かくだじょう

角田城

宮城県角田市

別名 : 角田要害、金鶏館、金鶏ヶ館、臥牛城
旧国名 : 陸奥

投稿する
城址碑
口コミ・画像を投稿する

みんなの写真投稿

投稿する

みんなの口コミ

投稿する

ぎりょう

懸造りを持つ仙台藩一門筆頭石川家の城 (2021/05/04 訪問)

藩政時代の領主石川家臣団の武具を集めた「甲冑展」が角田市郷土資料館で開催中とのことで角田市を訪問した。江戸期の戦闘用甲冑や飾り甲冑、武具などが多数展示されており楽しめた。また同郷土史資料館には仙台藩主伊達家一門筆頭の家柄である石川家、三代宗敬(むねたか)に嫁いだ政宗の次女「牟宇姫」(むうひめ)、角田要害についての資料が常設展示されている。

今回特に目についたのが貞享4年(1687)に堀さらいを願い出た際の「角田要害図」である。要害とは仙台藩から上級家臣に地方知行とともに宛がわれた在郷屋敷で、そのほとんどが中世からの城館である。要害図の中央左、高い切岸で囲われた主曲輪の「居所」と書かれた文字の右に懸造りが描かれている。仙台城本丸の他に、懸造りが角田要害にもあったことの証であり、ちょっと驚かされた。

角田地方は多賀国府と霊山をむすぶ要地で南北朝時代から田手氏・伊達氏・亘理氏・相馬氏による騒乱の地であり、江戸時代に入っても仙台藩の南に対する防御は白石城・金山要害・角田要害が担っていたのだろう。
城は角田盆地の中央、西からのびる台地がくびれた独立丘陵の最高所を主曲輪とし周囲の曲輪を水掘で囲った平山城。東西400m、南北450m、標高28mの規模と云う。築城者は天正年間に相馬氏に備えて配された伊達成実とされる。慶長3年(1598)角田の地は石川昭光に与えられ、家禄2万1380石、一門筆頭として明治維新まで続いた。
城址は角田高校と角田中学校の校地となり、水堀も埋め立てられ、高校への通学路脇の切岸にかつての面影が残っている。また石川家の菩提寺「長泉寺」には大手門(臥牛門)が移築されている。
角田城(角田要害)と城主石川家を理解いただくため「角田市郷土資料館」への訪問をお勧めしたい。


+ 続きを読む

+ すべての写真を見る

dougen

2019.3.30登城 (2019/03/30 訪問)

小堤城から県道14号で角田市方面へ、国道349号を南下し、阿武隈急行角田駅の近くにある角田高校、角田中学校が角田城址となります。

角田高校の入口のところに立派な石碑があり、学校が建つ敷地の見事な切岸は明らかに城址だったことを物語っています。

+ 続きを読む

カズサン

角田城本丸は角田高校 (2016/04/10 訪問)

 平成28年4月中旬陸奥金山城を終えて国道113号線北上約10km超の角田市に在る角田城を初登城。
 車は県道から水路を越えて角田高校に入って北に在るグラウンドの南面フェンス沿いに角田城の案内解説板が有りその近くの広い道脇に路駐。
 本丸の丘陵は角田高校に成って居り丘陵の法面が城塁切岸、余湖図コレクションさんの俯瞰図によると内濠が在るのですがグランドなどに成って居り形跡ははっきりしませんが県道沿いの水路、高校導入路より一段と低くなっていますから水濠の跡か?グーグルマップの写真で見ると高校の南法面と市街地の間に草地に様な湿地が散見され水濠かも?
 時期的に桜に覆われて美しい景観でした。

 角田城も相馬氏伊達氏との抗争で天正12年(1584年)伊達氏の支配と成り江戸期を通じて伊達氏家臣石川氏が角田要害として維持し明治に及ぶ。

+ 続きを読む

+ すべての写真を見る

todo94

スペースタワー (2005/05/04 訪問)

台山公園のスペースタワーから城を俯瞰。手前の中学校の奥、高台に建っている角田高校が城跡だ。スペースタワーに並んでHⅡロケットが立っていて、隣接するコスモハウスには惑星探査機ボイジャーや人工衛星の展示などがある。角田高校にまで足を伸ばしてみるととりあえず、城跡の碑だけは立っていた。また、台山公園近くの長泉寺には角田要害大手門が臥牛門として移築されている。

+ 続きを読む

城郭情報

分類・構造 平山城
築城主 田手宗時
築城年 永禄年間(1558〜1570)
主な城主 田手氏、伊達氏、石川氏
遺構 曲輪、横堀、移築門
再建造物 石碑、説明板
住所 宮城県角田市角田字牛舘1
問い合わせ先 角田市教育委員会事務局生涯学習課
問い合わせ先電話番号 0224-63-2221