とらまるじょう

虎丸城

香川県東かがわ市


旧国名 : 讃岐

投稿する
山頂に建つ小屋内
口コミ・画像を投稿する

みんなの写真投稿

投稿する

みんなの口コミ

投稿する

天下布武

十河・長宗我部攻防の地 (2020/01/04 訪問)

メインの引田城訪城後の勢いでtodo94さんがおっしゃるオードブルではないがランチタイム登山してきました。
城址は標高417m(比高302m私調べ)の虎丸山山頂部に築かれています。
山頂には曲輪や畝状竪堀群、山頂から延びる尾根上にも堀切などの遺構が残り、自然地形を活かした山城であったことがわかります。最近の調査では、畝状竪堀群は長宗我部氏が得意とした築城技術だったことがわかっています。畝状竪堀群の存在は、十河存保退去後も虎丸城が長宗我部勢に城として利用されていた可能性を示すものであると指摘されています。(案内板より抜粋)

虎丸山登山道は複数ある内、城址北側の県道129号より風呂地区の登山道を選択しました。
風呂登山口(34.223977,134.310460)周辺に2台程の駐車スペースがあります。
登山道は序盤は緩やかですが、沢沿いを離れた辺りから勾配がきつくなってきます。登山口より約50分程で山頂主郭部に辿り着きました。山頂部は広い削平地となっており、東側櫓台のような高まりに速玉大社が祀られ西側に小屋が建っており説明板とTigersの旗(虎に〇だから?)が掲げられています。説明板掲載の縄張図を参照し西尾根・南尾根を探索し堀切を確認、また主郭の北東下に畝状竪堀群と思われる遺構を認めてます。



+ 続きを読む

+ すべての写真を見る

todo94

朝駆け (2016/01/30 訪問)

朝一番にいただくオードブルとしては険しく厳しい岩山でした。

+ 続きを読む

城郭情報

分類・構造 山城
築城主 寒川氏
築城年 不明
主な城主 寒川氏、安富氏、十河存保
遺構 曲輪、土塁、堀切
再建造物 説明板
住所 香川県東かがわ市与田山