日本100名城

こもろじょう

小諸城

長野県小諸市

別名 : 酔月城、白鶴城

投稿する
小諸城
口コミ・画像を投稿する

みんなの写真投稿

投稿する

みんなの口コミ

投稿する

【6城目】 (2020/06/28 訪問)

懐古園駐車場に13時30分頃に到着。込み具合はまったくなし。駐車料金は500円。
徴古館の入口入って右手に設置されたスタンプを押印。
城内に入り、懐古神社に参拝し、御朱印もいただく。
その後、藤村記念館と小諸市立小山敬三美術館も訪問。
全体的に全く混んではおらず、比較的スムーズな訪問でした。
スタンプの状況:★★★★☆
公共交通機関の便利さ:★★★★★
現地滞在時間:30分

+ 続きを読む

ろくべえ

小諸城に行きました。 (2019/05/02 訪問)

小諸城に行きました。
穴城です。
武田信玄の領地です。
武田信玄がなわばりの基礎を作り上げ豊臣政権成立後に仙石秀久・忠政父子二代が三重天守をつくりました。
今は天守台石垣と三の門と大手門が残っていてその内の三の門と大手門が国の重要文化財になっています。
石垣も見どころです。
きれいな門です。
三の門と石垣の写真がありません。
ちょうど桜がさいていました
すいません。

+ 続きを読む

mibupu

動物園もあるよ

城跡というより、公園?動物園もあった〜🦁
鏡石は鏡みたいにピカピカ⭐️
何より遠かった…

+ 続きを読む

+ すべての写真を見る

カモン掃部

駅からスグのお城 (2020/03/12 訪問)

とにかく駅直結ぐらい近くあります。
これは交通機関で城めぐりをしてる者にとってとてもうれしいです。
みどころは現存する2つの門は素晴らしいの一言。
城の周りは深い谷に囲まれていて狼煙台跡からの眺望も楽しめました。
真田のお城のついでで訪問しましたがいい意味で期待を裏切られました。満足です。

+ 続きを読む

概要

大井氏が築いた鍋蓋城と支城の乙女城が前身。これらを領有した武田信玄が縄張を拡充し、さらに仙石秀久・忠政父子が三重の天守などを築いて近世城郭へと改修した。現存する大手門や三の門から当時の様子が伺える。城下町、三の丸、二の丸、本丸の順に場所が低くなっていることから「穴城」とも呼ばれている。

城郭情報

城地種類 平山城(穴城)
築城年代 天文23年(1554)、慶長末期(1614~15)
築城者 武田信玄、仙石秀久
主要城主 武田氏、仙石氏、徳川氏、松平(久松)氏、青山氏、酒井氏、西尾氏、石川氏、牧野氏
文化財史跡区分 国重要文化財(大手門、三の門)
近年の主な復元・整備 平成16年から大手門の解体修理を実施、平成20年修復完了
天守の現況・形態 天守台のみ残る
主な関連施設 徴古館
主な遺構 大手門、三の門、天守台、石垣
住所 長野県小諸市丁311(懐古園)
問い合わせ先 小諸市懐古園事務所
問い合わせ先電話番号 0267-22-0296