むぎじょう

牟岐城

徳島県海部郡


旧国名 : 阿波

投稿する
本丸跡(観音堂)
口コミ・画像を投稿する

みんなの写真投稿

投稿する

みんなの口コミ

投稿する

トーダイ

城山は墓所で改変されています (2020/01/14 訪問)

牟岐城は、元亀年間(1570~73)に牟岐大膳允により築城されたと言われます。
天正3年(1575)海部城が土佐国の長宗我部元親に攻め落とされると、人質を
出して降伏しました。天正13年(1585)秀吉の四国攻めで廃城となります。

牟岐八幡神社駐車場(10台)<33.667354,134.423302>を利用、地元の方に
観音堂(本丸跡)への尾根道を教えて戴くが、数匹の野犬の雄叫びが聞こえる。
しかし「サル除けに有効、人には近づかないから大丈夫」と言われて登ると、
近くで鳴き声は聞こえるが、寄ってこなかった、でも怖い。

本丸跡(観音堂)を確認後、余湖さんの概略図を手に四方の曲輪群に下りるが
全て墓所に改変されており、山城の雰囲気はあるが、遺構は見当たりません。

金毘羅神社経由で海蔵寺へ下りると、案内板「二十三士と海蔵寺」『元治元年
(1864)清岡道之助を首領とする土佐勤王の志士「二十三士」が脱藩、穴喰の
関所で止められた一行は牟岐に護送され、海蔵寺で取り調べを受けて、近くの
正田家他に預けられました。』

牟岐では土佐脱藩志士が主役のようで、牟岐八幡神社も訪ねましたが、牟岐城に
関する記述は全くありません。

+ 続きを読む

+ すべての写真を見る

城郭情報

分類・構造 山城
築城主 牟岐大膳允
築城年 元亀年間(1570~1573)
主な城主 牟岐氏
廃城年 天正13年(1585)?
遺構 消滅
再建造物 なし
住所 徳島県海部郡牟岐町
問い合わせ先 徳島県立埋蔵文化財総合センター
問い合わせ先電話番号 088-672-4545