日本100名城

まつしろじょう

松代城

長野県長野市

別名 : 海津城

投稿する
松代城
口コミ・画像を投稿する

みんなの写真投稿

投稿する

みんなの口コミ

投稿する

mibupu

真田家

お城の後は真田邸へ
今真田三代がマイブームの私は真田邸で観た15分間のビデオがとても勉強になり、面白かった。

+ 続きを読む

+ すべての写真を見る

洸(あきら)

上田と並ぶ真田の地 (2019/03/06 訪問)

宝物館や文武学校などとあわせて、城もゆっくり堪能しました。
スタッフの方々も、親切でいろいろ教えていただきました。
城郭は、広々とした公園となっていて、時間がゆっくり流れていました。
バスを使わず、屋代駅からレンタサイクルで行ったら、けっこうな距離でしたが、道中は楽しかったです。

+ 続きを読む

城とら

真田さんの城下町が残ってますⅣ (2011/04/16 訪問)

文武館・真田さんとこの学校です

+ 続きを読む

+ すべての写真を見る

城とら

真田さんの城下町が残ってますⅢ (2011/04/16 訪問)

真田さんのお宅です

+ 続きを読む

+ すべての写真を見る

概要

武田信玄が北信濃を支配するため千曲川東方に築いた海津城が前身で、川中島合戦では武田方の拠点となった。信濃松代藩の3代藩主・幸道の頃に松代城と改められた。本丸大手口にあたる太鼓門や、搦手口を守る北不明門が近年になって復元され、武田流築城術の特徴を物語っている。

城郭情報

城地種類 平城
築城年代 永禄3年(1560)ころ
築城者 武田信玄
主要城主 武田氏、織田氏、上杉氏、田丸氏、森氏、松平氏、松平(越前)氏、酒井氏、真田氏
文化財史跡区分 国指定史跡
近年の主な復元・整備 平成16年に本丸太鼓門・太鼓門前橋・北不明門、二の丸土塁の復元が終了
天守の現況・形態 天守台(戌亥隅櫓台)のみ残る
主な関連施設 真田宝物館、真田邸(附新御殿跡)、文武学校、旧白井家表門、旧横田家住宅、象山記念館
主な遺構 本丸、二の丸、堀
住所 長野県長野市松代町松代44地
問い合わせ先 松代文化施設等管理事務所
問い合わせ先電話番号 026-278-2801