あかなせとやまじょう

赤穴瀬戸山城

島根県飯石郡

別名 : 瀬戸山城、衣掛城、藤釣城
旧国名 : 出雲

投稿する
口コミ・画像を投稿する

みんなの写真投稿

投稿する

みんなの口コミ

投稿する

ダイエティシャン

瀬戸山城Ⅴ〜5郭、東郭、武名が平城へ。 (2020/09/14 訪問)

4郭から倒木を越え進軍すると、5郭です。主郭の石垣でしょうか?途中、破城の石がゴロゴロ転がっています。
5郭からの眺めも最高です。
5郭を進軍すると、東郭です。ここも広いです。
ここも進軍し、下方すると、毛利軍が布陣した武名が平城に到着するようですが、日が暮れて来たので、次回にしました。

各郭には枡形虎口があるようです。次回確認しようと思います。

+ 続きを読む

+ すべての写真を見る

ダイエティシャン

瀬戸山城Ⅳ〜南西郭、第4、5郭、 (2020/09/20 訪問)

3郭から急な坂道をロープを伝って降りると、南西郭です。南西郭はとても広いです。途中、低いですが、土塁が見えます。
南西郭内の進軍は、蜘蛛の巣の大軍に阻まれまし。
元来た急な坂道を登り、大手門跡迄戻り、看板通り進軍すると、4郭です。

+ 続きを読む

+ すべての写真を見る

ダイエティシャン

瀬戸山城Ⅲ〜主郭、第2、3郭 (2020/09/14 訪問)

主郭は規模が小さいですが、
眺めは最高です。
その下方に2、3郭、南西郭郡が続きます。

+ 続きを読む

+ すべての写真を見る

ダイエティシャン

瀬戸山城Ⅱ〜登山道、大手門跡、主郭 (2020/09/14 訪問)

登山道は比較的広いです。
30分程なだらかな坂道を登ると、突如立派な石垣が見えて来ました、絵になる様な光景でしら。石垣とは言っても「破城」の跡で、栄枯盛衰を感じました。
「破城」の跡を抜けると、主郭です。

+ 続きを読む

+ すべての写真を見る

城郭情報

分類・構造 連郭式山城
天守構造 なし
築城主 赤穴常連
築城年 天授3年〔南朝〕/永和3年〔北朝〕(1377)
主な改修者 松田吉久
主な城主 赤穴氏、松田氏(堀尾氏家臣)
廃城年 元和元年(1615)?
遺構 曲輪、石垣、土塁、横堀(空堀)、虎口、堀切
再建造物
住所 島根県飯石郡飯南町下赤名
問い合わせ先 飯南町教育委員会
問い合わせ先電話番号 0854-72-0301