きいだにじょう

城井谷城

福岡県築上郡

別名 : 萱切城、城井郷城、城井の郷城、城井ノ上城
旧国名 : 豊前

投稿する
裏門への登城路(体感ほぼ垂直です)
口コミ・画像を投稿する

みんなの写真投稿

投稿する

みんなの口コミ

投稿する

トーダイ

天然岩場の城跡です (2019/04/11 訪問)

天正15年(1587)豊臣秀吉に伊予国への移封を命じられた城井氏当主・城井鎮房は
父祖伝来の地を守りたい一心で反発、攻撃してきた黒田長政が率いる豊臣軍を鎮房は
ゲリラ作戦により撃退する。その後、和議を受け入れるが、長政の招きにより中津城へ
向かった鎮房は、城内にて酒宴の席で謀殺される。

登城入口<33.532886,130.975234>から約200mで三丁弓の岩、約100m先の
寒田水子地蔵(登城口)駐車場(5台)を利用、天然巨岩の「表門」と「裏門」以外に
遺構は少ない。

1本から(安全のため)2本に増えた鎖に掴まり、足跡(窪み)を踏み外さないよう
慎重に裏門直下まで登るが、体感は「ほぼ」垂直、要注意です。裏門真上の岩橋(両側
絶壁)も渡れるが、オジサンには危険、撤退する。

全てがワイルドな天然岩場、最低でもトレッキングシューズが必要です。城域は携帯
圏外、情報の事前入手をお勧めします。

+ 続きを読む

+ すべての写真を見る

くろもり

城井谷崩れ (2014/01/04 訪問)

城井(きい)氏と改名した豊前・宇都宮氏が居城としていたとされる城で、豊臣秀吉から命じられた伊予国への転封を拒んだ城主・城井鎮房(きいしげふさ)公が、豊臣方の黒田長政の軍勢を破ったとされる「城井谷崩れ」の舞台となったと考えられる城です。

城井谷の名前の通り、北東の海側から南西にある城まで谷状の地形が20km続き、特に城近くの5km程になると、両脇の山との間隔が200m程になり、「この両側の山で待ち伏せされていたら・・・この谷間で進路を絶たれたら・・・」と不安になり、黒田軍も進軍しながら士気が低下したのだろうなと感じました。

城井谷城は、天然の巨岩を城の防御に有効に活用した城で、三丁弓ノ岩(攻め手を防ぐのに三丁の弓だけでこと足りることから名付けられた)や巨岩の表門、城内との高低差20m程?の裏門等、なかなか見ることのできない城の姿を見ることができました。特に表門の巨岩の門は、大人一人がかかんで通らなければならない程狭い上に、門を潜った先は急坂になっており、弓・鉄砲を使わなくてもつぶてだけで黒田軍を撃退できるのではないかと思いました。黒田軍になったつもりで攻め込んでも、門を潜ると頭をあげて坂を目にする前に無数のつぶてを受けて死んでる姿しか想像できませんでした・・・

本丸側から裏門に行った場合、裏門の上に登る為には鎖を伝ってかなり高所を登らなければなりませんので、行かれる方は十分注意してください。滑落したら生命が危険にさらされるレベルだと思います。比高はあまりない城ですが、スニーカーではなく、登山靴があれば登山靴で行くことをお勧めします。

車での訪問の場合、宇都宮氏一族の碑がある英彦山との分岐の道の所に数台止められるスペースがあります。そこから先、城の入口にある寒田(さわだ)水子地蔵にも数台駐車スペースありますが、車一台分の道で離合(すれ違い)ができないので、時間に余裕があれば、宇都宮氏一族の碑の近くに駐車して訪問した方がよいかもしれません。碑から城址入口まで徒歩10分程、途中、三丁弓の岩を見ることができます。
公共機関での訪問の場合、築城駅からバスで終点の上寒田まで30分、上寒田から約5kmで徒歩50分ですが、バスの運転手に城井谷城まで行くと伝えると、上寒田のさらに先で下してくれるようです(上寒田から数分走った所で休憩後折り返すそうなので)、少しでも歩く距離と時間を節約したい方はバスの運転手に尋ねてみてください。

+ 続きを読む

+ すべての写真を見る

todo94

官兵衛紀行 (2014/11/22 訪問)

官兵衛紀行に登場した城井ノ上城の三丁弓の岩の前は車でスルー。その先の登城口に駐車スペースがしっかりある。裏門まで40分との表示があったが、臆することなく登城路を登っていった。すぐに表門に到達。人一人通るのがやっとの狭い岩穴である。主郭はあまり削平された感じがなく天然の要害と言った感じ。山賊のアジトといった趣である。炭焼き窯を越え、番人の穴のあく裏門下に辿り着き、鎖を伝って裏門の岩穴に達するまで登城口から15分ほどの所要。きれいに紅葉している木も多く中々の眺めであった。

+ 続きを読む

ヒデタカ

城井谷城跡 (2015/01/20 訪問)

場所がわかり辛いです💦高所に鎖場もあるので気を付けて下さいね😅

+ 続きを読む

+ すべての写真を見る

城郭情報

分類・構造 山城
築城主 宇都宮信房
築城年 建久6年(1195)
主な改修者 宇都宮氏
主な城主 城井(宇都宮)氏
廃城年 天正16年(1588)
遺構 曲輪、石垣、米倉跡
再建造物 石碑、説明板
住所 福岡県築上郡築上町寒田
問い合わせ先 築上町役場商工課
問い合わせ先電話番号 0930-52-0001