、試しで撮った写真がかろうじて大丈夫そうなので投稿します。

柴田勝家の甥・勝豊が1576年(天正4年)に築城し、その時に造った天守は現存するものでは日本最古とされていましたが、近年の調査により築城年代は江戸初期であることがわかりました。
江戸時代には福井藩の附家老として城主をつとめていた本多成重が城主
福井藩主・松平忠直の隠居に伴い本多家が独立し、丸岡藩が成立
本多家が改易となったのちは、有馬氏が入封し、以後8代が丸岡藩藩主となる
1948年(昭和23年)の福井大地震で天守は倒壊
1955年(昭和30年)に部材を70%以上再利用し組み直して修復再建されました

見所は天守につきます。自分的には無骨な石垣・石瓦(鬼瓦)と懸魚が好きです。攻城時間は60分くらいでした。

+ 続きを読む

+ すべての写真を見る

ほーり

階段が‥‥‥‥‥ (2020/11/23 訪問)

数少ない現存天守で一番古い類のものです。
他の城と違うところが多くあります。
特に他の現存天守もそうですが、階段が急ですが、ここの階段は他とは一味違います。
運動不足もあり、かなり怖かったです。

+ 続きを読む

前ちゃん

2度目の登城 (2020/08/25 訪問)

JR丸岡駅から徒歩4キロ歩いた。帰り(福井駅行、芦原温泉駅行)のバスも時間が合わず、歩くことに

スタンプと御朱印!おためだけに、トホホ

+ 続きを読む

概要

柴田勝家の甥・勝豊が天正4年(1576)に築城し、その時に造った天守は現存するものでは日本最古とされている。小さい丘に本丸と二の丸があり、五角形の内堀、さらにその外側が三の丸と外掘で囲まれていた。本丸といくつかの堀が現存し、笏谷石を屋根瓦に用いた二重三階の天守が古の風格を今に伝える。

城郭情報

城地種類 連郭式平山城
築城年代 天正4年(1576)
築城者 柴田勝豊
主要城主 柴田氏、青山氏(丹羽氏家臣)、今村氏(結城氏家臣)、本多氏、有馬氏
文化財史跡区分 国重要文化財(丸岡城天守)
天守の現況・形態 独立式望楼型[2重3階/築年不明/現存]
主な関連施設 石碑、説明板
主な遺構 曲輪、天守、移築門、石垣
住所 福井県坂井市丸岡町霞
問い合わせ先 霞ヶ城公園事務所
問い合わせ先電話番号 0776-66-0303