日本100名城

おおのじょう

大野城

福岡県大野城市


旧国名 : 筑前

投稿する
大野城
口コミ・画像を投稿する

みんなの写真投稿

投稿する

みんなの口コミ

投稿する

トベシュン

九州13城巡り (2022/11/16 訪問)

五日間で九州13城巡りしてきました。
初日は、福岡城址、大野城址、佐賀城址。二日目は、吉野ヶ里遺跡、名護屋城址、平戸城。三日目は島原城、熊本城、人吉城址。
四日目、鹿児島城址、飫肥城址。五日目、岡城址、府内城址。

+ 続きを読む

+ すべての写真を見る

くらのり

大野城 (2019/12/29 訪問)

古代山城で、標高410mの大城山(四王寺山)に所在し、山頂を中心に土塁と石垣の外周城壁は6.8㎞もあります。上位機は東西約1.5m×南北約3㎞で日本一の大規模な古代山城になり、城門は9か所が開かれていました。また谷部には浸透式で自然排水の百間石垣や、屯水石垣などが確認されています。
白村江の戦いで唐・新羅連合軍に大敗した後、大和朝廷が倭(日本)の防衛のために築いたと言われています。また城郭の建設を担当したのは亡命百済人であったそうです。

+ 続きを読む

ろっし

お城探訪 (2022/07/17 訪問)

山全体がお城で見て回るにはかなり時間がかかります。

+ 続きを読む

おっちゃん

大野城跡全体図 (2017/12/03 訪問)

現地案内板より抜粋

+ 続きを読む

概要

大和朝廷が新羅・唐連合軍の襲来から大宰府を防衛するため、標高410mの四王子山(大野山)に築いた山城。亡命百済人の指導によって朝鮮半島の築城技法が用いられた。尾根に沿って築かれた土塁の内側には、今も建物礎石群が見られる。谷の部分には石塁を巡らせ、長さ百間(180m)とされた「百間石垣」の跡も見られる。

城郭情報

城地種類 神籠石式山城
築城年代 天智天皇4年(665)
築城者 天智天皇
主要城主 防人司
文化財史跡区分 国特別史跡(大野城跡)
天守の現況・形態 なし
主な関連施設 石碑、説明板
主な遺構 石垣、土塁、門跡、礎石群
住所 福岡県大野城市/太宰府市/糟屋郡宇美町
問い合わせ先 大野城市教育委員会
問い合わせ先電話番号 092-501-2211