あらひらじょう

荒平城

福岡県福岡市

別名 : 安楽平城
旧国名 : 筑前

投稿する
城跡碑と案内板@本丸跡
口コミ・画像を投稿する

みんなの写真投稿

投稿する

みんなの口コミ

投稿する

トーダイ

ワイルドな山城跡です (2017/03/16 訪問)

寛正3年(1462)周防長門国の守護大名であった大内政弘の家臣飯田幸松丸により
築城された。その後、大友宗麟の配下となり、家臣の小田部鎮元が城主となるが、
天正7年(1579)肥前の龍造寺隆信に攻められて落城、焼失、自刃する。

登城入口<33.496710, 130.351192>から安楽平神社前を過ぎて林道を10分進むと
石碑「荒平城主小田部鎮元自刃之地」、行止りの登城口<33.496710,130.351192>
(5台)に駐車、ワイルドな登城路で約25分、城址碑と案内板がある本丸跡に
辿り着き、石垣など遺構が確認できます。

+ 続きを読む

+ すべての写真を見る

takumupapa

石塁 (2019/01/19 訪問)

+ 続きを読む

城郭情報

分類・構造 山城
築城主 飯田幸松丸
築城年 寛正3年(1462)
主な城主 飯田幸松丸、小田部鎮通(大友氏家臣)
遺構 曲輪、石垣、土塁、堀切
再建造物 石碑、説明板
住所 福岡県福岡市早良区大字東入部(荒平山)
問い合わせ先 福岡市教育委員会文化財部文化財整備課
問い合わせ先電話番号 092-711-4783