日本100名城

おおのじょう

大野城

福岡県糟屋群宇美町、太宰府市、大野城市

別名 : -

投稿する
大野城
口コミ・画像を投稿する

みんなの写真投稿

投稿する

みんなの口コミ

投稿する

小城小次郎

大野城

実はこの時初めて礎石群を見たのだが、そのでっかさにあらためて感服。余計な話かもしれないが、百間石垣の上のコンクリート道はやたらと滑る。

+ 続きを読む

街道おじさん

大野城登城 (2020/03/09 訪問)

663年白村江の戦いに敗れた大和朝廷が大宰府防衛のために築いた朝鮮式山城である。
この大野城始め基肄城、金田城、水城等次々と築いた大和朝廷の危機感が感じられる。

+ 続きを読む

+ すべての写真を見る

Now

大野城>試される巨城 (2019/09/21 訪問)

福岡駅からバスに揺られ太宰府に降り立ったのが12:00。
そこから登城開始。
んー。舗装されたアスファルトを40分くらい登りましたか?途中、高橋紹運公が島津との合戦で立て篭り、果てたという岩屋城址、紹運公のお墓にご挨拶したりなんかしてずいぶんと歩いた。
んぁ?なんかぽいぞ?と嬉々として駆け寄ったのが太宰府口城門。
でけぇっす。感動。7世紀の遺構が目の前に!
そこから城の外周をぐるーーーーーと廻って小石垣と呼ばれる遺構へ。1000年以上ここに積まれた石。
そしてそこから小川沿いにてくてく…
来ました、ここ。ここに来るまでたくさんの遺構に心躍らせて参りました。しかしここは個人的にはBest of 大野城です!これを見れてよかった。百間石垣!
石垣よりも山城の竪堀や、横堀好きですが、この石垣は…イイ!!
素晴らしい遺構を見学し、さて次へ行こうとした現在時刻は早くも16:30。(しかも朝ごはんから食べていないw)
山の中で暗くなってはいけない。
山歩きは15:00まで!と小さい頃より親に言われている設定の自分としては後ろ髪を引かれ頭皮ジンジンの極みですが、背に腹は替えられないと下山を決意。
そこから1時間ほど歩き、やっと元来たアスファルトの車道に帰ったのが18:00。
うん、疲れた。
歩数計を見てみると
ウォーキング 約20km
歩数     約26000歩
登った階数  約180階
大野城は規模がバカでかいので、足腰に自信のない方は
登城2ヶ月前からスクワット100回を日課にしましょうw
今日は温泉が楽しみだっ!

+ 続きを読む

+ すべての写真を見る

橋吉

日本書紀の時代の城 (2013/08/10 訪問)

太宰府政庁跡,太宰府展示館、水城東門跡,百間石垣,太宰府口楼門跡,岩屋城本丸跡を見て回りました。
日本書紀の時代にこれだけ立派な石垣が築かれたこと、それが1300年以上たっても残っています。驚きです。

+ 続きを読む

概要

大和朝廷が新羅・唐連合軍の襲来から大宰府を防衛するため、標高410mの四王子山(大野山)に築いた山城。亡命百済人の指導によって朝鮮半島の築城技法が用いられた。尾根に沿って築かれた土塁の内側には、今も建物礎石群が見られる。谷の部分には石塁を巡らせ、長さ百間(180m)とされた「百間石垣」の跡も見られる。

城郭情報

城地種類 山城(朝鮮式)
築城年代 天智天皇4年(665)
築城者 大和朝廷
主要城主 -
文化財史跡区分 国指定特別史跡
近年の主な復元・整備 平成7年から百間石垣、猫坂地区、屯水地区、大石垣、尾花地区土塁、原地区土塁、太宰府口城門などを復元整備
天守の現況・形態 -
主な関連施設 宇美町立歴史民俗資料館、太宰府市文化ふれあい館・太宰府展示館、大野城市歴史資料展示室
主な遺構 土塁、石塁、城門跡、礎石群
住所 福岡県大野城市/太宰府市/糟屋郡宇美町
問い合わせ先 大野城市教育委員会
問い合わせ先電話番号 092-501-2211