いわやじょう

岩屋城

福岡県太宰府市


旧国名 : 筑前

投稿する
主郭部
口コミ・画像を投稿する

みんなの写真投稿

投稿する

みんなの口コミ

投稿する

ぴーかる

岩屋城・高橋紹運墓地 (2022/01/08 訪問)

【岩屋城】
<駐車場他>駐車場はなし。
<交通手段>車

<見所>眺望・高橋紹運墓地
<感想>1泊2日国土防衛筑前国の旅2城目。岩屋城は天文年間(1532~1554年)に大友氏の家臣高橋鑑種によって築城されたとされる。高橋鑑種は大友宗麟の傲慢な振る舞いに愛想をつかして反旗を翻す。その後吉弘鑑理の次男が高橋氏の名籍を継いで高橋鎮種(のちの紹運)となり宝満城・岩屋城の城主となる。有名なのが岩屋城の戦いで、1582年島津氏の進攻により高橋紹運は本城の宝満城ではなく防備の薄い岩屋城に700名程で立て籠もり2週間程耐えたが落城、紹運は自刃した。
 岩屋城は大野城のある四王寺山の南端にあり、焼米ヶ原駐車場の1㎞程手前の道路脇に登城口がある。南の麓市民の森から登山コースにても来れるようです。まず登城口の階段が竪堀になっていて少し登って堀切があります。左手に3条程竪堀があり少し広い削平地・巨石があります。主郭部?は背面が高土塁になっています。眺望側以外は鬱蒼としていて遺構が分かりません。眺望は抜群で大宰府政庁跡からこの岩屋城が見えていたようにこちらからも大宰府政庁跡や水城が見えます。道路から上部の見れる遺構は少なく、道路を挟んで南側に高橋紹運の墓地があるのですが、墓地を含めて数段段曲輪になっているのでこの辺りも城跡の範囲内だったと思われます。

<満足度>◆◆◇

+ 続きを読む

+ すべての写真を見る

嗚呼残念雨 (2020/10/22 訪問)

 「嗚呼壮烈岩屋城址」の碑のある本丸跡と高橋紹運と勇士の墓がある部分がある二ノ丸跡とされる場所へ行きました。下って行くと遺構があるとの情報がありましたが、気合の入った雨が降っていたので今回は断念しました。

+ 続きを読む

+ すべての写真を見る

橋吉

大野城市・太宰府市が一望できます (2013/08/11 訪問)

大野城市・太宰府市が一望できます。

+ 続きを読む

にのまる

【家×お城】お城からの眺望クイズ④チャレンジ

⑧ヒントで岩屋城。
見上げただけですが。。。

+ 続きを読む

城郭情報

分類・構造 山城
天守構造 不明
築城主 高橋鑑種
築城年 天文年間(1532〜1555)
主な城主 高橋氏
廃城年 天正14年(1586)
遺構 曲輪、土塁、堀切
住所 福岡県太宰府市観世音寺
問い合わせ先 太宰府市文化財課
問い合わせ先電話番号 092-921-2121