日本100名城

こもろじょう

小諸城

長野県小諸市

別名 : 酔月城、穴城、白鶴城、鍋蓋城
旧国名 : 信濃

投稿する
小諸城
口コミ・画像を投稿する

みんなの写真投稿

投稿する

みんなの口コミ

投稿する

ふゆづき

富士見城(城びと未掲載) (2022/04/29 訪問)

城びと未掲載の富士見城を訪問しました。
この城は小諸城の支城として築かれたとのことであり、小諸城の城名を借りました。
徳川、上杉、北条が争った時には、徳川家臣の柴田康忠が城主を務めたこともあるようです。
写真をご覧頂ければおわかりのとおり、主郭を中心に初期の石垣が築かれており、高石垣の技術が未発達であったため、複数の段差をつけた形で築かれています。

この城の場所は飯綱山高原の一角(歴史地区)にあり(小諸高原美術館の裏手にあたります)、小高い丘の上にあります。
遺構としては、上記の石垣の外に、堀切や土塁などが確認でき、野戦築城としては十分な供えができているように思います。
アクセスは、小諸インターから車で5分程度であり、小諸高原美術館の駐車場等が利用できます。
これほどまでに遺構が残っているのに、あまり知られることがなかったことが不思議な感じがします。

なお、訪問したのは4月末でしたが、城は小諸八重紅枝垂桜に囲まれており、本当に美しい風景でした。
皆様も是非訪問して下さい。

+ 続きを読む

+ すべての写真を見る

姫街道

穴城である事 (2022/05/05 訪問)

まず驚いたのは、大手門の位置と向き・門周りの石垣だ。これだけの門なのに、石垣と門がアンバランスで不思議だ。大手門から本丸までがまたまるで迷路のようだ。大手門の次が三の門になるが、大手門から高低差がどれだけあるだろう…とにかく低い位置に立派な三の門が現れる。そこから本丸は、総石垣と言っても過言ではない。石垣に囲まれた曲輪内に弓道場があり、風情がある。城下町より低い位置にある穴城だが、曲輪はさらに石垣に囲まれていて、より一層低い位置にある感覚を受ける。本丸は武者走りがぐるりとまわっており、見応え十分だ。

+ 続きを読む

+ すべての写真を見る

ryu

春スキーと小諸城(2015年) (2015/03/21 訪問)

菅平高原に春スキーに行った後、訪城。
お城近くにある蕎麦屋「草笛」に15時の閉店間際に飛び込み、くるみ蕎麦をいただく。この時間に食べるには小盛りで十分。
この後、城内を見学。
三の門~二の門跡~二の丸跡~中仕切門跡~南丸跡~黒門橋~黒門跡~お駕籠台跡~本丸~懐古神社~鏡石~天守台~富士見台~馬場~武器庫~水の手展望台、水の手不明御門跡~藤村記念館〜徴古館~大手門と見て回る。

+ 続きを読む

+ すべての写真を見る

カズサン

山本勘助の縄張を仙谷秀久が織豊系に大改修 (2010/09/26 訪問)

 武田信玄が天正12年(1543年)侵攻し山本勘助が縄張し築城、小田原征伐後戦功により豊臣政権の仙谷秀久が城主と成り、織豊系城郭に大改修、素朴な織豊系前期の野面積石垣が見所の一つでもある、三重の天守閣が建っていたとの事。
 浅間山火砕流堆積台地の侵食渓谷を上手く利用し二重三重に掘られた大堀割も見所の一つであり、西の守り千曲川も景観と共に藤村も吟じた景勝地でも有ります。

 今回は近年に、明治初めに民間に払い下げられていた大手瓦門が元の位置に修復再建されたとの前情報も有り、近くの龍岡城五稜郭を初登城した後12年前の平成22年9月下旬久しぶりの登城をしました。
 車は小諸城北側の専用大駐車場を利用、そこから歩いて三の門までは直ぐ近くです。

 目的の三の丸大手瓦門は後にして、三の門懐古園の額が架かってる、二の丸二の門跡、二の丸虎口、南の丸虎口、北の丸跡、黒門橋、同堀切、黒門跡、本丸をぐるっと回り、内部に、天守台に登る、本丸は天守台が北西隅に在り野面積の扇の勾配素朴で風情が有ります、周囲は石塁で囲んでる、本丸は台形で北谷、南谷、西谷、千曲川で守られ、東は黒門の堀切で守られている、侵食渓谷の様な大堀割は素晴らしく他に類を見ない圧巻絶景です。
 今回目的の大手瓦門を二ノ丸、三の丸間の大堀切底を通ってるしなの鉄道地下道を通り抜けて公園に成ってる三の丸大手瓦門を観察見学撮影、二階櫓門で立派な門で、四の門とも言われてる。左右石垣に挟まれ民間に払い下げられた大手門は一部改築されて居ましたが、部材を用いて往年の大手門が復興再建されました、往時の佇まいを見られるようになり大変ありがたい事です。

 

+ 続きを読む

+ すべての写真を見る

概要

大井氏が築いた鍋蓋城と支城の乙女城が前身。これらを領有した武田信玄が縄張を拡充し、さらに仙石秀久・忠政父子が三重の天守などを築いて近世城郭へと改修した。現存する大手門や三の門から当時の様子が伺える。城下町、三の丸、二の丸、本丸の順に場所が低くなっていることから「穴城」とも呼ばれている。

城郭情報

城地種類 平山城
築城年代 天文23年(1554)
築城者 武田信玄
主要城主 武田氏、仙石氏、牧野氏
文化財史跡区分 国重要文化財(大手門、三之門)
近年の主な復元・整備 仙石秀久
天守の現況・形態 型式不明[3重/1590年頃/焼失(落雷)]
主な関連施設 石碑、説明板
主な遺構 曲輪、大手門、三之門、天守台、石垣、横堀(空堀)
住所 長野県小諸市丁311
問い合わせ先 小諸市懐古園事務所
問い合わせ先電話番号 0267-22-0296