やしまじょう

屋島城

香川県高松市

別名 : 屋嶋城
旧国名 : 讃岐

投稿する
口コミ・画像を投稿する

みんなの写真投稿

投稿する

みんなの口コミ

投稿する

織田晃司

古代山城 (2022/01/03 訪問)

今でいう国家プロジェクトで築かれた城。
城門跡が発見され復元された城門跡が屋島城のメイン。

屋島は「扇の的」で有名な源平合戦のあった場所でもある。

+ 続きを読む

todo94

古代山城 (2021/10/04 訪問)

高松城で城カードをゲットした後、徒歩で琴電屋島駅に向かってアプローチ。琴電屋島駅からコミュニティバスで屋島に赴きました。運賃100円ですので山上の駐車料金より安いかと思います。復元された城門を初めて拝むことが出来て満足です。展望スポットを順次回って城門の石垣を遠望することも出来ました。平日と云うことで観光案内所が閉まっており、リーフレットを戴けなかったのが残念でした。帰路は屋島寺から徒歩で下山し、献血ルームオリーブへと向かいました。

+ 続きを読む

+ すべての写真を見る

ぴーかる

屋島城 (2020/10/17 訪問)

【屋島城】
<駐車場>高松市立屋島駐車場300円
<交通手段>車

<見所>復元城門石垣
<感想>1泊2日讃州・阿波攻城の旅4城目。屋島城は古代山城で、書物に出てくる朝鮮式山城です。屋島は江戸時代までは島であったが塩田開発と干拓によって埋め立てられ、陸続きになったようです。山頂部は広い台地状と周囲が岩の断崖の山で、高松市街に入るとすぐその特徴的な山が目立ち、天然の要塞感がたっぷり出ています。

 せっかくの古代山城攻めだが、降りしきる雨の中、山上全部が城域なので、すべてを巡る攻城ができず、復元城門石垣と屋島寺の訪問のみとなってしまった。復元城門の石垣は整備されており、現地説明板には発掘時の様子が写真で説明していたりして分かりやすい。この城門跡は石垣の壁といった感じで、石垣の凹んだところは低い場所高さ2.5m【懸門(けんもん)】と呼ばれる。梯子を掛けて登り降りするそうです。懸門の下に暗渠が設けられており、ちょうど降っていた雨がきれいに排水されていました。城門を入ると、日本でいう内枡形(百済の渡来人が築城または指揮した説があるので)というか半円状の石垣囲みと堡塁があります。【甕城(おうじょう)】と呼ばれるそうです。侵入してきた敵がこの甕城で右方向に流され、さらにそこで横矢でやられる仕組みになっています。この復元城門だけでも見応えと勉強になりました。
 私は行かなかったが、浦生集落から少し山に入ったところにも石塁遺構があるそうです。

<満足度>◆◆◇

<ホテル>宿泊は「ホテルエクストールイン高松」で宿泊しました。ビジネスホテルながら、接客態度の素晴らしさ、マスク越しからでも伝わる笑顔の挨拶でスタッフの対応は超一流で気持ち良く宿泊することができました。全館禁煙で大浴場あり、朝食無料サービス付きです。高松城から徒歩10分くらいの所ですのでお勧めです。

+ 続きを読む

+ すべての写真を見る

Rin

屋嶋城 (2019/03/03 訪問)

古代山城のひとつ、と聞いてもピンとこなかったのですが、白村江の戦いの後に中大兄皇子が防衛のために築いた、という説明でぼんやりながら認識できました。現在は城門跡が整備されていていますが、城跡には四国霊場でもある屋島寺や、源平合戦の古戦場が見下ろせるビュースポット等があります。

+ 続きを読む

城郭情報

分類・構造 古代山城
天守構造 なし
築城主 天智天皇
築城年 天智天皇6年(667)
主な城主 不明
廃城年 不明
遺構 石塁、土塁、貯水池跡、水門跡
指定文化財 国史跡(屋島)
再建造物 復元城門、復元石塁、説明板
住所 香川県高松市屋島東町他
問い合わせ先 高松市教育部文化財課
問い合わせ先電話番号 087-839-2660