日本100名城

おおのじょう

大野城

福岡県大野城市


旧国名 : 筑前

投稿する
大野城
口コミ・画像を投稿する

みんなの写真投稿

投稿する

みんなの口コミ

投稿する

ryu

古代山城、大野城を巡る(2) (2022/03/20 訪問)

続き。(写真は2022年訪城時撮影)

再掲:
白村江の戦い後、大和朝廷が築いた古代山城で大宰府政庁跡の背後の四王寺山(410m)に位置する。
665年(天智天皇4年)、基肄城とともに築いたことが『日本書紀』に記載されている。
大野城には何度か訪城しているが、今回(2022年)は、大宰府天満宮駐車場を起点に水瓶山経由で登り、古代山城の土塁上を大原山へ。さらに土塁に沿って歩き、小石垣、北石垣、百間石垣と遺構を確認しながら周回、大城山から増長天礎石群を経て焼米ケ原で昼食後、太宰府口城門跡を見て、岩屋山方面へ下る。
2007年探訪順路:八ツ波礎石群、土塁、増長天礎石、太宰府口門跡、百間石垣
2015年探訪順路:大石垣~土塁~焼米ヶ原~太宰府口城門跡~増長天礎石跡
2022年探訪順路:土塁、小石垣、北石垣、百間石垣、水城口城門跡、増長天礎石群、太宰府口城門跡
『日本書紀』には、「・・・大野(おおの)と椽(き)、二城(ふたつのき)を築かしむ」と、記載。また、『続日本紀』に、「大宰府をして大野、基肄(きい)、鞠智(くくち)の、三城を繕治せしむ」と、記載された城。

+ 続きを読む

+ すべての写真を見る

ryu

古代山城、大野城を巡る(1) (2022/03/20 訪問)

白村江の戦い後、大和朝廷が築いた古代山城で大宰府政庁跡の背後の四王寺山(410m)に位置する。
665年(天智天皇4年)、基肄城とともに築いたことが『日本書紀』に記載されている。
大野城には何度か訪城しているが、今回(2022年)は、大宰府天満宮駐車場を起点に水瓶山経由で登り、古代山城の土塁上を大原山へ。さらに土塁に沿って歩き、小石垣、北石垣、百間石垣と遺構を確認しながら周回、大城山から増長天礎石群を経て焼米ケ原で昼食後、太宰府口城門跡を見て、岩屋山方面へ下る。
2007年探訪順路:八ツ波礎石群、土塁、増長天礎石、太宰府口門跡、百間石垣
2015年探訪順路:大石垣~土塁~焼米ヶ原~太宰府口城門跡~増長天礎石跡
2022年探訪順路:土塁、小石垣、北石垣、百間石垣、水城口城門跡、増長天礎石群、太宰府口城門跡
『日本書紀』には、「・・・大野(おおの)と椽(き)、二城(ふたつのき)を築かしむ」と、記載。また、『続日本紀』に、「大宰府をして大野、基肄(きい)、鞠智(くくち)の、三城を繕治せしむ」と、記載された城。

+ 続きを読む

+ すべての写真を見る

刑部

広大な城 (2022/04/29 訪問)

余りにも広過ぎてどこまで見れば良いかわからなくなります!
福岡はうどん屋がたくさんありますね。

+ 続きを読む

+ すべての写真を見る

ぴーかる

【究極の1枚】

落ちたらヤバい!(>_<)

+ 続きを読む

概要

大和朝廷が新羅・唐連合軍の襲来から大宰府を防衛するため、標高410mの四王子山(大野山)に築いた山城。亡命百済人の指導によって朝鮮半島の築城技法が用いられた。尾根に沿って築かれた土塁の内側には、今も建物礎石群が見られる。谷の部分には石塁を巡らせ、長さ百間(180m)とされた「百間石垣」の跡も見られる。

城郭情報

城地種類 神籠石式山城
築城年代 天智天皇4年(665)
築城者 天智天皇
主要城主 防人司
文化財史跡区分 国特別史跡(大野城跡)
天守の現況・形態 なし
主な関連施設 石碑、説明板
主な遺構 石垣、土塁、門跡、礎石群
住所 福岡県大野城市/太宰府市/糟屋郡宇美町
問い合わせ先 大野城市教育委員会
問い合わせ先電話番号 092-501-2211