あきづきじょう

秋月城

福岡県朝倉市

別名 : 杉本城、(秋月陣屋)
旧国名 : 筑前

投稿する
秋月城下入口の石造り眼鏡橋
口コミ・画像を投稿する

みんなの写真投稿

投稿する

みんなの口コミ

投稿する

カズサン

秋月城下散歩 (2009/06/14 訪問)

 秋月城「西面の城塁と水堀で堅固な城」の続きです。
 
 秋月城の城塁石垣、水堀、特徴ある瓦坂石橋、長屋門、黒門、主殿跡を探訪し丁度お昼、黒門南奥に緑に囲まれた洒落た店が有ったので昼食は蕎麦を頂く事にしました。
 
 秋月城主要部を終えて郷土館で秋月城の立体模型観察見学し城下を散策しました、秋月城の北側城塁、更に今は田圃、石垣が一段高く成って居るので元は武家屋敷か?郷土館も武家屋敷を利用している、西方向の畑エリアも石垣で囲まれて居り元武家屋敷と思われる、武家屋敷として現在残ってる所は少ないですが往時の面影を残してる。
 城下の入口に在る石造りの眼鏡橋を見学、傍の野鳥川沿いの白土塀の通りは、寅さんのシーンで映し出された景観でした、全体しっとりとした城下町です。
 当日は秋月城のみの探訪、2時間半願ってた秋月城探訪、立体模型観察見学で往時の城郭建物を模型を通して想像を膨らます事も出来、満足な一日でした。
 大分県宮崎県城廻りの4泊5日を12城目秋月城で終了し、後はバス電車列車新幹線で帰路へ。

 

 

+ 続きを読む

+ すべての写真を見る

カズサン

西面の城塁と水堀で堅固な城 (2009/06/14 訪問)

 秋月城は城の本、HPの写真で何時か行きたいと思って居り、秋月城の立体模型写真を見た折、西側の南北に石垣城塁と水堀が控え櫓台には二重櫓が構えてる状態を確認し、益々行きたい感が増しました。
 丁度13年前の平成21年6月中旬、大分県宮崎県城廻りの番外編で、前日は西都原古墳群、高鍋城、佐土原城、高岡城(天ヶ城)を探訪し、日豊線で鹿児島入り、天文館で旧友、馴染みの店で天文館を楽しみ、翌日鹿児島線特急で鳥栖駅経由西鉄甘木線、バスを乗り継いで秋月城を今回の城廻りの12城目として初登城探訪しました。

 秋月城下へ入口の石造りの眼鏡橋が目を引きます、寅さんロードの野鳥川沿いの白土塀通りも気に成ります、観光案内所から、桜の頃でしたらさぞ綺麗だろうと杉の馬場から秋月城北側の城塁角、水堀、瓦坂の石橋、西面南北の城塁、水堀を眺める、現在内部は秋月中学校、長屋門石段、脇櫓台、構内で南側に一段高い元主殿跡とおもしき跡地を見学観察、移築黒門、北に戻って秋月郷土館に入館、以前からの見学を願って居た秋月城の立体模型とご対面、やっと見学出来たとの達成感感激です、しかしケースに収められており写真撮影が難しい。

 秋月城の歴史は秋月氏が此の地を治めこの地の居館を置き奥に古処山城を詰城としていた、豊臣秀吉の九州征伐平定後改易も有りえたようですが、家宝の茶釜を差し出し降伏を願ったのが功を奏したのか、前日訪ねた高鍋城へ3万石で転封、家名存続を果たした。
 関ヶ原後筑前は黒田氏52万石の領地と成り長政の三男長興は5万石を分知され秋月藩が立藩した、秋月氏の居館跡を寛永元年(1624年)秋月城として縄張した、以後黒田家12代継承して明治を迎える。

 続きます(城下散策編)。

 

+ 続きを読む

+ すべての写真を見る

朝田 辰兵衛

【城と看板】城ふぉとコンテスト📷 (2021/06/13 訪問)

指導者自身が実践できているのか,甚だ疑問であ~る。

+ 続きを読む

ryu

秋月城(2011年、2019年) (2019/02/24 訪問)

秋月氏の居城古処山城の山麓にあり、江戸時代、福岡藩の支藩秋月藩の陣屋として黒田長興により築城。
堀、石垣、長屋門が残るほか、古処山城の搦手門を移築したとの伝承もある黒門が垂裕神社の神門として参道に移築されている。

2011年:観光客の少ない平日にゆっくりと散策。
2019年:秋月ひな祭りに行き、黒門茶屋で郷土料理の蒸雑煮をいただき、長屋門の石壇上に並ぶお雛様を見る。

+ 続きを読む

+ すべての写真を見る

城郭情報

分類・構造 平城、(陣屋)
天守構造 不明
築城主 秋月種雄
築城年 建仁3年(1203)
主な改修者 黒田長興
主な城主 秋月氏、黒田氏
廃城年 明治4年(1871)
遺構 曲輪、長屋門、大手門、石垣、横堀(水堀)
指定文化財 県史跡(秋月城跡)
再建造物 石碑、説明板
住所 福岡県朝倉市秋月野鳥
問い合わせ先 朝倉市商工観光課・商工観光係
問い合わせ先電話番号 0946-22-1111